中小企業の資金繰り改善・自己破産させない屋

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

たちばなはじめに寄せられる質問の多くをまとめてみました。

Q:お問い合わせの方:Aさん
【借りた金を返すことは当たり前の事では無いですか?】

A:たちばなはじめからの回答
「借りた金を返すことは理想なのであって、当たり前ではないですよ。銀行員に問い合わせてみてください。“全額回収し終わって取引終わった客先が何件あるか?”を。おそらく、“ほとんど無い”って言いますよ。年間8万人ほどが破産します。あなたはこの人たちに向かって、“当たり前だ”と言えますか?」
 
 
Q:お問い合わせの方:Bさん
【道義的見地からみても、たちばなさんの仕事は容認できません】

A:たちばなはじめからの回答
「あなたが容認するかしないかは、ワタシには重要ではありません。ワタシの仕事に道義的な問題はあります。ただ、弁護士が施す法的整理に道義的な問題が無い、と考える事に道義的な問題はあるのではないですか?」
  
  
Q:お問い合わせの方Cさん
【たちばなさんは、借金の踏み倒し屋ですよね?】

A:たちばなはじめからの回答
「そういうイメージを世間に持たれていることは否定しません。ただ、ワタシは借金を踏み倒すことは基本的にしません。弁護士の施す法的整理が“借金を踏み倒すこと”なんですよ。そのからくりを知りたければ、お手数でもセミナーにお出かけください。あなたの知らない法律や、その解釈が数多くあるのです。」
 
 
Q:セミナー聴講者の法律家さん
【たちばなさんのセミナー内容の一部に“詐害行為”が懸念される】

A:たちばなはじめからの回答
「そう思うのであれば、詐害行為は法律違反ですから、どうか法律家のプライドにかけて、ワタシを告発してください。起訴出来て有罪に持ち込めれば、あなたの勝ち。不起訴になり請求棄却されれば、これはワタシに対する重大な人権侵害です。今度はこちらから名誉棄損で告発しますね。ワタシのやっていることが法律違反か否かを決めるのは、あなたではないですよ。裁判官が決める事ですからね。」
  
  
Q:セミナー聴講者のDさん
【借りた金を返さない手法が”理性として“受け入れられない】

A:たちばなはじめからの回答
「それはきっとあなたがお金に困っていないからでしょう。明日、喰うカネに困ったときにそれが“”本能的に“言っていられるかどうかです。人間には理性もあるが、本能もあるのですから。」
 
 
Q:お問い合わせの方Eさん
【リスケジュールして銀行さんに協力してもらっています。】

A:たちばなはじめからの回答
「銀行が本当に、あなたに協力したいと思っているなら、リスケなどさせず融資を実行するでしょう。その方が銀行は儲かるもん。銀行はあなたを信用していないからリスケを受け入れているんです。あなた、もうおカネ借りられませんよ。貸してくれないなら、その銀行はあなたの事業にとって不必要な相手でしょう??

じゃあおカネ返すのをやめて、新しいところとお付き合い来ればいいじゃないですか?必要なところは使い、必要でないところとは縁を切る。取引先なら当たり前に、日常的にやっている事でしょう?銀行になぜそれをやらないのか、ワタシには理解不能です。」
 
 
Q:お問い合わせの方Fさん
【時効の完成を待つ5年とか10年とか、長くないですか?】

A:たちばなはじめからの回答
「一生懸命仕事して、わずかの利益の中から借金返済して、終わりもしない返済の期間より、遥かに短くは無いですか??その間、コソコソと逃げ隠れするなら長いと感じるかもしれませんが、そんなにコソコソせずに、堂々と仕事をしたらいいじゃないですか!

ワタシは、まったくコソコソしませんし、むしろこうしてWEBで人生を丸投げしています。なんにも、怖い思いなどした事はありませんよ。ワタシが大丈夫なのに、なんであなたが大丈夫でないと思えるのか、ワタシにはよく理解できません。」

 
Q:ご相談者Gさん
【セミナーを聴き、相談していてある程度の不安は拭えたが、やはりどこか恐怖心がある】

A:たちばなはじめからの回答
「我々の方針に従って事を進める事にいささかの恐怖がある事は理解できます。ただ、我々の方針に従わなかった時に、問題は解決しますか?我々と付き合う事に恐怖心がある事は理解できますが、我々と付き合わない事の恐怖も考えなければいけないですよ。」
 
 
Q:ご相談者Hさん
【やはり、たちばなさんの方針には乗ることが出来ない】

A:たちばなはじめからの回答
「契約するかしないかはあなたの自由です。ただ、今後ワタシのところへご相談においでになる時は、前金で費用は頂戴します。今後、我々の指導法以外で、あなたの事業の内部留保が増加することは考えにくいです。ですから、是非とも我々の予想を覆すような、事業展開される事を望みます。あなたがワタシを信じられないと、ワタシもあなたを信じられません。」
 
 
Q:ご相談者Iさん
【督促状や催告書が届いて困っている】

A:たちばなはじめからの回答
「督促状や催告書が届くようになったら立派なもんです。債権者はそれを贈るしか手段が無いのですから。ゴールに近づいている証拠書類ですよ。」
 
 
Q:ご相談者Jさん
【債権者に裁判で訴えられた】

A:たちばなはじめからの回答
「良かったですね。民事裁判ですね。刑事裁判ではないですね。身柄は拘束されません。良かった良かった。裁判に行っても行かなくても、あなたはどうせ負けます。だからどうせ負けるのだから行かなくていいです。債権者も来ませんから。それより、“負けても勝てる”という環境作りをして、その後は一生懸命仕事をする、という事に集中して頂きたい。そのための我々です。」
 
 
Q:クライアントKさん
【私の借金が銀行から債権回収会社に移った】

A:たちばなはじめからの回答
「良かったですね。銀行が回収できない事を認めたんです。銀行で回収できないものを、どうして回収会社ごときが回収できるのでしょうか??しばらくすると、“減額和解案”が届くんじゃないかと。100分の1程度に減額させて買い叩いても良いし、更に5年間放置して”風化“させてもいい。遊んであげてください。」
 
 
Q:クライアントLさん
【借りたものは返すべき、という考え方が染みついて、たちばなさんの手法に後ろめたさを感じる】

A:たちばなはじめからの回答
「その前に、本業で儲けられない事に後ろめたさを感じてください。現在の状況を作っているのはワタシではなくあなたなのですよ。あなたが本業で儲けていれば、何もワタシと付き合う必要なのなかったのですから。全てはあなたが撒いた種。それに巻き込まれて不憫な思いをしているのは、あなたなどではなく、あなたの家族ではありませんか?従業員ではありませんか?本当に、後ろめたいと思うなら、早く借金を片付けて、本業を頑張って、家族や従業員を満足させてください。その後、おカネが余るような環境が出来たら、銀行への返済を再開すればよいではないですか?」
 
 
Q:セミナー聴講者Mさん
【たちばなさんは強いですね。私にはとても・・・】

A:たちばなはじめからの回答
「若者が馬鹿をウリにする。女性がか弱さをウリにする。高齢者が人生の悲哀をウリにする。ワタシにはどれも出来ません。

だから、知識を深めるんです。“理論武装”するんです。理論で武装すると、人は驚くほど強くなります。あなたが自分を弱いと感じるのは、武装していないからです。武装すれば人は必ず強くなります。だから、ワタシのセミナーであなたはその礎を築いた、という事です。武装した人間には、盾突く人間は圧倒的に少なくなるか、いなくなります。ワタシに盾突く、債権者は・・・・いなくなりました。」
 
 
Q:セミナー聴講者O税理士
【たちばなさんの手法が世に蔓延ったら、日本の金融が成立しなくなる。】

A:たちばなはじめからの回答
「そんな事を、一事業主ごときのワタシが心配するような事ではありません。ましてや、一税理士ごときのあなたが心配するような事でもないでしょう?

ワタシは困窮者からお金を頂き事業を成立させる。だから、困窮者に有利な情報を提供し、指導を施しお金を頂く。あなたは関与先からお金を頂き士業を成立させる。だから、関与先に有利な情をを提供し、指導を施しお金を頂くのでしょう?あなたが金融の未来を案ずるなんて、チンプンカンプンではありませんか?」
 
 
Q:セミナー聴講者Pさん
【なんでこんな仕事をやっているのですか?】

A:たちばなはじめからの回答
「“人助けとビジネスの両立”のためです。ワタシはキチンと助けています。だからキチンと儲けています。そして、キチンと納めていますよ。」
 
 
Q:ご相談者Qさん
【危険な思いをしたことは?】

A:たちばなはじめからの回答
「これまで一度もありません。ワタシほど法律を守っている人間はいないからです。1億や2憶の債務の返済が出来なくなると事業主は困りますが、銀行は1億や2億の債権が回収出来なくても、痛くもかゆくもありません。ワタシに盾突く債権者などいたら会ってみたいものです。どんどん議論しましょう。ワタシを法律論で論破できる人間なのいるのでしたらね。せいぜい、コソコソと陰口叩く程度の事でしょう。」
 

Q:WEBからお問い合わせのRさん
【たちばなさんは、事業再生コンサル??】

A:A:たちばなはじめからの回答
「ワタシに事業再生などできません。事業を再生させるのは当事者であるべきです。ワタシが関わる事でがっちり儲けられるような環境であれば、ワタシはあなたを追い出して、ワタシが勝手に儲けますよ。借金返済を停止し、儲けやすい環境は作って差し上げますが、儲けるのは当事者です。

実際に、国内で“事業再生コンサル”などと名乗っている方々のやる事って・・・せいぜいリスケジュールか、金利の減免程度の事でしょう?リスケジュールしたら借金終わらない。当事者の人生はやがて終わる。こんなものは事業再生とは言わないと思いますよ。だから、ワタシはあくまで補助に過ぎません。だから資金繰り支援コンサルタントです。」
 
 
Q:WEBからお問い合わせのSさん
【売上伸ばしたり経費減らしたりすることが基本線では?】

A:たちばなはじめからの回答
「それは常日頃から事業主が心がけているべき事です。平時の対策なんです。それを心がけていても、全ての事業主が儲かる環境は、資本主義経済社会には存在しません。

我々は“有事の対策”を指導し、サポートする人間なんです。とある人が、重病に罹患した時に、「常日頃から気をつけなきゃいけないよ!」とアドバイスすることに意味が無いでしょう?重病患者に、薬を投与したり、手術を施したり、する人間は必ず要りますよね?

借金問題では、そういう事をする人間がいなかった。弁護士さんがそれだ、という声はあろうけれども、彼らはしなくて良い施しをしていて、やたらに高い金をとろうとする。法的整理は、“ねん挫した患者に手術を施している行為”、と我々は考えているんです。現行の法制下に於いて、適切な処方ではないと考えているんです。
 
 
Q:ご相談者のTさん
【借金の返済を停止するなら、たちばな方式でなくても、会社更生法や民事再生法の方が良いのでは?】

A:たちばなはじめからの回答
「会社更生法や民事再生法はダメです。よく考えてみてください。まずは借金踏み倒す、そして顧客の購入経路を一度断ち切る、買掛金を踏み倒す、従業員の給料や退職金を踏み倒して解雇する、家族の生活費は後回し。これが会社更生法であり民事再生法ではありませんか?

事業を再生するために、今後も必要な顧客・取引先・従業員・家族に迷惑をかけては再生の妨げになりますよね。事業を再生するために、今後はカネを貸してくれない銀行は、迷惑かけても再生の妨げにはならないのですよ。だから、法的整理は事業の再生に有効ではありません。

ワタシは声高らかに言います。

“事業の継続や再生に必要な、顧客・取引先・従業員・家族に迷惑をかけない為に、必要でない銀行に迷惑を集中させろ!”と。
また、これらの法的整理は、会社や事業主の信用情報が公開され、著しく棄損されます。これも再生を妨げる要因になる事を付け加えます。」
 
 
Q:ご相談者のUさん
【返済停止したら、銀行と付き合えなくなるのでは?】

A:たちばなはじめからの回答
「その銀行とは付き合えなくなるでしょう。でも、銀行なんか世の中にたくさんありますよ。信用金庫でもいいし、信用組合だってある。ゆうちょ銀行だってJAバンクだってありますね。

銀行はお金が無い人にはおカネ貸したくありません。お金がある人におカネ貸したいんです。本業を今まで以上に頑張る事はもちろん、返済停止をして、キャッシュフローの改善を果たせば、数年後には、他の銀行が“借りてくれ”って言ってきますよ。

その時までに、“借りなくても良い環境”を作ればよいのです。借りなくて良いところに、銀行は“借りてくれ”と言ってくるのですから。」
 
 
Q:ご相談者のVさん
【返済停止なんかしたら、銀行間で顧客情報のやり取りが・・・】

A:たちばなはじめからの回答
「銀行間で顧客情報のやり取りなんか無いし、あったとしたら“守秘義務違反”ですし、”秘密漏示罪“ですね。これは犯罪ですよ。“守秘義務違反されて苦痛を味わった”とでも言って民事裁判で提訴すれば、勝つのは自明の理。それはそれでお金になりますね。

少し前に、とある銀行の女性行員が、自分の勤める銀行にジャニーズのタレントが来た、とSNSで書き、役員一同が平謝りした、というニュースもありました。融資先の融資や返済状況を外部に漏らす銀行員など、まずいません。いたらいたでおカネになる、という事です。

万が一、漏らされて近親者からその指摘を受けたって、コソコソする必要ないでしょう?“そうなんだ!要らなくなった銀行との縁を切り捨てて、そこで出た資金を顧客や地域に還元しようと思ったんだ!”って言ったら、ワタシはその経営者は格好いいと思いますけどね。」
 
 
ご相談者のWさん
【他にやるべきことがあるのでは?】

A:たちばなはじめからの回答
「あるなら、ご自身でおやりなればよいです。我々の思考を否定するのは簡単です。でも、代替案があるとは思えないです。あったとしたら、もっと早くやっておくべきことだったでしょう。

売上を短期間で延ばそうとすれば、単価を下げざるを得ません。翌月や翌々月の原価が上がらざるを得ない事は自明の理です。経費を短期間で減らそうとすれば、仕事上の何らかの不利益は覚悟しなければなりません。返済停止をしても、原価は上がりませんし、仕事上の不利益もありません。“有事の資金繰り改善”という観点では、返済停止が最も合理的で最も迅速な改善方法なのです。法的整理はしてはいけません。」
 
 
Q:ご相談者のXさん
【すぐに結論など出せない】

A:たちばなはじめからの回答
「結論をすぐに出さなくてもいいです。我々は何も困りません。ただ、結論を出さずにいれば、その間にどんどん資金が流出します。出血しているなら止血しなければいけない、という簡単な理屈です。これを考える時間が必要だと考える人と、我々が手を組めることはほとんどありません。その後を手を組むことになった人は数多くいますが、そういう方の中に、その躊躇した期間の間で資金量が増えた人は、ほぼいません。資金量が減ったか、若しくは負債が増えたか、と言う人ばかりです。“躊躇即ち損失”です。それを踏まえ、大いに検討をされてください。検討する間にも資金は流出することを考えながら。あまり長時間検討する意味は無いと思いますが。」
 
 
Q:ご相談者のYさん
【返済停止したら、今後借入が出来なくなる】

A:たちばなはじめからの回答
「今、借入できてないですよね?じゃあ同じことではありませんか?もっと言えば、毎月50万円元利返済をしていたとして、その返済を停止すれば、毎月50万円の融資、つまり年間600万円の融資を受けていることにはなりませんか?それでも、まだ借入しなければ資金が回らない業態なら、もはやその業態での継続はあきらめた方が良いでしょう。おカネを捨てている事と変わりないのですから。

今後借入をする為に、返済を続けるなどという行為は、“穴の空いたバケツに水を入れる作業”と何ら変わりません。完全なる間違いです。
これを指南する人間が“事業再生コンサル”を名乗るなど、チャンチャラおかしい。ヘソが茶を沸かします。」
 
 
Q:ご相談者のZさん
【仕事を辞めた後のフォローはどうするの?】

A:たちばなはじめからの回答
「仕事は世間に数多あります。どこの会社も人手不足なのはご存知と思います。仕事は選ばなければあります。選べば選択肢は限られてくるでしょう。それが嫌なら、せめて事業の採算くらいは合わせてください。廃業時のフォローもこちらでは対応できますし、残った負債の処理もこちらではサポートできます。破産は絶対にさせません。」
 
 
Q:ご相談者のαさん
【なぜ、自己破産させない事にこだわる?】

A:たちばなはじめからの回答
「国内法上、破産含めた法的整理は必要のないものです。喰えない法律家を食わせる為にあるものと認識しています。また、債務整理に関わる法律家の法律知識があまりにも薄弱で、自分本位なサポートしかできていない状況をワタシは憂いています。

借金の時効を知らない法律家はいないのに、TVCMや新聞チラシ、電車の広告などで謳っている法律家は一人もいません。一方で、“過払い金請求の請求権は10年で時効ですから、早めに相談に来てください”とは告知している以上、自分たちに、好都合な時効は話すが、不都合な時効は無さなさい・・・こういう社会の実態を知るものとしては、それに踊らされる事業主や債務者があまりにも不憫でならないと考えています。

破産、当事者にとっては誠にに楽チンではありますが、周辺にその不幸を巻き散らかします。“自分だけが楽できればいい。周りの不幸なんか関係ない。”と言う方には、良い制度と思いますが、“大切や家族や従業員や顧客や関係先を守りたい。”と言う方には、法的整理は意味のない制度と思います。

また事業を継続しようと思ったら、なおさら法的整理をしてはいけないのですし、我々の知識を得た上で、債権者対応策を用いれば、何ら阻害要因なく事業は続けられます。弁護士さんは社会的に重要な仕事である事はケチのつけようもありませんが、事業主は、日々弁護士さんを食わせる為に存在しているのではありませんから。」
 
 
Q:WEBからお問い合わせのβさん
【せっかく貸して下さった方に優先して払う事をなぜ否定するの?】

A:たちばなはじめからの回答
「善意で貸してくれる人には、それこそ命に引き換えてでも返済すべきと言う個人的な思いはあります。しかし、銀行含めた貸金業者は善意でおカネを貸しているのではありません。自分たちの仕事の為にに金利をつけて期限をつけて担保を付けて保証人をつけて貸し付けるんです。

これを善意と思う日本人は世界的に見てもマイノリティと考えるべきでしょう。

“融資は金融機関が当事者に対して実行する投資行為。投資の失敗は自己責任。よって法的には、カネは貸した側が悪い。”これこそがグローバルスタンダードです。だから、借りた金が返せない事を取り締まる法律が無いのです。“貸し手側の融資責任を問う”という思考は、日本以外の先進7か国の中では、むしろ多数派です。」

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」

「自己破産させない屋」たちばなはじめのノウハウがメールマガジン「はじめちゃん通信」にて届きます。登録は無料ですので、お気軽にご登録下さい!!
登録はこちらから出来ます!
PAGETOP
Copyright © 株式会社MEPたちばな総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.