【たちばなはじめの基本線】その8
「債権者が実行できる“債権の回収行為”とは?~中編~」

 
その7で、ワタシは
「督促状や催告書など書面による
請求行為には法的拘束力が無いので、
神経質にならなくても良い。」
という事を申し上げました。

また、「裁判所からの訴状や催告状、
判決後に出る支払い督促や執行分なども、
“民事裁判”である以上、
一定の施しをしておけば、
それに従わない事の“罰則規定が無い”」
という事も申し添えます。
 

その上で・・・・
それでは督促状や催告書以外の手法で、
債権者が出来る回収方法と言うのは
どういうものがあるのでしょう?

それは「財産等の差し押さえ」です。

「差し押さえ」という言葉に、
恐怖感を感じる人は多いでしょうし、
借金返済に困った経験にのある人には、
良く無い響きだったり、
苦々しい思いをしたりされた方も
決して少なくないと思います。

でもね・・・・
「差し押さえ」と言うものが
どういうものであるのか?
を知る人間や、
それを教える人間はほとんどいません。

今日はそこを書いてまいります。

・差押えの仕組み
・差押えの定義
・差押えの手順
・差押えの法的位置づけが解ると、
その為の対応策が生まれてくるのですよ。

マイクタイソンとボクシングをやって
勝算を見込む人は少ないと思いますが、
マイクタイソンがどのタイミングで
どんなパンチを放つかを
理解できていれば、
いくらかの勝算が生まれるものです。

そして、債権者が放つ
差し押さえの「パンチ」は
実に単調で、
実にゆっくりとしたものである、
という事に留意を頂きたい。
 
そもそも、
「差し押さえ」と言うものは、
裁判所での判決(許可)を得て、
債権者が実行するものです。

だから裁判所の許可を経ないと
差し押さえが出来ません。

裁判所の許可を経ずに
勝手に回収行為をしてしまえば、
「その6」で書いた、
「自力救済の禁止」に抵触するのです。

多くのご相談者から、
「債権者に裁判で訴えられました。
どうしようかと思っています。」
というお問い合わせや
お悩みを伺いますが、
そういう時にワタシは必ず申し上げます。

「裁判で訴えられるという事は、
いきなり債権先の自宅に
押し掛ける意思が無い、という事であり、
判決が出るまでは何もしない、
という宣言をしている、
ということですよ。
目出たいことじゃないですか!」と。

簡単に言うと、
裁判が始まるという事は
「借金のゴールに向けて一歩前進した」
という事であります。

これ・・・ホントだよ。

裁判の判決が出るまで、
債権者は何もしないワケだから、
その間に、
債務者側が出来る「施し」があるのですよ。
 
では、「財産の差し押さえ」には、
どんな対象物があるのでしょう??

・給与
・在庫
・売掛金
・現金
・生命保険等の証券
・不動産

この6種類です。

「差押えの対象先」
が決まっているのですから、
これはいわばマイクタイソンとは言え、
「単調でワンパターンなパンチ」
という事ですから、
事前にそれをさせない「施し」がある、という事。

そんなに難しいものでは無いのですよ。

「知識とスキルと戦略」があればね。
 

不動産以外の5種類は・・・・
すべて動産であります。

不動産は文字通り
「不動」と書きますから、
動かせないモノ。

という事はそれ以外の動産は
動かせるものですから、
動かせばよいのですよ。
 
給与も、在庫も、売掛金も、
現金も、生命保険等証券も・・・・
動かしてください。

・給与は、債権者に勤務先が
バレなければ良いのだから、
転職すればよい。
事業主は自分で自分の報酬を
差し押さえるバカはいない。

・在庫は、
換価価値のあるモノだけしか
差し押さえられません。

貴金属・車輌・洋酒等・そして不動産。

ワタシはかつての小売業で
帳簿上で約3億円の在庫がありましたが、
何も持って行かれませんでした。
換価価値が無いからでしょう(笑)

・売掛金は、
売掛金が無ければ差し押さえされないでしょう?

「債権譲渡」と言う手段があります。
こういうのは会計士さんや
税理士さんは得意なはずですよ。
各先生にお問い合わせください(笑)

・現金は、銀行口座が差押えに
狙われるのですから、
銀行口座におカネが無ければいい、
という事になります。

そもそも銀行口座で
お金を管理しなければいけない
などと言う決まりはありません。

「平時」において、
銀行におカネを預ける、
と言うのは安全ですが、
「有事」になれば、
銀行におカネを預ける、
と言うのは「最も危険な行為」である、
という事を理解しなければいけません。

ちなみにワタシは、
銀行口座でおカネの
出し入れはしていますが、
管理はしていません。
そんなに難しいものではありませんよ。

ちなみに、ワタシは今年の五月に、
東京の神田税務署から
「税務調査」を受けましたが、
特段の指摘や問題なく、
税務調査を終えたことを申し添えます。

・生命保険等の証券は
「名義変更」が容易です。

電話一本で、
「契約者変更したい」と
保険屋さんに電話すれば
その手続きはやってくれます。

ワタシは全ての保険契約を妻の名義や、
現在の新法人の名義に変更し、
契約を行っています。

生命保険は「契約者の財産」である以上、
その契約者がワタシでなければ良いのです。

どうです??

不動産以外の五種類に関しましては、
実に単純な作業を積み重ねる事で、
「取られるものが無い」と言う環境を
作ることが出来ます。

住宅然り、車然り、
生命保険然り・・・・
ほとんど方が、
「所有して使用する」という概念で
いらっしゃると思いますが、
ワタシは違います。

「所有しなくても使用は出来る」という事。

所有せずに使用する事で、
ワタシは「取られるものが無い環境」を
作ることが出来ました。
 
家は妻名義。

若しくは条件次第では、
協力的な不動産屋を使って
売却して賃借して住んでもいい。

クルマはリース(残価設定クレジット)。

生命保険は妻に契約者変更。

ワタシは何も所有していません。

でも、
そのすべてを使用しているのです。
 

ワタシがなぜ、
クレジットカードが何で使えるかと言うと・・・・
簡単です。

銀行の借金返済を停止して
浮いたおカネで、
支払っているからです。

当たり前の事ですよ。

銀行はワタシが
資金的困窮に陥った時に
ワタシにカネを貸さずに回収に走った。

クレジット会社はワタシが
資金的困窮に陥った時に
ワタシにカネを貸してくれた。

この違いですよ。

ワタシにカネ貸してくれる相手先には
キチンと返しているだけですよ。

引き続き、
ワタシの重要な「協力先」であるのだから。
 
 
ワタシは、
「事業主や経営者の最高且つ
最大のリスクヘッジとは何か?」と
訊かれると必ず答えます。

「取られるものが無い環境を作る事だ!」と。

とかく事業主や経営者は、
事業が上手く行き、
収入が好転すると・・・・・
大きな家など不動産を持ちたがります。

好調時はそれでよいでしょうが・・・・・
事業には必ずあるのです。
「盛者必衰の理」が。

事業が斜陽化してくると、
今度はその不動産等が
「足かせ」となって当事者に
襲い掛かってくるのです。

「新潟の資産家の元ボンボン」
が言うのですから間違いありませんよ(笑)

「スッポンポンのフル〇ン」の
人間の服を脱がせるヤツは
いないのと同じですよ(笑)
 
  
では、「不動産の差し押さえ対策」は、
どのようにすれば良いのでしょう??

これは、動産の差し押さえほど
単純ではありませんので、
別枠の「その9」で書きたいと思います。
 

追伸・文字媒体である以上、
多少「言葉足らず」の部分は
あろうかと思います。

それによる、誤解や曲解での
対応策のミスにおいて当方は
一切責任を負いません。

より細やかなアドバイスを
お求めになる方は、
どうぞお手数でも
「たちばなはじめ公式サイト」から
お問い合わせ頂き、
何らかの面談アドバイスをお受け下さい。
 
 
————————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー動画を
リニューアルしました!

「あなたが多重債務者になっても
復活できるここだけの話」

セミナーへ参加出来ない方は
ぜひこの動画をチェックしてみて下さい。

https://goo.gl/wXdVrU
※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<たちばなはじめYouTube>

たちばなはじめが出演している
YouTubeです。
お時間のあるときにご確認下さい!

https://youtu.be/lTOAQfwt5Vc

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ