こんにちは。たちばなです。
東京神田小川町の
当方事務所からの発信です。

大阪、福岡天神、
福岡博多とセミナー行脚を
させて頂きました。

三泊四日の旅程を終え、
昨晩、東京に戻りました。

おかげさまで、
ありがたいご縁を複数頂き、
意気揚々と東京に戻ることが出来て
うれしく思っています。

さて・・・
誠に僭越ではございますが・・・

この度、セミナーの映像を
年末年始の期間限定で
20%オフのセールを
させて頂いております。

・セミナーの時間帯が合わない
・セミナー会場が遠い
・交通費の捻出がキツい
・泊まりがけでは行けない

等々、拠ん所なき事情により、
ご聴講頂けない方向けに
お求め易くするために割引を
設定いたしました。

今後も、
精力的にセミナーを
展開して参るスタンスは変わりません。

引き続き宜しく
お願い申し上げますm(_ _)m

詳細やご購入はこちらからどうぞ。
https://share-wis.com/courses/syakkin-shinjitsu

さて、本日も
SNSに投稿した記事にお付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間を
ワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧に
なるのでしたら幸いです<(_ _)>

——————————————–

一年前の自分のSNS投稿を振り返って・・・。

たちばなです。

「事業再生」など、
ワタシはおこがましくて口に出来ません。

ワタシの出来る事は、
「資金繰り支援」。

ワタシのしている事は、
補助でしかない。

【儲けやすい環境はコチラで作りますが、
儲けるのは事業主であるアンタだ!】

事業を再生できるのは、
事業主以外にいない。

事業主が志と強い意思を
持ち続けた時のみに実現するんだ。

事業主の再生の補助を
引き続き継続して参ります。

大阪に出掛けますm(_ _)m

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。

FACEBOOKで友達になって
数年経過していた人、Aさん。
50代男性。関東地方の事業主。

本人も投稿しないし、
ワタシの投稿に対しても
何のレスポンスも無い。

繋がっていたか、
繋がっていなかったか、
という事すら忘れそうだった人。

そんなAさんがメッセージくれた。

「お久しぶりです。
新潟でお休みのところ申し訳ないですが、
Skypeでの面談をお願い出来ませんか?」
というもの。

ワタシが今日だけ新潟で
OFFだって言う事は把握していた、
という事だから、
きっとずっとフォローは
してくれていたんだろうとは認識したよ(笑)

そんなワケで、
自宅で昼食を摂って、
少し昼寝をした後にSkypeで顔を合わせた。

「あ~・・・そうそう、
こんな顔の人だったわ。」
という感想を持ったのはワタシ(笑)

まだワタシが池袋を拠点に仕事していた時に、
池袋で定例セミナーやっていた頃の聴講者だった。

ワタシの池袋時代って・・・
まだ二年少々前の話。

そんなに前の話じゃないという
印象持たれるかもしれないけど、
ワタシ的にはチョー大昔の話。

神田小川町に事務所を
持つようになってから、
飛躍的に業績が好転した。

どういう理由かは良く解らない。

タイミングの
問題だったのかもしれないし、
なんかの戦略が
ハマったのかもしれない。

未だになんで飛躍的に好転したのか解らない。

ご相談件数が増えたのは確かだけど、
それより何より大きかったのは、
ご相談者の事業規模が大きくなった事。

つまり、負債総額と
月額の元利返済額が
格段に増えた事だったんだ。

負債はともかく、
月額元利返済額が大きければ、
我々の取り計らいで
依頼人に果たせる
経済的貢献度は
飛躍的に高くなるのは自明の理。

今まで返済していたものを
返済しなくするのだから、
それまでの返済額が大きければ
当然貢献度が大きくなる。という事。

それと連動して、
我々の頂戴するフィーも
増加するのだから、
ワタシの会社の業績も良くなる、という理屈。

ご相談者のAさんは、
「池袋時代」に知り合った方だったので、
負債の額は期待してなかったけど・・・・
約8億円あった(!)

月額の元利返済は、
リスケジュールを実行してはいたものの、
約240万円。

現在の事業の月商が
4000万円程度である事から推察すると、
かなり厳しい状況なのは明らかだよね。

こんな状況でAさんは
ワタシにSkype面談を要請してきたんだ。

もっと早く連絡くれりゃいいのに・・・・。
本当にもったいない話だよ。

「2年くらい前から、
「再生支援協議会」って言うのが会社に入って、
事業の継続について
協議を重ねている」って言うんだ。

ワタシ、すぐに言い返したよ。

「再生支援協議会が会社に入って、
業績や資金繰りが安定した会社なんて、
ワタシはきいた事がありません。」って(笑)

ワタシは関わった事無いから
詳しくは知らないけど、
これまで再生支援協議会での
支援を受けながら、
結局上手くいかずに
ワタシのところに相談に
おいでになった人の話をまとめると
こうなるんですよ。

銀行のからの要請(仲介)によって
再生支援協議会との関わりを
持つ事になるんだけど、
そこで話し合われる事って・・・
結局ここに行きつく。

【いかに銀行への返済を実行するか!?
その為に、対象企業が
出来る事とはなにか!?】という事。

企業側は、如何に事業を
継続していこうかを
考えているんだけど、
協議会は如何に返済を
実行するかを考えるんだよね。

各々の思惑が相反しているんだから、
上手くいくわけはないんだよ。

協議会が絡んだら、
銀行がその為の資金を融資する、
って言うんならまだ話は解るけど、
そんな話も出てこない。

でも、企業側は、
それに抗う知識とノウハウを
持っていないから・・・結局言いなり。

これじゃ企業は良くなるはずないね。

今までに何度も何度も
書いてきたけどさ・・・・
「事業の再生」に必要なモノを
考えようよ!もう一回考えようよ!

事業に関わる、
顧客(取引先)は・・・必要

事業に関わる、
仕入先は・・・・・・・必要

事業に関わる、
従業員は・・・・・・・必要

人生に関わる、
家族は・・・・・・・・必要

事業に関わる、
カネを貸してくれない銀行は・・・・
必要ないよね。

協議会や銀行が、
返済原資を捻出する為に、
企業に対して顧客を
紹介してくれるって言うんなら、
「必要な部類」に入るだろうけど、
そんな事は、ぜっ・・・
たいにしないよね(笑)

でも、企業側が一番欲している
情報はそこにあるんだよね。

でも、協議会が一番企業にして
ほしい事は銀行への返済なんだよね。

だって・・・協議会って、
銀行の斡旋によって
企業に入り込むんだから、
銀行に楯突く事が出来ないんだもん。

そして・・・ほぼ役人じゃんか。

銀行の人も、協議会の人も、
会社を経営したことなんか無いよ。

だから中小企業の内情なんか誰も解らない。

再生支援について話し合う事は、
銀行への返済の事ばかり。

中小企業の経営に
何年間も関わってきた人たちが、
中小企業の経営なんかしたこと無い人に、
中小企業の経営について教えを乞う・・・・
この歪みに気づかなきゃいけない。

この時に、
本当に事業の再生について必要な、
顧客・仕入先・従業員・家族への
対策について話し合われる事なんか
無いんだよ。

本当に大切で必要なモノは、
こちら側にあるのに。

マイノリティである
ワタシの仕事に対して、
毎日のように批判がある事は
これまでも話したけど、
批判されるべきは、
現状ある中小企業経営者の
「見識と認識の甘さ」にあるんだよ。

これに反論出来る人っている!?いたら、
ここにコメント頂戴よ。

「木を見て森を見ない」

目先のお金や、
実体の無い社会的信用、
虚栄心、
世間体、
これが優先する余り、
強大な資金力を持つ銀行への返済や
支払が優先され、
弱小な資金力しか持たない仕入先や
従業員や家族への支払いが後回し。

これのどこが再生なの?
これのどこが再生支援なの?
これのどこが再生支援を協議しているの?

如何に弱い者いじめを
正当化するかを支援する
協議会じゃんか!

これにも反論がある人・・・・
コメント頂戴よ。

みんなさ・・・
ガキの頃に言われなかった??

「弱い人を助けなさい。」って。

オレは死んだ親父に言われたよ。
「弱きを助け、強きをくじけ!」って。

オレは親父の教えを守ってる。

今の仕事に社会から
批判が少なくないのは知っているけど、
オレは親父の墓前に堂々と報告出来るね!

親父は絶対にオレを
批判なんかしないよ。
親父の教えを守っているから。

そして、ワタシは
この仕事を堂々と行い、
採算を合わせ、家族が飯を喰うんだ。

オレは一番弱い家族を守るよ。

次に弱い従業員は、
守れるかどうかわからないから、
そもそも雇わないよ。

取引先に未払い無いよ。

仕事の「あがり」で
子供が飯を喰うんだ。

やましい気持ちなんかあったり、
人をだましたりして、
稼いだって子どもにめしなんか
食わせられないよ!

ワタシの仕事は、
「経済人として」とか、
「事業主として」とか、
そんな事を言っているんじゃないんだ。

「人として」の話をしているんだよ。

もっと人間としての
本流にある部分を話しているんだ。

こんな話を、
AさんにPCの画面越しに話したんだ・・・・・・
予想通り伝わらなかったよ(笑)

3年も前に、
話したワタシの情報なんか、
ほとんど忘れてたよ。
なんとなく電話してきた感じ。
Skypeでも伝わらないわ(笑)

つけてやるクスリなし(笑)

マイノリティがマジョリティに
立ち向かうってね・・・・
ホントにしんどいんだ。

批判されるのも
気にしないようにしているけど・・・・
結構メンタルやられる(笑)

今日はどんな批判が待っているかね。

昨日一日休んだ。
一応リフレッシュはされたよ(笑)

今日から一泊二日で上京します。

福井県から税理士さんが
ワタシを訪ねてくださる。
福井は仕事ではまだ行ったこと無いな。

新たな市場開拓になると良いのだけどね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

————————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

※事務局からのご連絡です。
今年1年、ご愛読を頂きまして
ありがとうございました。

新年が1月5日より
配信を再開いたします。

引き続きのご愛読を
よろしくお願いいたします。

どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ