【たちばなはじめの基本線】その13
「借金は、オバケとおんなじ」

 
その11と12で、
銀行含めた貸金業者の
貸付金に関する会計処理が
どのようになっているか?

また、それは法律上、
どのような解釈で
進められていくのかが
解って頂けたと思います。
 

ワタシが、
「自己破産させない屋」を名乗り、
「破産なんかしなくていい」と言い続け、
ワタシ自信も破産せず、
経済的困窮から逃れた経緯が
解って頂けたと思いますし、
融資が投資であり、それは世界的に
標準的な思考である事が
ご理解頂けたと思います。
 

でね・・・・
その「無担保状態になった
不良債権は期中で損金計上」された、
不良債権の処理の仕方なんですよ。

銀行は、必ず関連会社に
「債権回収会社(別名:サービサー)」
という会社を持っており、
その会社に債権を「クズ値」で
売却して損金計上しているんです。

「ポンカス債権」とか
言っているらしいですよ。アイツら(笑)

 
「クズ値」っていったい
どのくらいかと言うと・・・・
一律千円、とある資料には書いてあるな。

その12でご紹介申し上げた、
「銀行の貸し手責任を問う会」の
HP上にある、電子パンフレットを
読んでみてくださいませ。

http://www.kashitesekinin.net/

「11ページの7」について
上段の五行を読んでみて頂きたい。
一律千円となっています。

ワタシが独自に
つかんでいる情報によると・・・・
サービサーは、
数十本の債権をひとまとめにして、
数万円で銀行と入札等で
取引していると聞いています。

まあ、割り算すれば・・・・
一本の債権が数千円だから、
似たり寄ったりだな(笑)
 

そして、
その数千円で仕入れた債権でもって、
サービサーは「債権者風」を吹かせて、
額面通りの
請求をしてくるのですから・・・・
そんなのまともに
対応する必要なんか無いじゃんか。

そもそもその12で書いたように、
中小企業事業主は、
銀行と契約して融資を受け
返済が滞ったのであって、
債権回収会社は
この契約になど何ら関わっていない。

そんな契約上の無関係である
サービサーごときから
請求など来ても・・・・
対応することそのものが契約違反じゃんか(笑)

「ワタシは銀行とは契約したけど、
〇〇債権回収株式会社なんていう
ワケの解らん会社などと
契約していない。
そんな関係ない会社から
請求されてカネ払う。
そんな契約違反は俺には出来ない」
って言えばいいんだよ。

ワタシ、
実際に言ったらさ・・・・
それっきり電話来なくなったよ(笑)

サービサーだって、
クズ値で仕入れているわけだからさ・・・・

そもそも、満額で買ってもらえるなんて
ハナから思っていないよ。

だから、請求書が来ようが、
電話が来ようが(来ないけど)、
家に来ようが(来ないけど)一切無視。

万が一来ても、
「カネ無いから帰って。」って言って
もし帰らなかったら
警察呼べばいいじゃんか。
関係ないんだからさ。

「金融庁に不当回収行為で告発するぞ!」
って言うのもいいかも(笑)

モチロン実際に連絡してもいいよ。
 

なんでもいい。
しばらく放置しておいてごらんよ。

サービサーのやって来る「攻撃」の
一切を無視してごらんよ。

そうすると・・・・・
サービサーはしびれを切らせて・・・・
「和解案」を提示してくるんだ。

1億8千9百万円の借金を、
110万円に値引きしてくれるよ。

実に・・・・1億8千8百万円引き!(笑)

http://livedoor.blogimg.jp/tachibanahajimechan/imgs/e/a/ea5831f9.jpg

これだけの値引きをしてくれるよ。

だって・・・・当たりまえじゃんか!

奴らはこれを数千円で仕入れて、
債務者側に110万円で
売ろうとしているんだから、
これでも十分に大儲けだよね?

サービサーは、
数千円で仕入れたものが、
110万円に化ける。

債務者側は、
1億8千9百万円が、
110万円にばける。

銀行は、損金で落として
サービサーに売却して時点で、
こんな債権の事は、もう忘れている。

この一連の取引で、
「困った人」って・・・・・
いないよね?(笑)
 

110万円で買ってもいいし、
「もっと値引きしろよ!
数千円で仕入れているくせに!」
とか言って10万円くらいになって、
買い取ってしまえば・・・・
借金は終了だよね?

これ・・・・
買い取っているんだから、
「踏み倒し」とは言わないよね???(笑)

だから、
時効だのなんだのって・・・・
指折り数える必要も無いよね?

だって・・・双方合意の下で
商取引が完成しているんだからさ(笑)

たちばなはじめは・・・・
「踏み倒させない屋」なのですよ!(^_^)v
 

もし、交渉が不調で、
買い取り額の折り合いが
つかない場合は・・・・
そのまま5年放置しておいてもいいよね。

困るのはサービサー側であって、
債務者側は全然困らないよね?
だから放置しておけばよい。

時間がかかればかかるほど・・・・・
困るのはサービサーなんだからさ。
 

サービサーは、
債務者とナントカ連絡を取りたいけど、
貸金業法や自力救済の禁止などで、
むやみに自分側から
回収行為に打って出られない。

だから、彼らは
あのてこの手で文面による
「脅し行為」によって、
債務者自らサービサーに
連絡させようと考えるワケだ。

そこで・・・・ノコノコ
債務者側はサービサーなんかと
連絡とっちゃいけないんだって。

それこそ
「飛んで火にいる夏の虫」になるんだよ。
 

しばらく放置しておいてごらん。

すると、サービサーは
「和解案」や「妥協案」や
「懐柔策」を提案してくるんだ。
この機会をただただ待っていればいい。

「相手が弱みを見せた時の
交渉事には時間をかけない」
と言うのは交渉事の鉄則。

和解案・懐柔案・妥協案について、
債務者自身が
納得できるものだったら・・・・・
それを飲んでやればいいのだよ。

納得いかなければ・・・・
また放置すれば、
さらなる妥協案や和解案や
懐柔策を出してくる・・・・・かもよ(笑)
 
 
ワタシは良く言うんですよ。

「借金はオバケだ!」と。
 

「オバケがコワい」
と言う人は多いけど、
オバケがいる事を証明できる人はいない。

つまり、ありもしないものを
あるように見立てて「コワい」と言うのですよ。

ご相談者に「借金に困っているの?」
とワタシが訊くと、「困っています」と。

「じゃあその困っている借金を
ここに持って来てヨ」って言うと、
持ってこれるヤツはいない。

オバケじゃんか(笑)
 

返すと借金は終わらなくて、
返すのをやめると借金が終わり、
100円でも100億円でも
負債に関する法律は同じで、
「契約が、契約が」
とみんなは狼狽するけど、
「契約は約束ではない」のだったよね?

オバケじゃんか(笑)
 

オバケがコワいと言っても、
オバケによって殺された奴は
いないだろうし
証明できるヤツもいない。

だから、借金なんかで
死ぬ必要なんか、
まっ・・・・・ったく無いのですよ。

だから、借金なんかで
死ぬのはやめなさいって!
もったいないから(笑)

慌てなくていいよ。

人間は遅かれ早かれ、やがて死ぬんだからさ。
 
 
ガキの頃は全然意識して
いなかったんだけどさ・・・・
大人になってから言葉の深さに気付いたんだ。

「あわてない、あわてない・・・ひとやすみ ひとやすみ」って(笑)

最強の「負けない戦略」だよね。

一休さんて・・・
すげぇ!フィクションだろうけど(笑)

——————————————
自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

<セミナー映像のご案内>

たちばなはじめのセミナー動画を
リニューアルしました!

「あなたが多重債務者になっても
復活できるここだけの話」

セミナーへ参加出来ない方は
ぜひこの動画をチェックしてみて下さい。

https://goo.gl/wXdVrU

※音声ファイルは現在、販売を中止しております。

<たちばなはじめYouTube>

たちばなはじめが出演している
YouTubeです。
お時間のあるときにご確認下さい!

https://youtu.be/lTOAQfwt5Vc

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ