たちばなです。

good-bye名古屋。

また来月来るよ。

昨日のセミナー聴講者のお悩み相談を
駅前のデニーズでお受けしました。

マルホだったよ。

保有資産無かったよ。

「ほっとけ。五年で時効。」
でアドバイス終わり。

「後ろ楯が欲しい」とのことで、
我々が後ろ楯になることにした。

デニーズの隣に債権者側の建物があった。

「オレ、仕事するよ。」って宣言した。

首を洗って待っててね❤

急いで東京戻って、
麻布セミナー会場に向かいます。

夜は………遊ぶよ( ̄▽ ̄)

—————————–

東京麻布セミナー主催者からの投稿を
下記に転載

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【お金の思い込みをはずす】

いつもお世話になってる
たちばな はじめさんから
お金のはなしを聞いてます。

仕事を失敗したら、
人生終わり!

借金しても命をかけて
返さなきゃ!って
思い込んでたら
こわくてビジネスなんて
できません。

でも、お金や借金は
ちゃんと学べば怖くない!!

お金との正しい付き合い方、
お金の恐怖をがっつり解放してます。

借金の時効は5年ないし、10年。
税金の時効は5年。
脱税の時効は7年。

安倍首相も、相続税三億円脱税疑惑
がありましたが
時効が成立してるので
罪に問われません。

ダイエーとか、
JALも借金踏み倒しをしてます。

何かあったときに、
家族や自分を守ることと、
銀行や国にお金を払うこと、
どっちが優先ですか?

お金の貸付は、
銀行の投資行為です。

株の投資で失敗したら
自己責任だよね?

銀行は、責任がないのかしら?

何も学ばず恐れるよりも、
お金や法律をきちんと学べば
お金と適切に付き合う方法、
お金を借りるシステムも学べます。

::::::::::::::::::::::::::::::

——————————

たちばなです。

仕事を通じて仲良くなった数人が、
長崎・大阪・神奈川からそれぞれ
ワタシの地元に遊びに来てくださったので、
ゴルフだのグルメだのに興じており、
三日ほどお休みを頂いておりました。

昨日から、仕事を再開しました。
早速、4件のSkype面談を致しました。

やっぱりさぁ・・・思ったよ。

みんな・・・「契約」ってものに
踊らされ過ぎるんだ。

「契約が絶対!」って思い過ぎなんだよ。

契約が守れない事は、
契約違反なのであって法律違反ではない、という事。

契約違反が法律違反だ・・・
って思っている人が、スっごく多いんだ。

熊本市内で、衣料品を作って、
販売もしている個人事業主の相談に乗った。

Pさん。30代男性。

奥さんとの共有名義で
一年前に購入したマンション。
子どもと合わせて三人で住んでいた。

この度の地震で「全壊認定」。

数日前から他のところに
住まいを借りて住んでいる。

1600万円ほど残ってしまった
住宅ローンの返済についての相談を受けた。

月額のローン返済は約6万円。

熊本県内の大手地方銀行でローンを組んでいた。

「6万円の返済を止めれば、
銀行がマンションを差し押さえてくれる。
全壊認定された、使えなくなった不動産を。

Pさんは何もしなくて良い。
ただただ6万円の返済を
止めてくれればそれでいい。

それ以外にやる事が無い。

銀行は、督促状や催告書、
裁判起こして催告状などいろいろやってくる。

でもPさんがやるべきことはゼロ。
なんにもしなくて良い。

むしろやる事があったら教えてほしい。

下手に動けばそのしっぺ返しは
全部自分に降りかかってくるよ。

なにもしないでね。
そうすれば5年か10年で借金は終わる。

今のまんま、
無理して6万円支払い続ければ、
ローンが終るのは29年後。

これから、無理しないで
6万円支払い続けなければ、
借金が終るのは5年か10年後。

どっちが、Pさんにとって得か!?
を考えなければいけないんだよ。

銀行にカネを返さないのが
不誠実だと思ってやしないか??

そりゃそうだよ。確かに不誠実だ。

でも、銀行に誠実に返済すれば、
家族や仕事のスタッフに対して
不誠実になる事を考えなければいけないんだよ。

銀行と家族や従業員・・・・
どっちが資金的に余裕があるの?

どう考えても銀行なんじゃない??

じゃあ余裕があるんだから、
銀行は後回しで良いよね。

家族やスタッフは余裕が無いんだから
優先的に支払ってちょうだい。

オレ・・・誠実だろ!?

そう!たちばなはじめは
メチャクチャ誠実なんだよ。

今初めて、PCの画面で会った人間に、
有益な情報をアドバイスしているんだ。

それもタダで。
こんな誠実なヤツいないだろう!?(笑)」

緊張でこわばっていた
Pさんの表情が少し明るくなった。

良かった。

この時点で、ワタシのSkype面談が、
Pさんにとって有効だったと理解できたからだ。

ついでに教えてあげた。

「後で、住宅ローン組んだ時の
契約書を確認してみてよ。

“家主が、ローンの返済を滞らせた場合、
銀行が設定した担保(マンション)を
差し押さえて売却して穴埋めする”
という主旨の文言が
記載されていませんか?

いや、おそらく絶対に書いてある。

つまり、Pさんは契約通りに返済を停止し、
マンションを差し押さえさせて
穴埋めしようとしているんだよ。

だからPさんが返済停止しないで
壊れたマンションを銀行に明け渡す事は
契約通りなんだって。

今後返済がキツクなって、
例えばリスケジュールなんかして
利息だけ払ったりすれば・・・・
借金終わらないじゃん!

“家主が、ローンの返済がキツクなった時に、
元金を据え置いて利息だけ払えばよいものとする”

という趣旨の文言は絶対に
契約書に記載されていないよ。

つまりリスケジュールは契約違反だよね。

契約書に無い事を行うのは契約違反だからね。
Pさんは契約通りに返済を停止すればいいよ。」

ワタシはこの時点で、
Pさんと契約して救済の手ほどきを
する必要性は無い、と感じていた。

だって・・・ただの
「ほっとけ案件」だったんだもん!(笑)

Pさん・・・・6月から東京で
数か月仕事をする事になっているんだって。

「熊本じゃ服が売れないから、
東京で一定期間頑張ってみようと思って・・・・」

との事。

忙しいだろうけど、
一度ウチの事務所に来てもらおうかな?

改めて細かくアドバイスしたいしね、
って話したら快諾してくれた。

その後Pさんは、
事業上の資金の融資も受けている事を明かした。

1000万に満たないけど
それに近い額。

仕事がら・・・返済も楽じゃないだろう。

保有している不動産(マンション)を
手放す覚悟が出来ているんだから、
Pさんにも今後取られるもの
(差し押さえられるもの)が無くなる。

Pさんには大いに
「優先順位」を考えて頂く必要があるね。

資金力のない、
家族やスタッフに手厚くして、
資金力のある銀行を
後回しにする優先順位をさ。

ワタシ、
セミナーで良く言うんだけどさ・・・

「亡くなった親父から、
“弱きを助け強きをくじく”
そう言う人間になりなさい、
って言って育てられて
現在はそれを仕事にしている自負がある。」

って。

でもさ・・・
実は借金背負っている人、
つまり債務者って
メチャクチャ法的に強いんだよね。

だから現実ワタシのしている事は、
“弱き(銀行等)をくじき、
強き(債務者)を助けているんだ(笑)

親父!許せ!(笑)

債務者って言うのは、
確かに法的強者ではあるのだけれど、
情報弱者であるんだ。

債権者って言うのは、
確かに法的弱者ではあるのだけれど、
情報強者であるんだ。

だから、“がっぷり四つ”に組んで
勝負を挑んじゃダメ。

情報弱者は、
法的強者である立場を利用して、
スマートに戦わなくちゃいけない。

余計な体力を使っちゃいけないんだ。

なぜスマートに
余計な体力を使わずに
戦わなくちゃいけないか、って??

そんなの当たり前じゃん!
本業に体力を使うべきだからだよ!

本業頑張って、カネ稼いで、
自分よりもっと弱いヤツを
助けなきゃいけないからだよ!

「情報弱者は法的強者である」
という事・・・・忘れないでね。

—————————-

たちばなです。

見知らぬ方から
「たちばなはじめ公式サイト」へ
お喜びのメッセージを頂きました。

原文そのまま。
和歌山県内の方の模様です。

続けて来てよかった。

解って貰えてうれしい。

今後もさらに頑張っていこう。

そんな風に思えて清々しいので、
皆さんにも少しだけお付き合い頂きたく思います。
ちょいと自慢させて下さいませ。

ほんの少しだけ。
—————————————-

相談ではありません。

有限会社を経営、
ずさんな申告で税務調査を受け、
重加算(推測)500万円くらいで
てきそうな雰囲気です。

ずっと税理士を入れずにやってきましたが、
調査のあと税理士に依頼して、
その税理士の指導の下、
会社を廃業しました。

まだ、本題は解決しておらず、
悶々とした日々の中、
たちばなはじめさんのHPに遭遇。

読ませていただいてるうちに、
すごく勇気が湧いてきました。

元々、会社自体は
銀行からの借り入れはなく、
個人からの貸付が4000万円残っています。

マイナスの相続資産と考えると
将来に不安が残ります。

また、万が一重加算税が500万円

と決まっても、
自己資金で支払える余裕はあり、
支払うつもりでおりますが、
たちばな先生の言われる
「優先順位」の決め方に深く感銘をうけ、
先生のファンになりました。

お金のことで死んではいけない・・・
私もそう思います。

ですが、借金や税金のことについては
知らないことばかり。

メールマガジンも登録させていただき、
また関西で講演があるときにはぜひ、
勉強させていただきたいと思います。

頑張ってください、
そして、私に勇気を与え続けてください。

長々とお読みいただき
ありがとうございました。
——————————-

自己破産しちゃいけない! 

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!

<たちばなはじめセミナー音声>
たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
を音声ファイルとして販売中です!

日程が合わない、開催場所へ行けないなど
セミナーに参加出来ない方は
ぜひこの音声を聞いて、
借金の真実を知ってください!

この事実を知っているだけで
救われる人はかなり多いはずです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
https://goo.gl/uI6FHO

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ