新潟の自宅にて

「資産230億が一晩でゼロに・・・
役員に会社を乗っ取られた男の話:週刊SPA!」

~Yahoo!ニュースより~

たちばなです。
時効の完成がサラリ・・・と書いてありますが(笑)

「耐えて待つ」必要なんか全然無いのにね。

知らぬとは恐ろしいもんだよ(笑)・・・
ワタシ、全然時効の完成なんか
待ってないもん(笑)

時効完成したらむしろ困るわ。
「現役の多重債務者」の方が
仕事になるからね。

相談者に言ってあげられる。

「オレが大丈夫なんだから、
あんたも大丈夫だ!安心しろ!」って。

ワタシは遊ぶ。
債権者で遊ぶ。
借金で遊ぶ。

これが人助けになるんだから遊ぶよ。

批判しろよ。いいよ。
批判しても。受けて立つ。
こっちはすべて法律論で論破してやるから。

公開で議論しようぜ!(笑)

100億ぅ???
100億程度でガタガタ騒ぐんじゃないよ。

国内大手の某通信会社社長なんて10兆円だよ!

でも、真っ白なワンちゃんと
楽しく仕事してんじゃん(笑)

オレなんか見てみろ!
たったの6億円だぞ!たったの!
だからオレなんかこんなに謙虚(^_-)-☆

———————————–

新潟の自宅にて

たちばなです。
長女の為にと妻が買った防寒ジャケット。

「なんと・・・800円だったよ!
ラッキー!」と妻。

「ラッキー!」はいいんだけどさ・・・・
あんまりにも安過ぎないか?

綿もシッカリ入ってる。フツーに暖かそうだよ。
裁縫に特段甘い点は見受けられない。

倒産にまつわる流れ品でも無いようだ。

恐らく、この文章を読んで
「800円」に驚かない人も多いんじゃないだろうか?

ワタシはそこに、
今後の日本経済の恐怖を感じるんだ。

おーい!
インフレターゲット2%はどうなったぁ~!?

おーい!
黒田日銀の第三、第四の矢はどうなったぁ~!?

おーい!
マスコミは、アベノミクスを成否分析をせんのか~い!?

我が国は・・・
ホンとにあるべき道を進んでいるのか??

明日以降もワタシはワタシのペースで
仕事はさせて頂くんだけどさ・・・
お問い合わせがホンとに多い。

諸事情あって、
面会に少しお待ち頂く方も出てきた。

粛々とワタシは仕事をさせて頂くんだけどさ、

ワタシなんかに、こんなに多くの方が
お問い合わせ下さる状況・・・・
かなりの恐怖を感じるんだ。

色んな経済指標が
あることは知っているけど、
それについてワタシは
イチイチ精査も分析もしていないけどさ・・・。

「肌感覚」として言わせていただく。
娑婆は良くなっていないよ。

中小企業を取り巻く
娑婆は決して良くなっていない。

優勝劣敗の顕在化は、
2017年も益々進むのであろうと考えています。

ワタシじゃなくてもいい。
第三者からの分析やアドバイスを受け、
「しばし見直す」という環境は、
多くの経営者に必須と思います。

かく言うワタシも、今年・・・
少し見直しをする部分がございます。

今後の更なる事業の飛躍の為に。
たちばなはじめの7年目。
もう1つ、次のステップに進むために。

—————————————-

自己破産させない屋・大阪支部の投稿から

たちばなです。
「法律を守る」とは、こう言うことでは?

これを知らない「先生」はいないはずなのに、
これを教える「先生」もいない。

そして、
「これを教える人がいないから・・・」と、
ワタシが教えようとすると、
「先生でもないくせに!」と批判を受ける。

世間って・・・・
良くワカランままに、
たちばなはじめは今年・・・
46歳になります(笑)

「納税の猶予」を活用して

「納税の猶予」
(国税通則法第46条・地方税法第15条)
を活用すると、1年を限度に納税を猶予されます。

さらに事情があるともう一年延長できます
(国税通則法同条7項・地方税法同条2項)。

この制度で「猶予」されると
延滞税が安くなるし、
「滞納」扱いではなくなるので、
自治体の制度融資を受けることが可能・・・
になるのが最大のメリットです。

勉強しましょう。

——————————————–

自己破産させない屋・大阪支部の投稿から

たちばなです。

納められる人は、絶対に納めるべきです。
優先順位を考えて。

納められない人や、
納める見込みのたたない人は、
法律を守って「軽減策」を取りましょう。

残念ながら、日本国内に
これを表立って教える人がほぼいません。

たちばなはじめが教えますm(_ _)m

税務署にはできない約束はしない。
した約束は誠実に。

分納の話し合いをするときには、
「できない支払いの約束はしない」事が大事です。

税務署や役所にきつい態度で迫られ、
その場の雰囲気で断れないと
思い込んで払えもしない金額で
分納を約束すると、
あとで「約束を守らない」と
ますます強く出られる
最悪のパターンになってしまいます。

自分の経営を見直した資料をもとに粘って、
できる約束を誠実に履行するのが賢い納税者の道です。

また、約束しても事情が変わって
払えないというときも商売にはつきもの。

そうしたとき、
1ゼロにせずたとえ少額でも払う
2こちらから電話等で事情を説明する 
などの誠実な対応をしておくことは、
あとの交渉で必ず生きてきます。

税の滞納処分には実情調査が必要である!

税の滞納処分により、
財産の差し押さえをする場合には、
国税徴収法という法律に沿って、
督促状発送や財産調査や実情調査などの
プロセスを踏まなければならない。

もちろん、滞納者や第三者を
保護するためのルールも定められており、
これに反する差押えは違法となります。

—————————————-

納める能力(原資)があるのに、
それを隠して納めなかったら脱税です。

脱税は犯罪ですからやってはいけません。

しかし・・・納める能力(原資)が無いから
納められないのは滞納です。

滞納を取り締まる法律はありません。

また、家族にひもじい思いをさせてでも
納める税金などありません。

だから、優先順位を考えるのです。

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE
※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ