上京中の上越新幹線車内にて

たちばなです。

 
いずれ会うと思っていた。

「長岡駅とか新幹線とかで、
いずれ会うだろなぁ~」 
って、思ってるヤツと会った(笑)・・・

 
彼も長岡と東京の二重生活。

ワタシも長岡の隣町と東京の二重生活。

だから、いずれ会うと思ってた。
 

彼は新潟県では有名な企業の御曹子。

少し前に親父さん亡くなって現在は社長さん。
だから、ワタシも彼も「元ボンボン」(笑)
 

彼とは、2005年の秋からのお付き合い。

青年会議所で、ワタシが新潟県で
委員長職を仰せつかった際に、
ワタシのサポートをしてくれた。

縦長の新潟県で各地区を行脚した際に
運転手してくれた。

だから、彼は今でもワタシに会うと
「委員長!」とワタシを呼ぶ(笑)

未だにワタシをそう呼ぶのは、
この地球上で彼だけだな( ̄▽ ̄;)
  
その後に、
ワタシは小売業の事業に失敗して、
いろいろあって「たちばなはじめ」に
なっていくワケだけど、
彼も一時シンドい時期があった様だ。

前に一緒に食事したときに
彼が話してくれたんだ。

活路を見出だすために
東京マーケットに本格参入して、
現在は事業は復調。
  
3年前くらいに、東京で再会して以来、
折に触れコミュニケーションがある。

来月、都内で彼と本橋聡と新年会やる予定だったんだ
 
ワタシは今日から七泊八日。
彼は今日から四泊五日らしい。
 
ワタシは親父亡き後、
新しい人生を歩んだ。

彼は父親亡き後に事業を引き継ぎ、
更なる飛躍を目指す。

生き方の方向性は違うけど、
何となくシンパシーの様なものは感じている。

彼がどう思っているかは知らないけれど(笑)
  
  
もうすぐ「オレ達」は、雪国を脱出する( ̄▽ ̄)

———————————————–

東京神田小川町の事務所にて

たちばなです。
 
彼と会うのは三回目。

一回目は、一年半ほど前。

福岡セミナーを聴講頂いた後に、
福岡駅筑紫口付近のホテルで会った。
 
大手上場企業に勤める30代男性。
Vさん。大分出身で熊本赴任。

600万円ほどの借金があって、
返済が苦しいと。
家は賃貸。車はあるが古い。
生命保険がいくらか・・・・・と言う状態。

毎月20万円ほどの返済が苦しいとの事。
 

「生命保険は奥さんに契約者変更。
車は売っちゃって奥さん名義で購入し直すか、
奥さんに名義変更。

あと、転職してよ。
今の会社の給料が差押えになっちゃうから。
転職は必須だよ。

大丈夫。仕事はいくらでもある。
選べば無い。選ばなければあるよ。
どこも基本的に人材難だから。

あとは、ほっとけば、
時の経過によって借金は終わる。

ほっとけ案件だから
我々との契約の必要は無いね。」
 
と言うアドバイスをした。

当時のVさんに
転職のアドバイスは酷だったようで・・・・
「そんな簡単に転職なんて・・・」
と狼狽した様子だったのを記憶している。

「じゃあ返すしかないね。
でも返せなくなったら、
給料差押えられて退職金も
差し押さえられるよ。

それならその前に
退職しちゃえばいいのに。」
とアドバイスしたものの・・・・
Vさんは返答せずに面談を終えた。
 
これが一年半前の話。
 
 
二回目の面会は、半年ほど前。

同じく福岡駅筑紫口付近のホテルにて。

「あれからしばらく頑張ったが、
やはり資金繰りが厳しいです。
返済を停止するために、
退職の覚悟が出来ました。

今、就職活動中で関東で
働こうと思うんですが・・・・
妻が“借りたものは返すべき!”
の一点張りでして、どうにも困っています。

今日の面会も妻を
同席させようと思ったんですが、
“そんなアドバイスする人には会いたくない”と。
もう、勝手に進めようと
思っているのですが・・・・。」とVさん。

 
「会ったことも無い人間に嫌われるのって
・・・なかなかシンドいわ(笑)

でもさ、奥さんは連帯保証人じゃないし、
あんたは関東に単身赴任。
じゃあ奥さんに迷惑かけないじゃん。

早く就職活動して、関東に引っ越しなさい。
奥さんはともかく、
お子さんの為にそうするべきです。」とワタシ。
 
これが半年前の話。
 
 
三回目は、ワタシにメールをよこしてきた。

「無事、関東での就職活動が実り、
以前の勤務先より好条件での
再就職が出来ました。
近況報告をしたいので、
たちばなさんの事務所に
お邪魔したいのですがご都合いかがですか?」とVさん。

 
そんなVさんと昨日面会した。

「前の勤務先の名前を使って、
就職活動したら、前より好条件で迎えて頂き、
行動することの大事さを知りました。

実はその後、妻とは別れました。
やはり、たちばなさんのアドバイスによって、
私のとった行動に同意が得られなかったんです。

子供の養育費は毎月納める事で同意が得られ、
晴れて独身生活になりました。
養育費の原資は、返済停止した分を充てます。

実は・・・・現在の勤務先で彼女が出来まして、
結婚しようと思っています。
その人を連れてきました。
紹介したくって!」との事(笑)
 
彼女は、既婚者。

彼女夫との離婚協議が合意に至り、
私との面談の後に離婚届を提出に行くんだとか。

半年後に、
晴れてVさんと結婚するんだ、と嬉しそう。

「ぶ・・・・Vさん・・・・
なかなか変わり身早いのね( ̄▽ ̄;)」とワタシ。

その指摘に大声で笑うVさん。
 
「Vさんって・・・そんなだったっけ??
もっと暗くてウジウジしている
印象だったけど」とワタシ。
 
「ハハハ!たちばなさんに会ってから
元気になったんですよ!(笑)」と。大きな声で笑い
 
「え、彼って以前はそんなに
暗かったんですか?」と彼女がワタシに質問。
 
「そうだよ。一年半前は、
ウジウジしてて陰気臭くて
しみったれている印象だったな(笑)」とワタシ。
 
「そこまで言いますか!
たちばなさん!(笑)」と、また大声で笑うVさん。
 

「あのさぁ~嬉しいのは解るけど、
ここレンタルオフィスだから、
もう少し小さな声で頼むわ(笑)」とワタシ。
 
 
まさに瓢箪から駒。

借金抱えて、熊本から上京して再就職活動。

就職先は意外な好条件で採用。

これも瓢箪から駒。
 

借金からは逃れたが、
家庭も逃してしまった。

しかし、再就職先で彼女が出来て、
またVさんは新しい家庭を作ろうとしている。

これもまた瓢箪から駒。
 
 
勇気をもって行動したことで、
Vさんはいっときの不遇を我慢して、
その後の厚遇を掴んだんだ。

「高く飛び上がる為には、
一度深く沈みこまなければいけない」を実践したんだ。
 

彼女が出来て再婚する事については・・・・
ワタシは専門外だから、
いいだの悪いだの言えないけど、
とりあえず、相談者が時を経て
ニコニコしながらワタシに
会いに来てくれる事はワタシはウレシイ。
 
 
「たちばなさん、また近況報告がてら
お邪魔していいですか?」とVさん。
 
「ほっとけ案件だからアドバイスも無いよ。
それより、キミからカネ貰ってないから、
次来るときの面談料は10万だな(笑)」とワタシ。
 
「それじゃ、
ここに来られないですよ!」と、Vさん。
 
「そう。こんなところに
むやみに来ちゃいかん!」とワタシ。
  
  
なんか、清々しい思いでしたよ。

ワタシももう一回結婚に挑戦してみようかなぁ~(笑)

ウソです。レーコちゃん、ごめんなさい<(_ _)>

—————————————————-

自己破産しちゃいけない!

債務整理しちゃいけない!

自殺はもっとしちゃいけない!!

◯たちばなはじめ初心者の方へ

たちばなはじめって何者?
と言う方は下記のリンク
「たちばなはじめの基本線」を
ご確認ください。

なお周りで借金問題で
困っておられる方が
いらっしゃいましたら
ご紹介してあげてください。

「心の清涼剤」に
なると思いますよ

たちばなはじめの基本線
https://goo.gl/76z7sB

◯セミナー映像のご案内

たちばなはじめのセミナー動画を
リニューアルしました!

「あなたが多重債務者になっても
復活できるここだけの話」

セミナーへ参加出来ない方は
ぜひこの動画をチェックしてみて下さい。

https://goo.gl/wXdVrU

◯メルマガをご紹介下さい!

本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

◯たちばなはじめのセミナー情報

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!
https://goo.gl/zj2Ej2

◯たちばなはじめへのご相談
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ