style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


さて・・・先日、
興味深い人物に出会いました。

「T」さん。

先月開催した、
白金台のセミナーの
聴講者の一人だった方で、
後日面談依頼を頂いて、
秋葉原で面談しました。

東北地方出身の29歳。

男性経営者。

会社も順調。

生活資金に困っている様子なし。

「ご依頼内容は?」と聞くと・・・・

「先日のセミナー、
面白かったです。

今、私は資金的には
困っていないんですが、
投資用のマンションの
ローン支払い金額と家賃収入が
いくらか逆ザヤになっているので、
マンションを手放したいんです。

たちばなさんの仕事が
興味深いので、
ただ手放すよりも、
マンション手放して、
残債権が法的にチャラになっていく
様子を体験したいんです。」

との事。

資金的に困っている人ばかりを
相手にしている私にとって、
クライアントから頂く
初めてのタイプのニーズでした。

同時に、
「Tさん、発想が私と近いかも・・・」
って思いました。

私の場合は、
元・多重債務者として、
苦しんだ経験を元に
現在の仕事があるわけですが、
彼は多重債務者ではなく、
今後のリスクヘッジとして、
資金に余裕があるうちに
体験しておきたい、と言うのです。

頂いた案件としては、
普通のマンション投資ですから、
それほど複雑な案件でもなく、
我々にとっては難しい事ではないので
今後の手順を打ち合わせし、
一時間ほどで別れました。

もともと、
人生のリスクヘッジとして
私の仕事がある、
という理想論を振りかざして
セミナーをしてはいましたが、
いざ、本当に資金に
余裕のあるうちに
依頼を頂いたのは今回が初めて。

少々の驚きがありました。

「先見の明」

そんな言葉が彼には
ピッタリあてはまります。

私の会社名である
「エム・イー・ピー」は、
「my experience product」の略。

「自分の経験を”生産”する」
という意味を込めてつけた名前です。

Tさんは、
まさにこの経験を踏まえて、
自分の糧にしようとしているのです。

更に彼の話を聞いていけば、
東北の出身。

そんな彼曰く、
震災に会い、
負債を抱えたまま仕事も出来ず
苦しんでいる人たちが
自分のまわりにたくさんいる、
との事。

まず、自分が体験して、
地元の仲間を数多く助けたいんだとか・・・。

なんと泣かせるじゃありませんか! 

私も喜んで協力することにしました。

尤も、私は仕事として
成功報酬を頂くので、
これを協力と言うのかどうかは
わかりませんがね^^;。

彼には、
この”体験”を糧にして
いただけたら嬉しいです。

出来れば私も一緒に
東北の多重債務者を
お助けできればいいなあ・・・と思いました。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

<バックナンバー>
メールマガジンのバックナンバーは
こちらより確認が出来ます。

http://tachibanahajime.net/

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ