style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


以前にも何度か申し上げています。

会計法上、

「債権者が債務者から
担保物件を取り上げ、
売却し換金した後の残債権は、
期中に損金計上しなければならない。」
と・・・・。

つまり、債務者は
担保物件を手放せば、
全ての人間が無借金状態になる、
という事です。

では、
銀行が期中に損金計上する時、
どの様に損金計上するのでしょうか??

債権回収会社(サービサー)に売却するのです。

銀行が不良化した債権を、
サービサーに売却するのですから、
当然額面通りに売却するはずありません。

ではいくらで売却するのか・・・・。

それは最大で 「1000円」 です。

1000万円だろうが、
1億だろうが、
10億だろうが・・・・・
サービサーへの売却金額は
1000円以下です。

サービサーは、
1000円で”仕入れた”債権をもとに、
債務者に売却前の額面で
請求するのです。

つまり、10億円の債権を
千円で仕入れて、
10億円の返済を請求する、
という事が公然と行われているのです。

一般の”シャバ”では
全く考えられない商業実態です。

これが今現在も行われている、
というのが金融業界のウラの顔なんです。

最初は額面通り請求し、
返済のめどが立たない債権先に、
「債権の値引き」をちらつかせ、
債権額の十分の一か、
二十分の一程度に圧縮し、
債権先を揺さぶり、
少しでも多く債権を
回収しようと画策するのです。

彼らは、債権を
1000円で仕入れているにも関わらず、
です。

こんな歪んだ商業実態が
公然と行われているのです。

「これはおかしい!」

と思った、メルマガ読者の方々、
あなた方の感覚は間違っていません。

そして、以前にも
リンク先を張り付けましたが、
「貸し手側の責任を問う会」の
国会議員連盟でも、
こうした暴利取得を
やめさせようという動きが
出てまいりました。

いずれにしても、
こんな歪んだ商業実態は
看過してはいけません!

我々は、サービサーの
手の内はほぼ理解しています。

彼らの弱い点を知っています。

法律家は、法的に
この債務を消そうとします。

そのために一番手っ取り早いのは、
自己破産です。

我々は、
この自己破産をさせないのです。

自己破産のメリットとデメリットは、
わざわざこちらで記載しません。

国内法は、絶対的に
債務者が強い様に出来ています。

自己破産なんかしなくても
借金をキレイする事が出来るんです。

金融業界は、
我々が思っている以上に、
黒く濁り、淀んでいます。

歪んでいます。

今後も情報を仕入れては、
暴露して参ります。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

<バックナンバー>
メールマガジンのバックナンバーは
こちらより確認が出来ます。

http://tachibanahajime.net/

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ