一年前の自分の投稿から

たちばなです。
 
法律はすべての国民に平等だけどさ・・・
人の心は平等では無いんだ。
 

若者が、無知やバカをウリにする
女性が、か弱さや涙や容姿をウリにする。
高齢者が、人生の悲哀や非力をウリにする。
 

債権者交渉において、
これは立派な武器になるんだ。

ワタシはどれも出来ない。
「若者」って言うほど若くも無い。

「女性」にはなれない。

「高齢者」と呼ばれるまで
生きていられるかどうかはわからない。
 

だから、ワタシは武装する。

知識とスキルと戦略で武装するんだ。

だから、若造・オンナ・年寄が、
知識とスキルと戦略で武装したら
更にウリになるんだよ。
 

オレがメソメソ泣いても
誰も同情しないだろう?

可愛い女のコが泣いていたら
男共がノコノコ寄って来るだろう?(笑)

交渉事もおんなじだよ。

信じにくいだろ?
でもほんとだよ。

人の心なんか
きわめて曖昧なものなんだから。
 

なんでも白黒ハッキリさせる必要も無い。

「うやむや」って大事だよ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

たちばなです。
昨晩は静岡セミナー。

聴講者から翌日の相談要請。

負債を抱えて、債権者から
執拗な回収要請を受けていた60代の女性。

「自分が女だから…弱いから…」
と嘆くんです。

「違うよ。あなたがコソコソするから
問い合わせてるんだよ。

コソコソしないで、
ちゃんと話してよ。

゛お金無いんです゛ってさ。
そして少し泣いてみたら?

女であることを否定しないで
女であることを売りにして。

俺が泣くより
あなたが泣いた方が同情される。

どうです?女であることが
売りになるでしょう?(笑)」

よほど心配だったんだね。
涙流してた。表情は晴れやかだったけど。

東京に戻りますm(__)m

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

——————————————–

新潟の自宅にて

たちばなです。
 

一週間ほど前に、
都内で「若潮へいじゆうじ」で
セミナーやった時の聴講者から
こんなメールを頂いた。

「理想と現実の乖離」が
良く表されていると思ったので、
匿名性を確保した上で、
本投稿読者にご披露申し上げる。

———————————————

たちばな様
 
お世話になります。

8/8に小川町でご講演を
拝聴させて頂いたFです。

貴重なお話しをお聞かせ頂きまして
誠に有難うございます。

内容の充実とテンポのよさに
3時間半があっという間に
過ぎてしまいました。
 

私は2年前に予てからの
希望であった独立を目指すべく、
会社勤めを辞めました。

社会貢献性を感じ、
事業再生業界に転じた次第です。

その間、某企業の民事再生に関わり、
この3月で認可決定を受けたの機会に
改めて独立開業した次第です。

中小企業の社長様向けにCFOの
シェアリングエコノミーサービスを
コンセプトに活動しております。
 
今回、たちばな先生のお話しをお聞きし、
究極の債務者救済スキームと理解しました。

こういう手があったんだと驚きです。

何しろ、全て実体験に
裏付けされているため説得力抜群でした。
 
社会貢献(弱者救済)を感じて
事業再生業界に身を置きましたが、
実際は考えていたものと
大分乖離がありました。

思った以上にニーズが
山程あることを知り、
それがビジネスとして
一定の市場があるのは予想外でした。

そのビジネスにおける
プライオリティに私としては
違和感を持ちました。
 
・救済は救済なのですが、
かなりの金額が動いていました。

・弁護士、MA仲介、DD会計士、
事業再生コンサル、の高額報酬は
多分一般の方には想像が
付かないのではないでしょうか。

・資金がなくて困っているのに、
カネがないと救済されないのです。

・ワラをもすがる思いで
相談に来た債務者をカネがないと救えないのです。

・上場している大企業が
倒産しそうになれば、
何千億という債務の免除により、
会社、経営者は生き延びます。

・しかし、中小・零細は
借金苦により自らの命を絶つ選択を
している人がいます。

・借金苦で自殺している人の
債務平均額が3百万円と
聞いたことがあります。

・えっ、命の値段って
そんなに安っぽいの?、驚きです。

・子供じみていますが、
その光景に理不尽さを強く感じました。

 
それに比べ(比べるのも失礼ですが)、
たちばな先生のスキームは
全員救済型と思いました。

事業再生業界はそこに関わって
ビジネスをしている人たちの
ためにありますが、
先生のメソッドは
債務者ファーストが成立しています。
 

さて、先生のスキームに出会い、
このスキームに関わることができれば
改めて社会貢献性の高い仕事が
できるのではと勝手ながら思っております。

つきましては、私のような者でも
関われることがあるようでしたら、
ご教示頂きたく思います。

厚かましいお願いとなりましたが、
お返事を頂けますと幸いに存じます。
 
F
————————————–
 
そうなんです。

世の中に数多ある「事業再生」とは、
非常にカネのかかるモノなんです。

一定の効果は認められるが、
そこに至るまでのコストがかかりすぎるんです。
 

当たり前だよ。
それを施す人たちが、
「それを施す人」になるまでに、
多くの手間とコストが発生しているんだから。

彼らはそのコストを回収し、
利益を積み増すために
仕事をするんだから。

 
ワタシ!?

ワタシは、多重債務者になるのに
コストはかかっていないよ。
はからずもそうなっちまった(笑)

あとさぁ・・・これはあんまり
信じて貰えないかもしれないけど・・・・

ワタシ、別に大金持ちに
なりたいワケじゃないんだよね。

ワタシが設定している
「目標の所得」は決まっている。

もう3年・・・
いや2年で達成しそうだよ。

そこまでいったら、
ワタシとワタシの会社の
内部留保の増加は目指さない。

自分の収入を維持し、
会社を維持できる程度に資金が廻ればいい。

すると、ご相談者から頂く
フィーのベースはまだまだ
下げられると思っているんだ。

もうすぐだ・・・
もうすぐなんだよ。

読者は無理して信じなくてもいい。
ここの部分は
自分への備忘録として書いている(笑)
 
 
現況の事業再生は、さながら・・・・

「すり傷や切り傷に
外科手術を施すようなもの」であったり、
「風邪に罹患した人を
救急車で搬送するようなもの」
であるようなもの。

そして、
「如何に返すか!?」という
思考ベースであり、
「如何に銀行との付き合いを
継続するか!?」という思考です。
 

そうでは無くて・・・・

「すり傷や切り傷なら消毒以外は
自然治癒を目指せないか?」であったり、
「風に罹患した人は体質改善を促したり
食事療法で軽減できないか?」という
思考でありたいと思っているんです。

その為に、
「如何に返さないか!?」
という思考ベースであり、
「如何に銀行との付き合いをやめるか!?」
という思考です。
 
 
銀行と付き合わなかったら・・・・
本当に仕事出来ないかな?

銀行と付き合おうとするから・・・・
資金繰り苦しいんじゃないかな?

銀行に返済続けたら・・・・
その借金はいつ終わるの?

銀行に返済しなかったら・・・・
5年か10年で終わるよ。

そして、忘れた頃には・・・・・
他の銀行が「カネ借りてくれ」って
言いに来るよ。
 

【案ずるより産むが易し】って、
本当にそうだよ。

11年・・・・借金問題に
悩みに悩み続けたたちばなはじめ。

実際に動いてみたら、
2か月で解消していた!

オレの悩み続けた
11年間を返してくれ!って言いたいよ(笑)

 
再生支援協議会?・・・・
彼らに売上増加や、
販管費削減のノウハウなんか無い。

まずは「返済計画」から
事業計画に取り掛かるんだろう?
「返済支援協議会」じゃんか(笑)

学生支援機構?・・・・・
奨学金の回収がえげつない。脅迫まがい。

年間に数百人が追い込みかけられて
死んでる実態は闇の中。
「回収支援機構」じゃんか。
  

みんな自分が可愛いのよ。

それっぽく、体裁だけ取り繕うけど、
だれも親身になんかならないじゃんか。 
 

Fさんには、来週に神田小川町の事務所に
お越し頂く事になっている。

いう事は概ね決まっている。

「Fさん、国内に同業者はほぼいない。
Fさんがワタシの使い方を考えてほしい。
どうすれば、ワタシの情報が
更に拡散するかを考えてほしい。

そして、どうすればワタシが、
Fさんに利をもたらすことが
出来るのかを考えてほしい。」ってね。

————————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー動画を
リニューアルしました!

「あなたが多重債務者になっても
復活できるここだけの話」

セミナーへ参加出来ない方は
ぜひこの動画をチェックしてみて下さい。

https://goo.gl/4PTAvE

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ