名古屋から長野に向かう
「特急しなの」車中にて

たちばなです。
昨日は名古屋セミナー。

平日の昼間開催にも関わらず、
30名が集まって下さいました。

お陰さまで、
満員御礼を頂戴しましたm(_ _)m

三時間のセミナーの後に、
初めての座談会をテスト開催。

たくさんのご質問を頂きましてね・・・
喜んで頂けたんじゃないかな(^-^)

懇親会には参加者の7割ほどの方が
ご参加下さいました。

酒を飲みながら
「補講」を致しました(笑)
 

今回の名古屋出張では、
もひとつ目的があったんだ。

六本木で仲良く遊んでくれた
「おじさん」がいるんだけどさ・・・。

その、「おじさん」は、
昨年末をもって東京を引き払って、
故郷の熊本に帰ったんだ。
 

「引き払う前に一度食事しよう」って
言ってたんだけど、
ワタシの体が空かなくてね。

そのままになってしまっていた。

ずっと気になっていてね。
「おじさん」との約束が果たせなかったから。
 

そんな「おじさん」が、
名古屋に来る事を知ったのが数日前。

その日に1日だけ名古屋にいる、と。
 

名古屋セミナーの日じゃないか!(* ̄∇ ̄)ノ
 

そんなワケで、
三次会でめでたく「おじさん」との
再会を果たすことが出来て、
食事出来なかった事を詫びた。

向こうは、
そんなこと全然感じて
なかったみたいだけど(笑)
 

今日は、朝から二人の相談を受けた。
大した問題ではなかった。

一歩踏み出せば、
すぐにラクになるだろう。
 

本日は、13時半から長野セミナー。
特急しなので三時間。

昨晩は「おじさん」と再会できた
ウレシさで呑みすぎた( ̄▽ ̄;)

少し眠って、
長野セミナーのパワーをチャージする(^_-)

    
「おじさん」は、
近々に熊本で店を出すらしい。

是非遊びに行きたいので・・・・
どなたか熊本に仕事を作って下さらんか(*_*)

——————————————–

長野から新潟の自宅に向かう電車内にて

たちばなです。

昨日で、東京・名古屋・長野の、
三連チャンセミナーが終わりました。

本日、三件のご相談を受けました。
200万円から11億円まで(笑)

昨年末に初の長野セミナーに来てくれた。
今回で2度目のご参加の方。

 
ワタシの学生時代の
後輩から紹介された人だから、
仲良くなるのに時間かからず(笑)

少し前に、お父さんが亡くなり、
一人娘だった彼女が会社を継いだ。

ある日から突然に、
社員を抱える建設会社の社長さんになったワケだ。
 

役員には、
先代の頃からの諸先輩方が鎮座している。

気を遣いながらも、
どうにかこなしている辺りは
さすがだと、思う。

女性特有の配慮なんかもしているようだし、
話していてもそれを感じるよ。
 

彼女は現在、
特段資金繰りに困窮しているワケではない。
 

ただ、今後に高齢の
お母様含めた連帯保証人や、
不動産対策についてアドバイスを
求めて来たので、面談に応じたんだ。
 

現時点で、
彼女がしておくべき事は・・・
特に無かったよ(笑)

「今は、まだ大丈夫だから、
お母さんが死んじゃったら電話くれよ。

あと、役員間で人事のイザコザが
出てきたときにも電話くれていいよ。
トラブル対応は得意だから(笑)」

面談時間20分。
あとは、与太話。

快活で、話も小気味良い。
ワタシの話す内容もドンドン吸収していく。
彼女は、賢いんだよ。

今まで、学ぶ環境が無かっただけで、
彼女は賢い事業主だった。

酒は、結構強いと思うけど(笑)

弥生ちゃん・・・って言うくらいだから、
誕生日が近いんだろう。

酒の席でアピールしてたけど・・・
オレ、知らねーからな!(笑)

他を当たってくれ(* ̄∇ ̄)ノ
 

5日ぶりに家に帰ります。
在来線乗り継ぐと、3000円で家まで。
三回も乗り換えるけど( ̄▽ ̄;)

—————————————

新潟の自宅にて

たちばなです。
 

はじめてお目にかかったのが3年前。

神田小川町に事務所を借りてから
すぐだった頃のご相談者。
Lさん。関東地方の40代男性。

近親者間で、
衣料品の卸や販売を商う事業主だった。

HPから問い合わせ下さって、
面談したんだけど、
初回の面談では、
なかなかに抵抗が強かったらしい。

「なるほど~・・・
少し持ち帰って検討します。」と言って、
そのままになっていた。
 

その半年後くらいに
Lさんから再度連絡を頂いて、

「会社の人間にもたちばなさんの
話を聞かせて再度検討に入りたいから、
ウチの事務所に来てくれないか?」と。

神田小川町から電車で
一時間ほどのところへ出向いた。
交通費と面談料で・・・
1万円貰ったように記憶している。

事務所であるマンションの一室に入ると、
そこは衣料品の在庫が積まれ、
その間の空きスペースに
「仕事スペース」があるようなところだった。
 

二度目の面談では・・・・
やはり負債額と債権者数が増えて、
保有している資金量は減少していた。

「放置したことで病巣が
深く浸透してしまった」
という風に表現できるだろう。
 

【躊躇即ち損失】の典型例だといえる。
 

失礼な物言いであるが、
大した不動産を
保有していなかったので、
まあまあ「ほっとけ」であったが、
「債権者に抵抗する」という事に、
Lさんや一緒に仕事をする
近親者の恐怖感が強かったので
契約することに。

事前にいくらかの
準備作業を施した以外は、
基本的に「放置」して、
債権がサービサーに廻るのを待ってもらった。
 

チョイチョイ電話くれていたのは、
初めの二か月程度だったと記憶している。

その後に、Lさんからの
音信が途絶えて・・・・
二年は経過していたと思う。
 
「便りが無いのは元気な証拠」
 
「ほっとけ」だから、
こちらからワザワザ電話を掛ける事もない。

心配だったりわからない事があれば、
Lさんから電話は来るだろう、
って思っていたし、
実際に他のクライアントも皆そうだ。
 

Lさんに対して、
コチラが予め設定した
月額のコンサルフィーは、
その後、Lさん側から一度だけ
減額要請があり、
コチラが了承した上で、
きちんと振り込まれていたことを申し添える。
 

そんなLさんから先日、
こんなメールを頂いた。

固有名詞や、
匿名性に支障の出るところは
最低限の加工を施した
文章であることを申し添える。
 
 
::::::::::::::::::::::::::::::::::
たちばな様
 
お世話になっております。
その節は大変お世話になりました。

以前
株式会社××という会社をやっていた、Lです。
 

その後かなりの時間が経過しての
ご挨拶となり大変失礼かと思いましたが、
日々のメールマガジンを読ませていただき、
メールをさせていただきました。
 
たちばな様へお力添えいただき、
現在は会社経営を辞め、
サラリーマンに戻って1年が経過しました。

決して順風満帆ではありませんが、
資金繰りがどうにもならない時の
気持ちに比べれば、
何とかなる!
何でも出来る!
という気持ちで取り組んでおります。。。

もちろん再度自分の会社を持つ
野望も捨ててはおりません、、、
 
しかし、たちばなさんへご相談にして
”そんなにうまく行くの?”
”借金取りが乗り込んでくる!”、
色々な心配をしている人にも
経験者の一人として伝わることがあれば!
と思いメール致しました。
 
マルホ、政策金融公庫、プロパー200万
=合計約4400万

銀行が自宅に来たのは、
プロパーの短期200万について
1回だけでした。

その後は政策金融公庫からの電話、
銀行からの電話がくるだけ・・・・
電話に出なければ、、手紙が届き、
やがては債権会社から
電話などがたまにくるだけ・・・・
 
自分自身も拍子抜けするくらい
何も大事が起こらなかった事実。。。。

まぁ、債権会社によっては
しつこい電話が来ますが、
出なくてもいいし、
出て払えません。。。って言えば
いいやっていう度胸もつきました。

嘘ついてるわけではないですしね。。。
 
それからもメールマガジンを読み、
更に自分なりに保証協会の事、
借金に対する事実、対応の仕方、
何を優先にするかなど、
これからの人生においても
考え直す事ができ、勉強にもなりました。
 
融資、借金に対する”国語”を。。。

知らないとは怖いことで、
この事実を知る、知らないで
大きく人は変われると・・
もちろん勇気と行動力は自分次第ですが。。。
 
たちばなさんが仰る通り、
優先順位を間違えている
経営者が殆どかと思います。

※私が勤務している代表も、
優先順位が1銀行(銀行の信頼)、2仕入先3社員
 
しかしそれは経営者が悪いわけではなく、
”知らない”がそうゆう方向に
考え方をさせてしまうものかと思います。
 
私も借金を返さないことを決して美徳!
と言っているわけではなく、
会社経営を成功させ、
会社を大きく!金持ちに!を目標にし、
銀行にもいい思いをしてもらおう!
って思っていたんですけどね(笑)
 
乱筆乱文になってしまいましたが、
起業しての失敗、他借金での失敗。。。

しなくていい事だけど、
してしまったから自殺、
人生終わり、なんてもったいない。
 
そこを乗り越えられたなら、きっと拓ける、。
少しの勇気と少しの知恵さえあれば。。。
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
心温まりましてね・・・・。

すぐに皆さんに報告したかったんだけど、
セミナー行脚とお酒の席が続いていたので、
なかなか投稿できなかった(笑)
 
 
この仕事ももうすぐ丸6年になります。

初期の頃の「世間の逆風」はもの凄かった。
みんながワタシを「チンピラ」扱いした。
  
現在も、その評価する方は
多いだろうけど・・・でも現在は、
たくさんの支援者に支えられている感覚がある。

その分、かなりラクに仕事が出来ているよ。
 

7年前に、周辺からは
「金持ちのボンボン」と評されながらも、
実際は6億円の借金返済の為に、
極貧生活をしていたワタシ。

にっちもさっちもいかなくなって、
今の知識を得る前に
弁護士事務所に行ったんだ。

破産をしようと思って。

そしたら費用が350万円だって
言われたんだ。

別の弁護士のところにも相談に行ったんだ。
そしたら費用が400万円だって
言われたんだよ。

絶望したよ。
 

その後、とあるコンサルタントに
相談したら言われたんだ。

「返済するから借金終わらない。
返済やめたら借金は5年で終わるよ。」って。
 

怖かったよ。
銀行に対峙するって怖かったよ。
 

でもさ、当時一人娘だった長女が、
「パパ、だっこ」って言うんだ。

その時、
頭の中をよぎったんだ。「優先順位」って。
 
「銀行と自分の虚栄心」を守るのか?
「娘の将来」を守るのか?
その選択だよ。
 

まさに、Lさんと同じ心境であり、
同じ躊躇を重ね、
勇気を出して一歩踏み出したら・・・・
そこには数多くの「虚像」があったんだ。

その虚像が、
「虚像だよ!大丈夫だよ!」を
教える人間がいなかった。

ワタシは「教える人間になろう!」と決心したんだ。
6年前に。
  

Lさんとは、
もうしばらく音信していない。

でも、
こんなメールをくれたという事は、
Lさん自身も、
「ぜひみんなに伝えたい!」と
思ったからではないだろうか?

そんな思いをワタシなりに咀嚼し、
匿名性を確保した上で投稿する。
 
 
ワタシを否定するのは簡単だ。
否定する人に申し上げる。

「代替案を持ってこい」と。
 

その代替案が、ワタシの考えより、
合理的で即効性があり、
周辺への配慮がなされているものだったら、
ワタシはそれを受け入れる。
 
でも、あるか??
反論できるか??
ワタシ以上に成果を産めるのか??
 
 
慢性的な資金ショートの企業に、
「資金調達で事業再生!」だと!?
笑わせるな!

こういうのを
【穴の空いたバケツに水を入れる】
と言うんだ。
 

借金返済がキツイだろうから、
「リスケして事業再生!」だと!?
んなもんタダでやってやれ!

リスケしていつ借金が終わるんだ!?
その前に、
社長が死んでしまうだろうが!

昨夕に6日ぶりに、
新潟の自宅に帰った。

夕食の際に、
次女と三女が「パパ、だっこ」と。

思い出すよ・・・
返済停止しようと決断したあの頃を。

Lさんがメールをくれて、
また思い出させてくれた。

Lさんがワタシに感謝の意を持って
メールくれたのと同じ様に、
思い出させてくれたLさんに
感謝の気持ちをワタシも持っている。
 

————————————–

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

<バックナンバー>
メールマガジンのバックナンバーは
こちらより確認が出来ます。

http://tachibanahajime.net/

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ