たちばなです。

二年くらい前に、
セミナーを聴いてもらった上で
個別面談をした近畿地方の
とある事業主から久しぶりに連絡貰った。

Lさん。50代男性。
とある商材を卸したり
小売りしたりしている事業主。

二年前の相談では・・・・

「幾らかの内部留保があるが、
少しずつ目減りしている状態。

リスケをしようか
今まで通り返済を続けるべきか
迷っている。」っていう相談。

事前にワタシのセミナー聴いていて、
「リスケはしちゃいけないよ。」
って言っていて、それを聴いた上で、
リスケしようか迷っているって・・・

オレに相談する意味あるのかな??って思った(笑)

でも、本人の希望だから
相談には乗ったんだけど、
Lさんはその後やっぱり、
リスケしたんだよね。

「あ~ぁ・・・リスケするんだ・・・」
なんて思ったけど、
無理やり止めさせることなんか出来ないから、
そのまま音信も途絶えた。

そんなLさんから先日再び電話。

「お久しぶりです。
現在はSkype対応してらっしゃるんですよね?
今から良いっすか?」って。

日曜日だったけど、
体は空いていたし対応した。

その後、
一年半くらい前にリスケを実行して、
毎月75万円元利返済していたのが、
元金返済を減額して利息は払う、
という形態に変更して
毎月の元利返済は15万円になったんだ。

75万円が15万円になるんだから、
そりゃあラクになる・・・・って言うんだけどさ。

15万円払い続けたら、
借金は永久に終わらないよね?

ほとんどが利息なんだから。

でもLさんの命はいずれ終わっちゃうんだよ。

リスケして、その後通常弁済に戻して、
利益出して事業継続できている企業は
1%以下だよ。ほぼ無い、って言っていい。

リスケは問題の先送りなんだよ。
解決方法じゃないんだよ。

75万円が15万円になって
楽になったように感じるけど、
それをやったら借金は終わらない。

75万円をゼロにすれば
完全に楽になった上で、
5年ないし10年で借金は終わる。

借金は返済すると終わらない。

借金は返済停止すると
5年ないし10年で終わるんだ。

それが法治国家たる日本の法律。

「債務者は、
債権者の意向に沿おうとすると苦しくなる。
債務者は、法律に沿おうとすると楽になる。」

簡単な理屈なんだよ。

こういう発想する時、
事業を継続する為に必要な、
顧客や仕入先や従業員の意向は
完全に外に追いやられるんだ。

カネ貸さない銀行より、
そっちの方が事業継続に
必要なのは明白なのに、
ここにまったく目が
届かなくなっちゃうんだよね。

Lさん、話しても話しても・・・・
二年前の面談の時と
おんなじこと言っているんだよ。

「そんな事やったら大変な事になる。」って。

二年前も
「リスケなんかしたら大変な事になる」
って言っていたけど、
なんにもならなかったじゃん!(笑)

返済停止してもなんにもならないよ!

借金の4700万円は、
公庫とマルホじゃんか!

財源は税金なんだよ。
巡り巡って、あんたのカネじゃないか!

だから、あんたは借金なんか無いんだよ!

最後、Lさんがワタシに言ったよ。

「私とたちばなさんは違う。」だって。

それじゃあなんで連絡してきたの??(笑)

オレ、好き好んで日曜日にタダで
Lさんとしゃべっても楽しくないんだけど(笑)

悩んで悩んで・・・・
結局Lさんは何にもしないようだ。

今度はいつ、
連絡来るんだろう・・・。

もっと資金を痩せさせてから
連絡来るんだろうか??

Lさんと面談する前に、
地元の公園で桜を眺めてきて
清々しい思いだったんだけど、
そんな気持ちはすっかりどこかに失せちゃったよ(笑)

オレの日曜日・・・返してほしいな。Lさんに。

たぶん返さないよね。
銀行には無理してでも返すらしいけどさ(笑)

あれ・・・・??

Facebookの友達リストから、
Lさんが消えている。

Lさんにとって、
ワタシは必要でなくなったらしい。

告白していないのに、
フラれた気分だよ(笑)

二年前に、ものすごい張り切って、
「一生の付き合いをしよう!」
とか言われていたんだけどね(笑)

オレ、人間不信になりそうだよ(笑)

事業は難しいけど、
複雑ではないんだよ。

理屈は簡単だんだからね。

でも、ほとんどの人が簡単な一歩が
踏み出せないんだよね。

ムリして進まなくてもいいんだよ。
他に手があるのならね。

他に手が無いのに、
進まないのはダメなんだよ。
これはアホの所業。

皆さん、
ワタシの情報が要らない方は、
友達辞退して下さっていいですよ。

ワタシと関わらずに済む人生なら
その方がいいのは間違いなんだからさ。

黙って、静かにワタシに気づかれずに、
友達辞退できるよ。

大丈夫!
ワタシ追いかけたりしないから!(笑)

————————————–

たちばなです。

さっきね、
愛知県内の70歳の男性の相談に乗ったんだ。

元の勤務先との係争事に巻き込まれて、
裁判に負けて負債を背負った。

裁判に負けて負った負債は数億円。

奥さんと二人で住む自宅を差し押さえられ、
年金も押さえられそうだ、って言うんだ。

「二人で住む家としては、
150坪の敷地は大きすぎませんか?

築40年以上みたいですし、
立地も客観的評価は低いから二束三文。

数億円の穴埋め代わりに、
競売を受け入れて、
資産無くせば、
残った負債は5年か10年で風化します。

70代のあなたが不動産にこだわり続けて、
その後亡くなれば、
息子さんが相続すれば負債も相続。

どのみち相続放棄せざるを得ない。

それなら今のうちから、
競売で債権者側の経費で
売却して頂いて、売れたら、
新しい地主さんから家を借りてもいいし、
夫婦二人で駅前の
賃貸マンションに住んでもいい。

不動産に固執していて良いこと無いですよ。

所有しなくても使用はできる。

人生80年と考えれば、
そろそろ後片付けを考えましょうよ。

死ねと言ってるんじゃないよ。
準備をしようよ、って言ってるんだよ。

持ち家にこだわるから苦しいんだよ。

持ち家にこだわらなかったら、
資産ないから、
訴えられても、
勝たないけど負けないんだ。

取られるモノが無いのは法的に最強。

あとは、債権者は出来ることが無くなる。
放置して、残りの人生を楽しく生きて下さいませ。」

少しの間、
仕事することになりそうだ。

この人、係争中に
弁護士立てて争ったんだけど、
事前に300万円とられてる。

開いた口が塞がらなかったよ。

70のじいさんから300万円搾り取って、
裁判に負けるってどういうこと??

かわいそすぎるよ。

戦うから負けるんだ。
戦わなければ、勝たないけど負けないんだ。

この人、不動産の差し押さえ対応で、
弁護士からまだ追加で請求されていた。

「そんなもん踏み倒して下さい。」って言ったよ。

本人は、体よくあしらわれている事に
気がついていなかった。

ワタシの話すことを、
キョトンとして聴いている。

騙されている事に自覚が無いんだね。

かわいそうに。

これからはそんなことはさせないよ。
オレ達が、この人を守ろうと思います。

オレ達も、お金は貰うけど、
10分の1程度だね。

これでもワタシの事業は十分に廻る。
これでも。

いかに、志低い法律家が、
依頼人の無知につけこみ暴利を貪っているか、
という事だよ。

———————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!

でも頑張るよ。人助けとビジネスの両立だから。

<たちばなはじめセミナー音声>
たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
を音声ファイルとして販売中です!

日程が合わない、開催場所へ行けないなど
セミナーに参加出来ない方は
ぜひこの音声を聞いて、
借金の真実を知ってください!

この事実を知っているだけで
救われる人はかなり多いはずです!

法律家が絶対に話さない借金の真実

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ