たちばなです。

長岡市と山形市を廻って、
昨晩遅くに東京に入りました。

長岡では、
Sさんご夫妻にお目にかかった。40代。

元々、福島県南相馬市に
お住まいの方だったんだけど、
東日本大震災で一家は
ワタシの地元の隣町である、
新潟の長岡市に避難。

そのまま現在も
長岡市内にお住まいのご夫婦。

とある商材の育成や
加工・販売を事業として手掛けている。

一年くらい前にSNSで
共通の友達つながりで
申請受けていてからのお付き合い。

一度都内の会合でも顔は合わせて、
その際に40分ほどの
ワタシのミニセミナーは聴講されていた。

そんなSさんの旦那さんから
一週間前にメッセージ貰ってさ。

「妻にもたちばなさんの
セミナーを聴かせたいのですが、
新潟県内での開催予定はありますか?」
って。

ワタシ、

「開催予定ないです。
あんまり新潟で積極的に
仕事していないです。」って返したら、
「じゃぁ東京の
定例セミナーに行かせます。」
って言ってくるから。
交通費勿体ないなぁ~・・・
って思っちゃってさ。

「長岡なら、
ワタシからそちらに出向きますよ。」
って言って、昨日そこに行ってきたんだ。

妻が長岡にネイルしに行くって言うから、
ついでに送ってもらった(笑)

旦那さんとは二回目。
奥さんとは初めての面会。

Sさん夫妻は、現時点では
まだ資金繰りに困窮している
状況ではありません。

しかしながら何時、
そう言う状況になるかわからないので、
そうなってしまう前に、
妻と旦那さんとの見識や知識量を
揃えておいて、いざという時に備えたい。
というニーズだったんです。

「それなら・・・ワタシ、
いまからここでミニセミナーやりますよ。」
って言って、そこでミニセミナーやって来た。

奥さんは目を丸くして
「へぇ~・・・そんな事になってるんですか。
全然知らんってコワい事ですね。」
って喜んでくれた。

旦那さんはある意味
「再履修」になるワケだけど、
一生懸命メモを取っていた。

きっと喜んでくれたんだろう。

笑い話が一つあってさ、
奥さんが言うんだ

「たちばなさん借金返済止めると
不動産差し押さえになっちゃいますよね!?」
って。

ワタシ、、、

「南相馬の土地要らんでしょ!?
もう何年長岡に住んでるのさ!」
って言い返したら、
「あ、そっか!要らんね(笑)」だって。

三人ででかい声で笑ったよ。

南相馬の土地・・・
だれが買うんだろうね。

売れないだろうから、
銀行だって差し押さえない。

差し押さえるためにカネだってかかる。
借金なんかいずれ風化するよ。
草ぼうぼうになるであろう土地と共に。

約二時間おしゃべりしたかな。

旦那さんが最後に言った。

「福島の仲間たちにも、
苦しんでいる人たちがいます。
伝えたいです。」って。

「オレを福島に招いてよ。
交通費と宿泊代だけで良いよ。

あ、イロつけられるんなら
イロはいくらつけても良いんだよ(笑)」
って返した。面談料と交通費として5400円貰った。

ご夫婦の安心した表情を見て、
「来てよかった。」と思いましたよ。

彼らは、
今後もし事業が傾いたとしても、
「たちばなはじめ」という安心を
得る事が出来た、という事。

手前味噌だけど(笑)

家も近いし年齢も近い。
お友達付き合い出来たら良いね(^-^)

その足で、山形へ移動。

大宮まで新幹線で行って
山形新幹線乗れば早いんだろうけど、
17000円。

長岡から新幹線と在来線乗り継いで
北上すれば6600円。
四時間半かかったけど、
夕方には山形に着いた。

山形市内の美容系の個人事業主のNさん。
ワタシと同い年の男性。

山形市内で独りで
お店を切り盛りしていたんだけど、
奥様のご実家の家庭の事情があり、
その店を引き払って、
違うところに移転しようと思っているんだとか。

借入金がいくらか残っているが、
半年ほど前からリスケジュールしていて、
返済そのものはキツくない。

数日前に知人に会った際に、
現在の事業の状況を話した
その知人が・・・・
ワタシのセミナーの聴講者だった。

「リスケしてカネ廻すくらいなら、
こういう人がいるよ。」と言って
Nさんに渡したのがワタシの名刺だったらしい。

GWのさなかに、
「山形から新潟のたちばなさんに
相談に行きます。」
なんてメールくれたんだけどさ。

ワタシの家に来られても
応接するスペースも無いし、
ガキ共がうるさいから、
「ワタシが山形行きますから、
交通費と面談料合わせて
20000円と消費税下さい。」って言って、
現地で顔を合わせたのが昨夕だったんだ。

Nさんもワタシに会うまでの数日間で
ワタシの情報を集めたらしい。

面談している際にしきりに
ワタシにこう言うんだ。

「これじゃあ、
いつまで経っても借金が終らない。

リスケは解決策ではない。
このまま事業がジリ貧になるくらいなら、
そうなる前に・・・」って。

まだNさんは「スッテンテン」
という状態ではない。

自宅も保有しているし、
ローンもきちんと払えている。

でも、このまま行ってしまうと、
誰の為に仕事をしているのか
解らなくなってしまう。

家族の為に頑張りたいという欲求が強かった。
まぁある意味当たり前なんだけどね。

Nさんは借入総額の元利返済を
毎月40数万円していた。

これを停止すれば、
今後の再生資金としては十分に捻出できる。

Nさんは良く解っていた。

「借金は返すと終わらない。
返すのを止めると5年か10年で終わる。」
という事を。

山形市にはね、実は一年半くらい前に
契約した既存のクライアントが
いらっしゃるんですけどね。

Nさんにその方を紹介してみた。
だいぶ近いみたいだし、
お互いにその存在は知っていたようだ。

仲良くしてくれるとワタシも嬉しいよ。

長岡のSさんも山形のNさんも・・・
「危機意識」の高さを感じた。

「ヤバいことになる前に。
スッテンテンになるまえに。
家族や従業員に迷惑かけない為に。」
という思いが強かったことで、
ある程度資金が残せている状況で、
ワタシとの面談に至っている。

早い段階でご相談に来てくれると、
ワタシも複数の救済案が提示できるんだ。

場合によっては家を残しながらの
返済停止だって出来るよ。
実際にNさんにはそれを提案したしね。

資金的に余裕があると、
考え方にも余裕が生まれ、
対処法にも冷静な判断と選択が出来る。

資金的に余裕が無いと、
考え方が画一的になり、
対象法も画一的になり
冷静な判断が出来なくなる。

この問題のたちの悪いところは、
冷静さを欠いている張本人に
一番その自覚が無い事だ。

それこそ、焦り声で

「たちばなさん!差押えに遭いました!
すぐに相談に乗って下さい!」

なんて言う人もまれにいらっしゃるけど、
そういう人はあえて
時間を置いてから会うんだ。

知識が無いから焦るんだよね。

債務者が急ぐべきことなんか
なんにも無いんだよ

債権者が急ぐべきことは
結構あるんだよね。

ここを勘違いしてはいけないんだ。

くどいけど・・・・
くどいけど・・・・
知識は必ず持っているべきですよ。

知識は在庫にならないよ。

知識を持ったうえで
ワタシと関わらなければ良いじゃないか。

ワタシの情報を知り、
理解した上で、
ワタシと関わらなければ
良いだけの事なんだよ。

昨日の長岡の案件と山形の案件は、
二件ともまだ資金に余裕があるうちに
相談に来てくれたので、
冷静に話す事が出来た。

良い面談が出来ましたよ。

———————————–

たちばなです。

東京の税理士、
井上得四郎先生から研修会講師としての
登壇をお声かけ頂き喜んで
お受けさせて頂きました。

熊本・大分の震災に関しまして、
当方ブログ等で宣言した通り
ワタシの現地被災者支援の一環として
取り組ませて頂きます。

そうそうたるお歴々の中で
明らかに異質なワタシの存在ですが、
主催者のご配慮で、
負け犬コンサルにも
「先生」を付けて下さいました。

現地に入りましてからは、
皆さんに「はじめちゃん」と
呼んで頂ける様に頑張りますm(_ _)m

———————————-

たちばなです。

人さまご縁とは、真に奇なるものです。

セミナー聴いてくれて、
その後初対面でいきなり・・・

「メルマガやりませんか?
私が管理人やりますんで。」と
奥田雅也に言われた一年前。

疑り深いワタシですが、
なぜか彼は信じたんですね。…

管理人やってもらって一年。
ワタシの仕事は拡充しました

奥田雅也の「想い」も乗せて、
今後もメルマガや音声で情報発信いたします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
以下、奥田雅也の投稿

昨年の5月より自ら勝手に名乗りを上げて
たちばなはじめメールマガジン
「はじめちゃん通信」の管理人となりました(笑)
 

おかげさまで230回を超える配信、…
そして300名以上の方々に
読んで頂いております。
 

たちばな氏の口ぐせ

「自己破産しちゃいけない!
債務整理しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!」

という思いとその理由、
そしてそれらをしなくても救済される
方法を一人でも多くの人に
知ってもらいたい。

 
そう思いながらメルマガ管理人を
させて頂いております。
 

根底にあるのは、
私自身が借金を苦に
自らの命をかけて家族を
守った父への想いがあります。
 

18年前、父が取った手段を
否定も肯定もしません。
 

あまり詳しくは書けませんが、
父の生い立ちを考えると
父親として、
経営者として
昭和10年代生まれの男としての
「プライド」が命を掛けさせたのだと
理解しています。
 

そんな「最終手段」に頼らなくとも
借金問題を解決することは可能です。
 

もちろん借金は返済すべきですし、
返済出来るに越したことはありません。
 

ただ、家族や社員・取引先に
迷惑を掛けてまで返さなければ
ならないのか?
 

そして自らの命を掛けてでも
返さなければならないのか?
 

少なくとも
「たちばなはじめ」を知った上で、
自らが取るべき方法を
決めても遅くないのでは?
 

もっと極端に言えば、
「たちばなはじめ」を知った上で
自殺をしても遅くない。
 

そう考えています。
 

一人でも多くの人に、
そして経営者をサポートする
仕事をしている人は
必ず知っておいて頂きたい情報です。
 

◯無料メールマガジン
http://goo.gl/p3NDuV
 

◯法律家が絶対に語らない借金の真実
https://goo.gl/uI6FHO
 

ぜひ拡散をお願いします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

———————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!

<たちばなはじめセミナー音声>
たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
を音声ファイルとして販売中です!

日程が合わない、開催場所へ行けないなど
セミナーに参加出来ない方は
ぜひこの音声を聞いて、
借金の真実を知ってください!

この事実を知っているだけで
救われる人はかなり多いはずです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
https://goo.gl/uI6FHO

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ