大阪から博多に移動中の
山陽新幹線車内から

たちばなです。
  
 
「自力救済の禁止」
という法律があるんだ。

【当事者の一方が、
契約上の義務を履行しない場合、
相手方が法律上の手続きを踏まずに
自分の力で履行させること。】
を禁じているのがこれなんだ。

https://goo.gl/1At3KN

互いの営利目的で契約が成立して、
どちらかがそれを
満たせないからと言って、
相手方が怒りに任せて
無謀な回収をしてはいけない、という事。

まさに、
「融資が投資である」という事を
裏付けるものであることは間違いない。
 
 
でもさぁ~・・・
すんごく不思議なんだよね。

自力救済の禁止に関しての
判例を調べると・・・・

・アパートの家賃の不払い
・取引先への未払い
・友人へ貸したカネの回収
・万引き犯人の画像公開などなど・・・・

いろいろと判例が
記載されてはいるんだけどさ・・・

不思議と、
銀行含めた貸金業者からの
借金返済困窮者に、
債権者が無謀な回収をする、
という事例は
記載されていないんだよね。
 
 
借入金の返済が出来なくなった
資金的困窮者に、
貸金業者が裁判所の許可を得ずに
回収行為をすることは、
間違いなく「自力救済の禁止」
になりうるのに、
その判例がWEB上では一切記載されていなんだ。
 
 
ワタシは、
6億円の借金があって、
リスケジュールをしていたとは言え、
平成22年までは毎月元利返済
約180万円を実行していた。

そして、
資金的困窮が頂点に達した時に、
「返済を停止しながら
事業を続けられないか?」と考え、
それを実行するに
至ったんだけどさ・・・

やっぱり、
「自力救済の禁止」は正しかったよ。

銀行員は無謀な回収なんか
して来なかったよ。

ワタシがおっかない顔を
しているから回収されなかった、
と考えるのはいささか無謀だろうね(笑)
 
 
数日に一度、電話はかかってきた。

「返済はどうなっていますか?」とか
「返済資金出来ましたか?」とか。

そのたびに、「まだです。」とか
「もうちょっと待って」とか言って
電話切っててさ。
その電話が頻繁になってき始めると・・・・

「ちょっと待てよ!
あんたからの電話がくるたびに
手が止まっちゃうんだ!
ますます返済遅れるぞ!」
ってキツめに言うと、
しばらく電話が来なくなる(笑)
 

そんで、向こうが電話越しに、
「もう待てません!
返済してくださいよ!」
って言ったら、

「返すよ!返すから貸せよ!」
って返したんだ(笑)

そしたら、
「貸せないです!」って言うから、

「じゃ返せねーな!」
って言ったんだ(笑)

もうガキのケンカ(笑)
 

「ウチはプロパー分もあるんですよ!」
ってワタシに言うもんだから、
「そりゃアンタが
オレを買い被ったんだろ!?」
って言ったら、帰っていった(笑)
 
 
こんなやりとりが3か月ほど続いた後に、
「期限の利益の喪失」を迎えると、
後は書類上のやり取り。

その後一切電話は来なくなるんだよ。
 
  
この情報・・・・ホントは、
ワタシみたいな人間が
書くんじゃなくって、
法律家が書いて
情報拡散すべきなんじゃないかな??

「自力救済の禁止」という法律が
ある事を理解して一番喜ぶのは、
資金的困窮者であり、
その資金的困窮者の大半が
借金返済困窮者なんだから、

「借金は無理に返済しなくても、
自力救済の禁止と言う法律によって、
家にドカドカ乗り込んでこられたり、
身ぐるみはがされることなんかありません!」
って法律家が書くべきなんじゃないかな??
 

・アパートの家賃が
払えない住人もいるだろう

・取引先に未払いがある
業者もいるだろう

・友人から借りた金が
払えない人もいるだろう

・万引きする人もいるだろう
 

でもさ・・・
銀行からの借金返済
出来ていない人の方が
多いんじゃないかな??

多くの人を助ける為に
法律家がいるのであって、
借金に困っている人を助けるのが
弁護士であり司法書士なんじゃないかな??

それなのに、判例は、
借金返済に関するものは記載されない。

銀行だろうと、大家さんだろうと、
仕事上の関与先だろうと、
友人だろうと・・・・
法律はみんなに一緒なんだよ。

なんで、
銀行含めた貸金業者の借金だけは、
「絶対に返さないと、未来が無い」
という社会認識があるんだろう??

借金苦で死んでいく人は
引きも切らないのに、
ここに手を付ける志を持つ法律家が、
圧倒的に少ないのだろう??
 
 
きっとワタシの知らないところで、
その情報を拡散させない
「大きな力」が
働いているのかもしれないね。
 
 
「自力救済の禁止」に加えて、
「貸金業法第21条」という
法律があることも付け加える。

http://saim-seiri005.com/toritate-kisei-gaiyou/

 
たかだか、借りた金が返せないことくらいで
身ぐるみ剥がされることなんかないよ。

しっかり下準備をしてあればね。

 
 
ところで、今朝ね‥‥
二人の事業主を個別面談した。
 

二人とも、借金返済停止を
実行した時の恐怖心が凄く強かった。

「借りた金を返さないなんて・・・怖い」
って言うんだけど、
ひとりは借入金残高が約6000万円。

リスケジュールして、
利息分の40万円のみ支払っていると。

もはやこの人、
借りた金を返せていない事に気づいていない。

つまらなくて安っぽい
ヒューマニズムにほだされて、
本来の事業目的が
全く達成されないばかりか、
周辺にその不幸を巻き散らかして、
資金的余裕のある銀行への
利息払いを実行する。

これがいかに、迷惑行為で、
社会悪な行為かが
ぜーんぜん理解できていないんだ。
 
 
ワタシはこんな
「知識とスキルと戦略」の無い困窮者に、
「知識とスキルと戦略」を与えて救済に導く。

途方もない「ベンチャー事業」だと思うよ。

ベンチャーを通り越して、
もはやアドベンチャー(笑)
 

でもだからこそ、
そこに勝機があり、
商機があると思っています。 

 
もう600回以上セミナーやっているのに、
全然社会に浸透しないよ。

また妻に言われるよ・・・・
「パパは無力なんだね。」って(-_-;)

————————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ