福岡空港にて

たちばなです。

8泊9日の旅程の全てが終わりました。
新潟に帰ります。

昨日の博多セミナーで、
本日3名の個別面談致しました。

.
Aさん、国内大手企業の子会社に勤務。
30代男性。
借入約900万円。
月収手取り24万円。
月額返済20万円。

奥さんの稼ぎで喰いながら、
5才の子どもを養っていた。
不動産なし。賃貸アパート住まい。

「アホ!返済より子どもが
優先に決まってるだろ!
直ぐに返済止めなさい。

転職して債権者から距離置きなさい。
電話出ない。手紙開封しない。
生命保険は契約者変更。これで良い。」

ほっとけ。
面談時間15分。

Bさん、30代男性。独身。飲食店勤務。

7年前まで住んでいた街の役所から、
いきなり市民税の滞納請求が職場に届き、
給料が差し押さえられた、と。

「退職して。あとはほっとけ。
その後、どこに勤めるかはキミの自由。
戻ることも含めて(笑)」

ほっとけ。
面談時間10分。

Cさん、20代男性。事業主兼農家。

借入約700万円。返済停止して半年ほど。
今後が不安だ、と。

「カネが返せないことを
取り締まる法律はない。
差し押さえられないと言うことは、
差し押さえられるモノがない事を
債権者も知っているんだよ。
あと、四年半ほど放っておいてよ。
で・・・キミは何に悩んでいるの?(笑)」

ほっとけ。
面談時間20分。

わざわざ博多まで来て、
3人に「ほっとけ」を言いに来ただけだったよ(笑)

カネにならない人達ばっかりだったよ( ̄▽ ̄;)

ビジネス出来ず、
心が弱ったまま福岡空港へ。

荷物を預けようとJALカウンターで
オネーさんに手渡すと、オネーさんが言うんだ。

「壊れやすいものはございませんか?」と。
「ワタシの心が壊れそうです(笑)」

「(笑)」って書いたけど、
笑っていたのはオレだけだったよ(-_-;)

はじめのスペシャルスイートジョークが
また不発( ̄▽ ̄;)

2月に、博多セミナーの再演が決まった。
次は、仕事になると良いなぁ~( TДT)

——————————————–
大阪府豊中市のビジネスホテルにて

たちばなです。

「たちばなはじめ・日本の中小企業経営を考える!」

この仕事を続けてもうすぐ6年。
とうとう日本の経営を考えるところで
お話しさせて頂く事になりました。

ホンとに、超大手でして・・・
マジでシビれた( ̄▽ ̄;)

持ち時間は180分。

ワタシのおしゃべりも、
今日で554本目。

聴講者の方々は、
ほとんどが士業の先生方。

約50名をお相手に
お話しさせて頂きました。

今日こそは血祭りにされるのでは?と、
考えなくもありませんでしたが・・・・
そこはワタシも「たちばなはじめ」は6年目。

全身全霊を以て、
持ち時間を消化致しました!!

上層部の方から、驚きとご評価を頂き、
益々自信を深めた次第です(^_-)

セミナー後は、今回のご縁を頂いた
親泊伸明先生と北新地でお食事させて頂きました。

「社会の片隅でヒッソリと…」
仕事をこなすワタシには、
およそ不似合いなところでの
お食事でして…( ̄▽ ̄;)

ただただ、出てきたお料理を頂き、
焼酎を煽るばかり(笑)

場がこなれたのは、
二次会の後半からでしたよ(笑)

明日は、
今回の8泊9日のファイナル、博多セミナーです。

明日の持ち時間は240分。
オレ、ぜってー長生きしねーな( ̄▽ ̄;)

今朝、女房からLINE。

「しばらくお目にかかりませんがお元気ですか?
facebookの投稿では楽しそうに
お過ごしのようで」と。

ヤベ・・・女房とfacebookで
繋がってるの忘れてた(-_-;)

—————————–

名古屋市内のビジネスホテルにて。

たちばなです。

二泊三日の名古屋滞在が終りました。
昨日は名古屋セミナーでした。

やはり忘年会シーズンって言う事もあってね・・・
聴講者は少なめ。10名でした。.

日中は、ホテルのフリーWi-Fiを使って、
ホテルの部屋の中で、
三件のSkype面談を致しました。

福岡県の方・静岡県の方・そして、
京都の方。

夕方までホテルの部屋から一歩も出ずに、
夕方までこもっていた。

夕方にセミナーやって、
セミナー終了後に、
「懇親会に行く人!」って募ったら
8人来てくれた(笑)

そこで、保証協会の闇屋歪みについて
「補講」致しました(笑)

やばいね・・・
だんだんみんなに伝えたいことが増えすぎて、
3時間以下の持ち時間だと結構足りない。

もうさ・・・話していて、
二時間以降経過すると聴講者に言うんだ。

「あ、あのね・・・もう疲れた人、
トイレに行っても帰っても良いよ。
概略は概ね話したから。

ここから先は、プラスアルファだから、
ワタシは一人でも残っていたら
勝手にしゃべるから。
ホントに飽きたら帰っても良いですよ。」って(笑)

銀行と事業主の関係性は、
債権者と債務者の関係性。

債権者は、「一円でも多く回収したい。」
債務者は、「一円でも少なく返済したい。」

債権者と債務者の利害関係は相反している。

この関係は、
いわばピッチャーとバッターの関係性。

ピッチャーは、打たせたくない。
バッターは、打ちたい。

インサイドのストレートを待っていると
予想できるバッターに、
ピッチャーはアウトサイドの
スライダーを投げる。

戦略上は当たり前の事。

打たせたくない人間と、
打ちたい人間の利害関係が
相反しているからなんだ。

でもさ・・・これが、
同じチームで打撃投手とバッターの
関係性だったらどうだろうか??

バッターの打ちたい思いは
変わらないよね?

でも、ピッチャーは、
打撃練習用に投げるんだから、
「気持ちよく打たせたい。」
という思惑が働くんだ。

この場合は、
バッターがインコースのストレートを
待っていれば、打撃投手は・・・
やはりインコースのストレートを投げるんだ。

利害関係が一致している時と
利害関係が相反している時で、
お互いの戦略が真反対になる事に
思いを寄せて欲しい。

平時の資金繰り改善法を用いる時・・・・
銀行との関係性が良好で、
融資が引き出せるとき。

この時の銀行の思惑は、
「もっと融資を実行して、
融資先に更なる拡大をさせ、
更に融資を実行してまた更に・・・」
という思惑。

この時の事業主の思惑は、
「もっと融資を引き出して、
更に事業を拡大し、
更に融資を引き出してまた更に・・・」
という思惑。

この時のお互いの利害は、
概ね一致している。

これは、練習時における
打撃投手とバッターの関係性に近いから、
お互いにお互いがどんな事を施せば、
喜んでもらえるか?を考え、
行動するんだ。

有事の資金繰り改善法を用いる時・・・・
銀行との関係性が粗悪で、
融資を引き出すのが困難なとき。

この時の銀行の思惑は、
「融資を実行せず、
既存の融資分も含めて
早めに回収してしまいたい。」
という思惑。

この時の事業主の思惑は、
「融資を実行してくれないなら、
事業には必要のない関係先。
少しでも少なく返済し、
少しでも長く資金を保有しておきたい。」
という思惑。

この時のお互いの利害は、
相反している。

これは、試合時における
投手と打者の関係性に近いから、
お互いにお互いがどんなことを施せば、
「イヤな思いをするか?」を考え行動するんだ。

有事の資金繰り改善が求められる時・・・・
借りたカネを返す子ことを止める事だ、
とワタシは完全に主張しているのだから、
その為に、事業主は何を念頭に
置かなければいけないか?
というと・・・・。

「銀行は、事業主がどんな事をされたら
嫌な思いをするか?」を念頭において
行動をしなければならない。

ワタシは、銀行がもっとも嫌がる
事業主にやってほしくない事って・・・・
「相手にされない事」だと考えるんだ。

だから、ワタシは
「借金ほっとけ論」は極めて有効だ、
と国内各地で声高に叫んでいるんだ。

モチロン、
有事の時の場合なんだけどさ。

そして、事前に周到な準備を
施したうえで、なんだけどさ。

「借りたカネを返さないこと以上に、
事業の再生の近道があるのだろうか?」
と主張するワタシを
批判する声は今も少なくない。

でも、その批判の声の中に、
「代替案」や、「より良い手法」を
提案する声は一つもない。

当事者の
「事業や人生を再生したい!」
という欲求に、
その対応をする側の人間として、
これ以上のやり方が
あるのなら教えて欲しいよ。

そして・・・
ワタシを批判する人って・・・・
債権者だったり、
資金力の強い人だったり、
財務コンサルさんだったり、
「センセイ」と呼ばれる方だったり・・・・。

ワタシの仕事に
利をもたらさない人たちが
批判するんだ。

ワタシが利をもたらしたい相手先は
上記のいずれでもない。

ワタシが利をもたらしたい相手先は、
債務者であり、事業主なんだ。

そして、おカネを頂戴する相手先は、
債務者であり、事業主なんだ。

ワタシはワタシの客先に対して・・・・
「借金問題から解放する」という
目的の為の施しは完全に出来ている。

その過程の中で、
ドギマギする人もいれば、
安心しきる人もいるし、
クライアントの表情はそれぞれであるけれど。

ワタシは、
「再生コンサル」ではない。
明確に否定する。

再生させるのは、
社長であり債務者自身であるべきだ。

ワタシは、
「資金繰り支援コンサルタント」であるから、
再生させる人の為の「補助」に過ぎない。

儲けやすい環境は作って差し上げるが、
儲けるのは当事者でなきゃいけないからね。

だから、
ワタシは再生コンサルタントである事を、
明確に否定する。

「目的と手段」揃えられている?
当たり前に出来ているつもりの人は多い。

でも、精査していくと・・・・
「目的と手段の一致」が
出来ていない人が格段に多い。

何のために事業をしているのか?
何のために借金を重ねたのか?

ヒアリングを繰り返していくと・・・・
いつの頃からか、
目的と手段が的外れになっていくんだ。

ワタシと仕事で関わらない為に、
ワタシに仕事をさせない為に・・・・
目的と手段を一致させることに
心血を注いでほしい。

————————————-

自己破産しちゃいけない!
債務整理しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

<バックナンバー>
メールマガジンのバックナンバーは
こちらより確認が出来ます。

http://tachibanahajime.net/

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ