たちばなです。

福岡市内の20代若者二人。
ともに25歳。

A君は、奨学金で150万円と、
消費者金融で50万円の借金。

毎月5万円の返済がキツいと。
奨学金は、母親と叔母が連帯保証人。

「母と叔母に迷惑かけたくない」と、
比較的切羽詰まった様子。
 
所有不動産なし。
母親がなにかしら所有している様子。

もしかしたら叔母さんも
所有しているかも。

そんな事ばかり考えていて、
大事な質問が後回しになってしまっていた。
 

「ところで・・・A君は、仕事何してるの?」
とワタシが訊いたら……
「あ、オレ、今は無職です。」と(-_-;)
 

更に話を訊けば、
奨学金で大学卒業してから
一度も働いておらず、
単発のバイトで凌ぎながらの実家住まい。
奨学金の150万円が虚しい。
 

「A君、お母さんと叔母さんに
迷惑をかけない方法は・・・働く事だ!
それ以外に無い。働け!
一所懸命に働いて返すんだ!」
  
 
続きましてB君。
フリーターで月収は約10万円。

「借金はあるが返済出来ていて、
特に困っていない」と。
 
「両親が破産したんですけど、
メリットって何だったんですか?
1枚だけ免責しないで
カードを残したんだけど、
しばらくしてカードが使えなくなったんです。」
と、更にワタシに。
 
 
あのぉ~その実態を昨日のセミナーで
話したんだけどな( ̄▽ ̄;)
 
 
「カードを使いたいと思ったら
破産しちゃいけないんだよ。
破産したらカードを使えないのは当たり前。

ご両親が破産に使った
費用の数十万円は、
使わなくてよい費用だった、と言うこと。

大変失礼ながら、
無知が及ぼす無駄遣いだったね。」
 
 
「あ、そうなんですか。」と。面談終了。
  
 
「近頃の若者は・・・」などと言うほど、
自分は老け込んではいないつもりだけれどさ・・・。
 
 
親族に迷惑かけたくないというわりに働かない。
という若者と、
月収10万円で、生活が事足りてしまう。
という若者。
 
  
近頃の若者は・・・
良くわからんな( ̄▽ ̄;)
 
良いクルマに乗りたいとか、
カワイイ彼女を連れて歩きたいとか、
そう言うニーズを感じない。
ただただ食い繋いでいるだけ。

生きるエネルギーを感じない。
 
  
日本という国家のエネルギーが
「下ブレ」していくような
感覚にとらわれた日曜日。
 
 
そして、事も無げに
2000円をワタシに支払う二人。

ワタシは、
その二人から2000円ずつ頂戴して、
今日も福岡で三時間おしゃべりをする。
   

オレの仕事は・・・
やっぱりヘンな仕事だ( ̄▽ ̄;)
 
あ~~……ウチに帰りてぇな(-_-;)

——————————-

大阪天満橋セミナー聴講者の
田村薫さんのブログ投稿

【借入金は返済してはいけない!?
親子経営における会社の立て直し】から

http://jigyo-shokei.com/archives/1829#i

たちばなです。
 
大阪・天満橋で、
とある団体にお招き頂いた際の
聴講者のお一人が、
感想をしたためて下さいました。

大変詳しく述べてくださり、
熱心にご聴講下さった事をウレシく思いました。
 
明日は、東京神田小川町での定例セミナー。
通算で600回目の記念セミナーです。
だからと言って、
何かがあるワケではありません( ̄▽ ̄;)
 
東京に帰りますm(_ _)m

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

約2兆円の有利子負債を抱えて
経営危機に陥った日産。

JALもまた、
約2兆3000億円の有利子負債を抱えて、
会社更生法の適用。

それぞれに、カルロス・ゴーン氏、
稲盛和夫氏といった、
カリスマ経営者を投入し、
今ではその危機を乗り切っています。

二人の経営者は、もはや英雄です。

しかし、
彼らがはじめにやったことは、
一般道徳においては、
やってはいけない事だったといえば
言いすぎでしょうか。

こんにちは。
中小企業二代目サポーター田村薫です。

初めて決算書を
見せられた時に判明する衝撃的事実

自分に責任のない借り入れを負う後継者

創業者であるお父様が急逝し、
母親から家業を手伝ってくれ、
と呼び戻された長男。

会社の状況を整理していくと、
売上3億円の製造業が負う借入金は10億円。

一瞬、めまいがしたといいます。

また、あるケースでは、
父の会社に10年ほど勤め、
明日からお前は社長だ。

そう父から言い渡され、
初めて見た決算書の借入金は6億円。
保証人の欄に
実印を押さなければならない。

しかし、その時に
本当にこれが最善なのだろうか、
という思いは頭をよぎったそうです。

今はそれを受け入れるしかない。

そんな風に思いながら、
渋々実印を押したといいます。

何よりも借金返済を
優先させる事の不思議

借りた金は、
返さなければならない。

これはごく一般的な常識として、
私たちの心の奥底にもつ意識です。

その常識のせいで、
多くの尊い命が失われるとしたら、
どうとらえるかは難しいところです。

会社の経営に限って言えば、
誰しもが成功を信じて、
そこに向かって行動しているはずです。

しかし、その失敗で借金が膨らみ、
数十万円~数百万円の借入金が
返すことができず
自ら命を絶つ人が後を絶たない。

その命の重みと、
借りた金は返さなければならないという常識。

これを天秤にかけることが
できるのでしょうか。

金融機関にとっての融資
融資は投資

先日あるセミナーを聴講してきました。
有事の際の資金繰りを
専門としているコンサルタントの方の
セミナーです。

ここからは講師の方から
許可をいただきましたので、
その際のお話しを少し共有したいと思います。

私たちがたとえば、株や投資信託、
その他さまざまな金融商品に投資したとします。

当然リスクが伴いますが、
投資した結果、損が出たとしましょう。

その時に、株を買った先に
怒鳴り込んでいくでしょうか?

恐らく世の中は
そのようにはできてなくて、
投資はあくまで自己責任です。

損が出れば、自分の責任です。

では、金融機関からみた
融資はどうなのでしょう?

審査を行い、
融資の限度や利率を決めるのは、
金融機関です。

借り手が決められることはほとんどなく、
一方的に決められた条件で融資を受け、
一方的に決められた方法で返済します。

講師のお話によると、海外では、
金融機関にとっての融資は
投資であるという考え方が浸透しているそうです。

つまり、貸した金が返ってこないのは
金融機関の自己責任。

金融機関が、
誤った融資(投資)をした事に他ならない、
という感覚が当たり前だといいます。

大企業は借金を普通に踏み倒している!?

ここで冒頭の日産、JALの
ケースを考えてみると、
合点がいくかもしれません。

これらの大企業の経営再建の中で、
早い段階で行われたのが、債権放棄。

つまり、
借金をなかったことにしたわけです。

まいつき、ドクドクと流れ出る
出血のようにお金が出ていき、
それ自体が利益を生むこともない
借入金の返済。

この止血を行ったのが、
世に名だたる二人の経営者が
初めに行った対策だったようです。

銀行としては、
焦げ付いた債権にこだわるよりむしろ、
経営を立て直した際に
貸しを作っておいたほうがいいとか、
銀行の会計処理の事情などがあるようです。

債権放棄ですから、
銀行が「もうお金は返さなくていいですよ。」
という決断をしたわけです。

返せと言われたお金を
返さなかったわけではなく、
銀行が返さなくていいといったわけですから、
見た目はきれいです。

しかし、結果としては一般常識で言う、
「借りた金は返さなければならない」
という道徳観にのっとると、
これらの企業は非道徳的な手法で
復活したわけです。

しかし、
それを責める人はあまりいません。

中小企業の社長は、
命を賭して借入金返済に奔走しているのに、
大企業は銀行が債権を放棄し、
その手腕を経営者は称賛されるのです。

優先順位の誤り
最も大事なものを犠牲にする中小企業経営者
講師は、会場に問いかけました。

経営における登場人物、
・経営者とその家族
・お客様
・仕入れ先などの業者
・従業員
・金融機関

このうち、大事な順に並べるとしたら、
どんな順番でしょうか?

私の感覚で言うならば、
1.自分や家族
2.従業員
3.お客様
4.仕入れ業者
5.金融機関

人によっては、
2~4のランキングは変われど、
1と5の位置が変わることは
あまりないのではないかと思います。

しかし、会社のお金がショートし始めると、

1)社長が給料を減らす(自分や家族を不幸にする)

2)従業員への給与の遅配やリストラ(社員を不幸にする)

3)お客さまへのサービスの
低下・値上げ(お客様を不幸にする)

4)仕入れ業者への価格圧力・
支払いサイトの延長
(仕入れ業者を不幸にする)

といった順序で、負担をかけがちです。

借入金の返済を
止めないようにするために、
商売の登場人物全体を苦しめるのです。

なぜ借金を返そうとするのか?

大事なものから順に犠牲にしてまで、
なぜ借金を返そうとするのか。

それは私たちが、
借金を返さないことで
自分や家族が不幸になるという、
勘違いをしているから
なのかもしれません。

私たちは、ドラマなどの影響で、
借入金の返済が滞ったときの
ストーリーを植え付けられています。

怖い人がやってくるとか、
一日中督促の電話が鳴りやまないとか、
みぐるみはがれるとか。

普通の銀行では、それはない、
と講師の方は断言します。

なぜなら、
すでに古いドラマで行われていた
取り立ては法律で
厳しく取り締まられているからです。

知らないと損をする!
11の取立て禁止行為で紹介されている
禁止行為の概略を以下に引用します。

・強迫的な言動をしてはいけない

・夜討ち朝駆けしてはいけない

・連絡・応対できない時間に訪問・電話してはいけない

・勤務先に訪問・電話してはいけない

・居座ってはいけない

・「金返せ!」などのビラを貼ってはいけない

・返済資金の調達を強要してはいけない

・借金の肩代わりを強要してはいけない

・家族や親戚・友人を無理に手伝わせてはいけない

・弁護士・司法書士が間に入ったら債務者に接触してはいけない

・追い込みの予告をしてはいけない

これらの行為を行うと、
刑法犯となり厳罰を受ける事になります。

少なくとも、天下の銀行が
行う行為ではないと考えられそうです。

ない袖は振れない
とはいっても、
借金を放置するだけなら、
借入残高は増える一方。

何の解決にもならないじゃないか。

そう思うのが
一般的な考え方だと思います。

しかし、
借金には時効があります。

講師の方は言います。

「ない袖は振れない。
資産がないのが最も強い。」

それは、自己破産し、
無収入で暮らせ、という事ではありません。

資産を法的に問題のない形で
移転するのがはじめに行う事のようです。

不動産、生命保険、売掛金、在庫、給与。

これらを動かし、
これからの生活やビジネスを
再興する足掛かりを残しつつ、
有事の資金繰りを改善する。
それが重要なのだと講師は強調します。

すべての人を不幸にするくらいなら
最後に残された選択肢
借金は返さなくてはならない。

この道義的な責任を
否定するつもりはまったくありません。

可能な限り、
返済したほうがいい、
というのは私とて同じ感覚です。

しかし、
そのために自らの命を失ったり、
最も大切な家族を路頭に迷わせ、
社員やお客様に迷惑をかけて
その事業を途絶えさせるとしたら、
もう少しましな選択肢があってもいいはずです。

その答えを持っている人がいます。

自身も6億円の
多重債務者の経験を持っています。

この方は、実際に債務者であることで
何が起こるかをすべて見てきた人です。

その上で、
あなたが事業を再興するための
手段を提供してくださる。

この方の信条は、
借金で自殺する人を
なくすことだと私は感じました。

彼の名を、
たちばなはじめさんといいます。

「自己破産させない屋」と銘打ち、
700件を超える相談案件で
自己破産はゼロといいます。

もし、親から引き継いだ会社が、
借入金返済で資金繰りに窮しているとしたら、
流れ出る出血を止める事から
始めなければならないのかもしれません。

定期的なセミナーなども
開催されているようなので、
まずはお話をきかれるところから
始めてもよいかと思います。

WEBサイトたちばなはじめ公式サイト

わたしからもご紹介できますので、
その場合は、
お問い合わせフォームより
お問い合わせください。

困ったときに、
何を一番優先すべきか。

その事を、
もう一度考えるきっかけとなれば幸いです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

———————————————–

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ