style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


こんにちは。たちばなです。

先日、神保町の異業種交流会で、
背後から声をかけられました。

「たちばなさん!お久しぶりです。
Kです。憶えていますか?」と。

以前に、
御茶ノ水の名刺交換会で
知り合った30代半ばの
個人事業主K君でした。

副業として始めた、
個人でのマンション投資で、
ローン返済額と家賃収入が
「逆ザヤ」になり、
赤字を垂れ流しながら
仕事をしていたK君。

本業で副業の赤字補てんをしようと、
売上増加の一環として参加した、
御茶ノ水での名刺交換会で、
私と名刺交換をし、
数日後に面談。

救済の手順を段取りさせて頂きました。

これまでの「case」として
何度もお話ししている通り、
お問い合わせが非常に多く、
最も我々が得意とするケース。

救済にはそれほど時間はかからないです。

「便りが無いのは元気な証拠。」

という言葉がありますが、
我々のクライアントは、
数か月間ある程度の
手ほどきをさせて頂くと、
クライアントから我々への
お問い合わせはグッ・・・・と減ります。

状況が好転していれば、
無理に我々とコミュニケーションを
取る必要はありませんからね。

K君の場合も、
契約して初めの頃は、
頻繁にコミュニケーションを
取っていましたが、
後にその必要すら無くなり、
他のクライアント同様に、
「状況が好転しているんだな・・・・」
など思っていました。

そんな彼が、偶然、
神保町の交流会で
声をかけてくれたんです。

100名超の参加者だったので、
彼が私に声をかけなければ
私は気づかなかったでしょう。

でも、わざわざ彼が私に
声をかけてくれたのは・・・・
収支状況が好転している何よりの証拠。

本当にうれしい再会でした^^。

もう一人の方にも再会しました。

50代の男性事業主Bさん。

その方はクライアントではありませんが、
数か月前に一度私のセミナーを
聴講においでになった方。

セミナー以来の再会でした。

「メルマガを始めたんだねぇ。
いつも読んでるよ。

面白いわ。

参考になるしね・・・・。

ところで、”たちばなはじめ”って
名乗ってるけど・・・
なんで ”たちばなはじめ” なの??」

「昔、”名門!多古西応援団!”っていう
コミックがありましてね。

その主人公が ”橘一” って言うんです。

二枚目と三枚目を併せ持つ
キャラクターで、
今の仕事を始めて、
ビジネスネームが必要だな、
って思った時に
まっさきに思いついたのが、
たちばなはじめだったんです。」

などとお答えし、Bさんは、
今後も興味深く読み続ける、
と言って下さいました。

また、その交流会では、
お二人の経営コンサルティングの先生から、
個別面談のご要請を頂き、
来週お目にかかる予定です。

ご自分のクライアントへの
救済手法に関して打ち合わせしたいとか・・・・。

5000円で飲食つきの交流会でしたが
お酒もたくさん頂き、
名刺交換もたくさんさせて頂き、
コストパフォーマンスの高い交流会でした。 

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はホームページで出来ます!
http://tachibanahajime.net/

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

<バックナンバー>
メールマガジンのバックナンバーは
こちらより確認が出来ます。

http://tachibanahajime.net/

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ