昨日、とある地域の方から、
「借金で自殺を考えています。」
という題目の
お問い合わせメールを頂きました。

ワタシに、
自殺を宣言して何の意味があるの?

ワタシに、
どうして欲しいの?

アドバイス欲しいなら、
そういう環境を整えますが、
いくらかのコストは必要です。

ワタシは仕事をしています。

仕事である以上、
いくらかのお支払いは頂きたいですし、
それが出来ない以上、
ご自身で人生を立て直すしか
手立ては無いでしょう。

真剣に人生の立て直しを
考えている人の為のワタシなんだ。

一つここで当事者に
アドバイス出来る事があるとすれば・・・
借金返せなくて
逮捕されたヤツなんかいない。

借金が返せない事を
取り締まる法律なんか無い、という事。

死ぬくらいの覚悟があるのなら・・・
バックレちまえばいいじゃんか!

死ぬ覚悟があるのなら、
まだその方が良いと・・・
少なくともワタシはそう思う。

ワタシはバックレなんかさせずに、
堂々と解決させるけどね。

法律家に相談して
解決すると思うならすれば良いが、
当事者のその為の資金が
捻出するとは思えない。

そして、その手ほどきを
受ける事による後悔は、
しばらく後になってから
気付くものなんだ。

いきなり自殺をほのめかして、
ワタシのリアクションを待つって・・・
なんか少しズルいわ。

独りよがりが過ぎないかな?

そういうのって・・・・
ワタシの心に響かない。同情しない。

みんなさ・・・
「たちばなはじめってヤツって、
ホントにダイジョブかなぁ~・・・」
って思いながら、
恐る恐るワタシにメールくれるんだ。

勇気を出して、
見ず知らずのワタシにメールをくれるんだ。

限られた資金の中から、
絞り出すように資金を捻出して、
ワタシを訪ねてくれたり、
ワタシのセミナーに出かけてくださるんだ。

みんな事業や
仕事の立て直しに真剣なんだよ。

みんな人生や
生活の立て直しに必死なんだよ。

負債の大小は関係が無いです。
法律はみんな一緒だから。

法人か個人かも関係がないです。
法律はみんな一緒だから。

心配しなくていいよ。
騙したりなんかしない。
陥れたりなんかしない。

WEBでの情報拡散だけで、
6年仕事しているんだ。

相談者を騙したり
陥れたりなんか出来る環境にない。

ワタシは顔を公開している。

「顔がコワい・・・」という理由で
相談を躊躇しているなら、
もう縁は無い。他を当たってよ(笑)

東京神田小川町までの交通費が無い、
と言う方。

Skypeなら、10800円だよ。
少し頑張れば作れる金額だ。

10800円を「惜しい」と思う方は、
ワタシは、
「真剣に立て直しを考えている人」
とは思えないよ。

10800円を頂戴するという事は、
ワタシのもうけであることより以前に、
「その人が真剣に考えているかどうか?」
を試すおカネであると考えてほしい。

これを信じて頂けない方は、
ワタシもその方を
信じる事などできないんだ。

これまでも申し上げてきたし、
今後もいう事は変わらない。

【電話やメールでのアドバイスはしない。】

意地悪で言っているのではなく、
後々に「言った」とか「言わない」とかの
トラブルになるのを避ける為なんだ。

どんな人かもわからないし、
どんな人かも明かせない人に
アドバイスする
こちらのリスクだってあるんだもん。

神田小川町の事務所に
来てくれれば2000円で
相談には乗ります。

当事者が指定する場所に
ワタシが出向くのであれば、
2000円で行くけど、
発生する交通費はご用意ください。

Skypeなら事前振り込みで10800円だよ。

ワタシがセミナーで
各地を出かけたときに、
時間を合わせてくれれば、
2000円と往復交通費の一部を頂くよ。

「あれもいや」
「これもいや」では
何も始まらない。
駄々っ子とおんなじ。

「なぜ出来ないか?」
ではないんだよ。

「どうすれば出来るか?」
を考えるんだよ。

出来ない理由を探すな!
出来る理由を探せよ!

資金難だ、
借金苦だと嘆くのは簡単だ。

今ある資金で自分に
何が出来るのかを考えろよ!

人任せスタンスの問い合わせに
気分が悪くなったので、
こういう表記になりました。

気分を害された方にお詫びします<(_ _)>

さて、本日もSNSに投稿した記事に
お付き合いください。

あなたの大切な一日の中の数分間を
ワタシにお与えください。

いくらかでもあなたの糧に
なるのでしたら幸いです<(_ _)>

———————————–

一年前の自分の投稿から

たちばなです。

こう言う人が・・・
最低でも1ヶ月に5人は
ご相談においでになります。

「借金はオバケ」です。

ありもしないものを、
あるように見立てて、
コワイコワイと恐れているに
過ぎないからです。

ワタシは何が怖いって・・・
借金ごときで頭を抱えて
死のうとする人が怖いです((((;゜Д゜)))

安心しろ!

人は遅かれ早かれいずれ死ぬ。
あんたも死ぬし、オレも死ぬ。

だから急ぐ必要ないじゃんか。
死に急ぐ必要なんかないんだよ。

いずれ死ぬんだから、
生きている間は楽しく生きようぜ(^_-)-☆

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。

一年くらい前に、
ウチの事務所に相談に
お越しになった30代独身の個人事業主。
Cさん。

借りてるアパートに彼女と二人で同棲中。
保有不動産なし。

借入総額は約900万円。

政府系から470万円と他は
金融会社のカードローンとか
キャッシングとか・・・・
積み重なって
現在の借入残高が約900万円。…

毎月20万円ほどの返済を
していたのは約1年半前まで。

その後、テレビで
債務整理のCMやってる
大手法律事務所に
相談に行ったのが
その後三か月返済が滞って
期限の利益を喪失した後。

「任意整理して、
ウチの事務所に初めに30万円。
その後毎月7万円支払って
頂ければ手続きします。」
と言われたらしい。

その後に、
30万円は支払ったんだけど、
毎月の7万円の支払いが出来ずに、
ウチの事務所に
相談においでになったのが
一年前だった、という事。

本人にも言ったけど、
あんまりにもバカバカしい
相談内容だったんで、
言ってやったんだ。

今でも明確に憶えている。

「あんたアホだろ!?
カネが無いから返済滞ったんだろ!?

返済原資が無いのに、
なんで弁護士に30万円
払う金があったんだよ。

返済するカネは無いのに、
借金踏み倒すカネはあったのか?

もしそうだとしたら、
あんたは明確なアホだ。

そしてそれを指南した弁護士は
もっとアホだ!」

契約の30万円の調達は・・・
親戚と友人を廻って
掻き集めたんだって。

それを指南したのもその弁護士。
呆れたよ。

親戚も友人もCさんが
その資金によって破産してしまえば、
その貸した金を回収できない事が
解っていたのかどうか・・・・。

いずれにしてもCさんは明確なアホだ。

「債務整理なんか止めろ。
弁護士に“契約キャンセルするから
30万円返してください”と
言いなさい。

その資金は自分の
これからの再生資金にして、
自分の収入が安定したら
友人や親せきに少しずつでも
弁済しなさい。

借金は・・・しばらく放置しなさい。

なんにもしなくて良い。
“なんにもしない”という事を
5年間やりなさい。

放っておけばいずれ時効が来るよ。

その間に親戚友人への弁済が終って、
自分と彼女のまともな生活が
成立しているようなら、
そこから時効の完成を待たずに、
借金の返済を開始しなさい。

ワタシはこれがまともな
金の使い方だと思うけど・・・
どうかな?

あなたの周辺で
この問題に関わる人の全てに
優先順位をつけなさい。

ワタシなら一番が彼女。
二番目が友人、三番目が親戚、
貸金業者は四番目だな。

ワタシはCさんが
自分で対応出来れば
自分でやればいいと思っているから、
今やり方を教えたよ。

心配だと思えば、
我々と契約すればいいよ。

でも契約すれば
我々はお金は貰うよ。

払っても良いと思えば、
契約すればいい。

払うの嫌だと思えば
契約しなきゃいい。
自分で頑張ればいいよ。」

こんな事を一年前にCさんに言って、
彼は自助努力の道を選択した。

それから今日までで
約一年・・・・・
Cさんは二か月に一度、
ワタシの事務所に来る。

毎回2000円を携えて(笑)

ワタシにメールよこして、

「お邪魔したいと思いますが、
いつがよろしいでしょうか?」
って問い合わせてくる。

その度に、ワタシに会いに来る。
ワタシは言う、「ほっとけ」って言う。

Cさんは2000円払う。

かれこれ4回ほどこれが続いた。

そんで5回目の今回・・・・
Cさんは言ったよ。

「たちばなさん、
“ほっとけ!ダイジョブだ!”
って言われに来ました。」だって(笑)

教祖様じゃねーんだからさ!(笑)

「おちょくってんのか!
飯くらいおごれ!」っていって、
「いきなりステーキ」おごらせた。

1680円。
面談料はキチンと2000円取ったよ(笑)

Cさん言ったよ。

「うわぁ~・・・悪徳コンサルだ!」って(笑)

「一年間でワタシを1万円で使う、
お前の方が悪徳じゃねーか!」
って言ってやったよ。

彼はすっかり債権者対策に慣れた。
一か所を除いては。

その一か所とは・・・
債権者の差押え対策。

我々の指導を受けるようになって、
数か月くらいすると、
いったん債権者の
回収行為の手が緩むんだ。

その後しばらくすると、
債務者側に油断が生じるんだ。

そこを債権者は狙う。
一円でも回収されたら
そこから5年時効は来ない。

Cさんに

「“慣れ”が一番怖いよ。
タガが緩んだ時が一番危ないからね。

気を付けなさいね。
彼女が第一優先なんだから。」
って言ったら、
Cさん、
彼女と別れたんだって(+_+)

「そんじゃ、親戚と友人に・・・」
って言いかけたら、Cさん自ら、
「親戚と友人に弁済始めました。」
って言ってくれた。

わかってんじゃねーか!
優先順位をさ(笑)

お金にはならない案件だけど、
妙な清々しさを感じたよ。

::::::::::::::::::::::::::::::::
——————————–

「自己破産させない屋・大阪支部」
の投稿から

たちばなです。

債務整理は、
広大な「ビジネスマーケット」で
ある事を知って下さい。

利権であり、
貧困ビジネスである事を知って下さいm(_ _)m

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

なぜ法律家は債務整理を進めるのか?  

破産を選択しなくてもいい会社なのに、
破産を進めらます。

「事業を続けたいんです」

「従業員の雇用を守りたいんです」

「長年お世話になった取引先には
迷惑を掛けたくないんです」

と訴えているのに、
「破産して楽になりましょう」と言われました。

ほとんどの人が言われるそうです。

破産とは?

破産→現金99万円まで 
生活に必要な家財道具、
仕事に必要な道具 
価値が20万円未満の財産の保有以外、
すべて踏み倒すことを破産といいます。

破産して事業が継続できるのでしょうか?

取引先の買掛金を踏み倒しておいて、
取引を継続してくれるのでしょうか?

弁護士数の推移を見て下さい。

2000年の数から倍以上になっています。

新受の訴訟件数は2003年度をピークに
減少傾向が続き2011年度は
2003年度に比べると
約66.8%ほどの件数に減少しています。

多くの弁護士にとって
飯の種で一つであろう
民事事件の減少が著しく、
案件が少なく厳しい収入状況の
弁護士が出てきているのです。

年収100万以下の弁護士も
沢山いるとのことです。

弁護士も飯を
食わなくてはなりません。

資金繰りに困窮している経営者、
借金で困っている民間人が相談に来ると、
金にならない親身な相談内容より、
安易に金になる債務整理を
進めてしまうのではないでしょうか?

過払い請求もそうですよね。
一部の弁護士事務所はぼろ儲けしてます。

なぜ法律家は債務整理を進めるのか?

お分かりですよね。金になるからです。

金にならない
面倒くさいことはやらないってことです。

自分たちも生活しなければなりません。

資金繰りに困窮している人が
どうであろうが関係ないんです。

金になる債務整理案件を、
常に待っているんですよ。

たちばなはじめ もそうでした。

平成21年に、今の知識を得る前に、
「もうダメだ・・・破産しよう。」
と思って、新潟の弁護士事務所に
駆け込んだことがあります。

破産費用が350万円と言われました。

その後知人を介して
都内の弁護士事務所を訪ねました。
400万円と言われました。
(50万円増えてんじゃないか)

ワタシは、
金が無いから相談に行ったんです!

金が無いから相談に行ったのに、
「カネが無いなら仕事はしない。」
って言われたんです。

法律家が債務に関する相談相手に
ならないという現状を
わかっていただきましたか?

債務整理しちゃダメなんです。
自己破産しちゃダメなんです。

たちばなはじめ
「法律家が絶対に話さない借入金の本当の話」

ぜひ聴きに来てください。
目からウロコです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

————————————–

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ