style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


私は、私の自らの体験を元に、
「自己破産させない屋」をしています。

自己破産させない屋を名乗り、
仕事をするに至るまでに
師匠からの指導や救済を受け、
今日に至っています。

師匠からの救済を受けるには、
事前に師匠からの十分な説明がありました。

何せ、今まで聞いた事がない事だったからです。

現在、私に面談を求める方々も・・・・
事前に十分な説明を求めますし、
私も対応しているつもりです。

それは、今まで聞いた事が無い
仕事の仕方だと思われているだろう・・・・
と、私自身が思っているからです。

私は、面談者に3つのご用意をお願いしています。

1.思い切り
2.発想の転換
3.家族への思い

この3点です。

1と2は・・・・
先ほど記載したように、
今まで聞いた事が無いやり方なので、
心の準備として必ず必要です。

傾向として・・・・
50歳を超える経営者さんには、
なかなかこれが出来にくい様に感じています。

私も、資金繰りに困窮している時は
38歳でしたが、1と2の準備は
なかなかできにくい性分でありました。

私の場合は、1と2の準備は
あまり出来ていなかったですが、
3が非常に強く、
当時は経済的にかなりのレベルで追い込まれ、
両親や妻、子どもの離散を
考えるほどに追い込まれていた経緯から・・・・・
すがる様に師匠に救済を求め・・・・
現在に至っています。

実は、師匠の存在は・・・・
更にその2年前に知っていました。

とある方から師匠のセミナーを
おこなっている様子を収録した
ビデオテープを借用して観ていたからです。

でも、ビデオを観た当時は・・・・
余裕が無い資金繰り状態でありましたが、
どこか「対岸の火事」として
自分の中で飲み込んでしまっており、
救済を求めるに至りませんでした。

その後、少しずつ少しずつ・・・・・
困窮度合いが高まり、
改めて救済を求めるまでに2年かかりました。

今・・・・私は、
困窮する資金繰りから逃れ、
毎日充実した心境の中、
仕事をさせて頂いております。

私見ではありますが、
もしその逃れる方法が、
「自己破産」だったとしたら・・・・・
現在のワタシはいません。

ただ、保有していた資産はすべて没収され、
手元の資金も残す事が許されず
・・・・・丸裸。

弁護士はホクホク顔。

私の様に2年かかる人もいれば、
私の2分のプレゼンで
すぐ救済を求める人もいる。

何度も何度も電話で
問い合わせてくる人もいれば、
いちいち私の言う事を
弁護士に問い合わせて
「ウラ」を取る人もいる。

早期治療を行えば、得る収穫も大きい、
という事が言えるからです。

私は、私自身の経験として、
2年間情報を温めてしまいました。

今、私は幸せですが、
2年間の間に放出してしまった資産も多く、
もしもう2年早く実行していれば・・・・

得る収穫は、
現在の比にならないほどものであった事が
容易に想像出来ます。

家族を守る為に、
借金地獄から逃れるだけではダメです。

自分は幸せかもしれませんが、
家族は幸せにならないからです。

早めの取組で
多くの収穫が得られます。

家族にもたらす利が増えるんです。

一時、金融機関より
資金調達が受けられても、
それはその場しのぎにしかなりません。

コスト削減は、
もう十分されたのではないですか?

「人切り」という名のリストラは、
もう十分されたのではないですか?

資金調達も、
だんだん金融機関の担当者の態度は
冷たくなっているのではありませんか?

労働時間のみが増え、
得られる収益が
減っているのではありませんか?

本当の事を教える人間は、
私含めて国内には数人しかいません。

私でなくてもいいです。
正しい情報を入手する努力を怠らないでください。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ