【カードローン、
大手銀などが行員評価に 
過剰融資の恐れ
朝日新聞デジタル】より。

たちばなです。
 
彼らも変わらないねぇ~……(笑)

どんどん評価すりゃいいさ。
どんどん貸し付けてやりゃいいさ。
どんどん甘い汁を吸えばいいさ。
 
オレもどんどん仕事するだけよ( ̄▽ ̄)

日本の金融は質が悪いね。
どんどん廃れりゃいいよ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

無担保で個人に多額のお金を貸す
カードローンでの融資拡大を、
多くの銀行が支店や行員の
評価対象にしていることが、
朝日新聞の調査でわかった。

調査対象の半分近くの29行が
「(評価対象に)含まれている」と答えた。

貸付額が消費者金融を上回り、
規制強化を求める声が出る中、
銀行が融資拡大に
前のめりな状況が浮き彫りになった。

調査は、カードローンを扱う
大手銀行5行と
全国地方銀行協会に加盟する
64行の計69行に
6月中旬に書面で行い、
50行が回答(1行は一部のみ回答)した。

カードローンの口座数や
融資額の増加を
支店や個人の評価対象としている、
としたのは、
回答した49行の6割の29行だった。

評価対象を答えた銀行では、
17行が支店を対象にしているとし、
5行は支店と個人の
両方が対象だとした。

「ノルマ」として営業現場に
目標が課されている
銀行もあるとみられる。

銀行全体の経営計画で
カードローンの融資や
口座の数値目標を
「設けている」としたのは、
回答した50行のうち
6割の29行だった。

過剰融資への批判もあり、
一部の銀行は
「目標の水準を見直した」と答えたが、
「無理のない範囲で推進し、
見直しはしない」との意見もあった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
———————————-

自分自身の一年前のSNS投稿から

たちばなです。

東京神田小川町の
イケメン詐欺師コンサルの手玉に
乗らないようにご注意ください(笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
たちばなです。

ワタシには一般社会からの
中傷メールや抗議メッセージが来る。

・金融機関出身の方
・金融機関の方
・法律家
・債権者側

種々雑多ではあるけれど、
一か月に10通くらいの抗議メールを頂く。

この仕事を始めた時はもっと多かった。

年々少なくなってきている。
今年に入ってからは本当に数が減った。

少しずつ、ワタシの経験や知識や
スキルやリテラシーが
社会に受け入れられている事は承知している。

以前は、抗議受けると悔しくって
イチイチメールで返信して対応したけど、
今はしない。

「抗議する人たちは、
ワタシが悪者でなくっちゃいけないんだ。」
という結論に至ったから。

既に出ている結論にいくら抗議したって、
こちらの徒労に終わるだけ。

万が一、ワタシが議論して
論破したとしたって・・・・
先方は苦々しい顔をするだけ。

「なるほど!その通りだね!
たちばなさんの言う通りだね!」
とはならない。

ワタシは仕事をしている。
金儲けをしている。

だから反対論者を論破しても、
賛成派に転じて
依頼人を紹介してくれたらいいんだけど、
そんなことにはまずならない。

だったら、今までもこれからも
賛同してくれる人とだけ仲良くして、
依頼人の紹介を受けた方が効率が良い。

ビジネスである以上、
商業上の効率は
追及しなければならないからね。

4年前くらいだったかな・・・・
まだワタシが異業種交流会に
出まくって人脈作りや、
困窮者を探し回っていた頃に知り合った方。

Sさん。50代男性。

首都圏内で衣料品や雑貨の
販売なんかをやっていた方。

とある異業種交流会で知り合った。
テーブルの席が隣り合っていたんだ。

そこで少し話した後に・・・・
ワタシはその異業種交流会を
出入り禁止になった。

彼がその交流会の幹部だったからだ。

瞬く間に、
ワタシのウワサはその交流会に広まった。

「あいつは踏み倒し屋だ。」
「あいつは詐欺師だ。」
「困っているヤツを食い物にする奴だ。」
「そんなこと出来るワケが無い。」
「弁護士に確認したら、
“相手にするな”と言われた。」

こんな事が会の中で広がっちゃって、
ワタシはあっという間に
仕事が出来なくなったんだ。

それをされた当時・・・・
ワタシは本当に悔しかった。

でも今はさ・・・・・・・
あんまり悔しくない。

あの時の悔しさが
バネになったのは事実だけど、
本当に遺恨は無いな。今は。

そんな折・・・・
先月なんだけどさ・・・
Sさんがワタシを訪ねて来たよ。

ワタシと知り合った当時から
資金繰りがキツクて、
しばらくしてから
異業種交流会で知り合った
銀行出身のコンサル使ってリスケしたんだって。

リスケなんかで金取るコンサルって、
その時点で詐欺コンサルだと
思うんだけど、
とにかくSさんはそれで
急場を凌いだんだって。

その後約3年半が経過して
事業が更に下降線をたどり、
返済が実行できなくなって約1年が経過。

その異業種交流会内で
知り合った弁護士に相談したんだって。

自己破産しかないって
言われたんだって。

そのSさんは先々週ウチの事務所に来た。

ムスッとした表情。

ワタシ、
Sさんに頼まれて会っているのに、
なんでそんな態度を
取られるのかが解らない(笑)

「返済が止まって約1年ですか・・・・。
あと4年停止したら時効で
借金0円ですね。」ってワタシ。

「それってどうやって
完成させるんですか??」とSさん。

「詳しくはセミナーで
お話していますが、
概略を述べると・・・・」
と約15分くらい説明。

その後、
Sさんから出てくる質問は、
全てワタシはセミナーで
話しているものばかり。

セミナー聴いてりゃ
なんてことはない質問。

答える方もいい加減シンドい(笑)

その後Sさんは、
ワタシに「出来ない理由」を探しては
ワタシに質問するんだ。

その後ワタシは、
Sさんに「出来る為の策」を
探してSさんに返答するんだ。

「今まで一年間返済しなくて
何も起きなかったんでしょう?

じゃあ後4年そのままに
しておけばいいじゃないですか。

何か差し押さえるものがあれば、
債権者はとっくに
差し押さえていますよ。

差し押さえるものが無いんだから
そのまま放置されているんでしょう。

だからそのまま4年が経過すれば
借金問題解決ですよ。

ワタシと契約??
契約して何すればいいのワタシ。

“ほっとけ”って言うだけで
おカネくれるんだったら契約するけどさ、
Sさんはまたオレの事を
“詐欺師”呼ばわりするんじゃない??

詐欺師呼ばわりされれば
オレだって気分は良くないよ。

だから呼ばれたくないから
Sさんとは契約しないよ。
そのまんまほっといて。」

それで先週ね・・・・・
Sさんとワタシの
共通の知人のCさんに会ったんだ。

「お~!たちばなさん、久しぶり!
たちばなさんさ、
Sさんにこの前会ったでしょう?
相談に乗ってあげたんだって??」
とCさん。

「えぇ・・・
詳しくは話せないですけど、
ほっとくだけだったので、
契約する必要なしでした。」
と返答したらさ・・・Cさんが言うんだ。

「Sさん言ってたよ。
“やっぱりたちばなは詐欺師だ。
ワタシと契約しようとしないから。”」
って(笑)

契約しても契約しなくても・・・・
Sさんにとって、ワタシは詐欺師だよ(笑)

カネを貰っても貰わなくても・・・
Sさんにとって、ワタシは詐欺師だよ(笑)

もういいよ。詐欺師で(笑)

彼にとってワタシが
詐欺師である事の方が
都合が良いのだろう。

その方が折り合いがつくのだろう。

彼の考えを否定し、
改めさせるのは困難だ。

ワタシにはその労力も意欲も勿体ない。

その異業種交流会では、
今日も明日も明後日も・・・・
ワタシは詐欺師であり続けるんだ。

もうそれでいいよ(笑)

あ、Sさんからも
面談料の2000円は貰ってるから、
「2000円」を詐取した、
と言えなくもない(笑)

詐欺師は・・・
あたらずも遠からずかもね(笑)

::::::::::::::::::::::::::::

—————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
の映像が販売されています。

日程が合わない、
開催場所へ行けない、
などの理由でセミナーに
行けない方だけでなく、
繰り返し学びたい方に
オススメです!

法律家が絶対に話さない借金の真実
をぜひ知ってください!
https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ