style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


先日、上野のカフェにて、
都内で出版業を営む方「C」さんと
面談させて頂きました。

この方は、
資金繰りに困っている方
ではありません。

とある異業種交流会で
お知り合いになった方。

毎週80人程度集まる交流会で、
お互いの存在は知ってはいたが、
ユックリとお話しする機会が
これまで作れず、
このたびようやく・・・・

という事で、
私の都合に合わせて下さり
上野での面会となりました。

Cさん、
ご自分のお仕事の内容の説明は
ソコソコに済ませ、
私の仕事に非常に関心を持って下さり、
いろいろとご質問くださったので、
それに対して
なるべく丁寧にお答えしつつ、
私の氏素性などを含め・・・

・かつて、地方の資産家のボンボンだった事。

・高校時代にプロスポーツ選手を志し、
国内留学をした事。

・その夢に挫折し、
父親のコネで都内の
外資系の会社に入社した事。

・栃木県のとある町の子会社に出向し、
そこでビジネスのヒントをつかみ、
新潟の実家にUターンした事。

・父親の会社に入社し、
多角化として別業種の
事業部を立ち上げ、
一時ボロ儲けした事。

・経営上のトラブルがあり、
取引先や銀行から一斉に
ソッポを向かれた事。

・父親が心労で体を壊し、
仕方なく社長になり、
数年間銀行からの
厳しい追及に合った事。

・資金繰りに困窮し、
自己破産を検討。
弁護士に400万円かかる、
と言われ諦めた事。

・現在の師匠に助けられた事。

・本業をやめ、
現在の仕事を始める事になった経緯。

・現在の仕事での紆余曲折。

などなど・・・・
二時間以上お話しさせて頂きました。

Cさんから最後に・・・ 

「たちばな君、
こういってはなんですが、
君の人生は大変に面白く
興味深い。
本出してみない?」

などと。

出版の依頼は
初めてではありませんでしたが、
私が定期的に開催している
セミナーの内容には、
複数の著作物の中から参考にしたり、
引用したりしている部分もあるので、
これまでは何となく及び腰でした。

いや・・・
今も正直な話、及び腰です^^;。

その後、私に
次のアポイントの時間が迫り、
話が途中で終わりました。

今後もCさんとは
毎週顔を合わせます。

どのようなお話しになるか・・・

いずれにしても
Cさんとの出会いは、
私にとって有効且つ
刺激であった事は確かでした。

「救済」の為に、
出版が最も有効な手段となるなら
それも厭わないつもりですが、
それに割かれる時間を
「救済」に使いたい・・・
ナカナカのジレンマです^^;。

独りで黙々と、
資金繰りに悩む事業主の為に、
少しでも早く私の情報を伝えたい。

私が助けられた時の感動をお伝えしたい!

だから・・・
自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

<バックナンバー>
メールマガジンのバックナンバーは
こちらより確認が出来ます。

http://tachibanahajime.net/

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ