style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


私にはまだまだ知らない事がたくさんある、
という事を痛感させられるご相談でした。

不可解なビジネス提携だと思うんです。

こんなご相談を頂きました。

会社役員のAさん。

Aさんが、WEB上の貸金業者に
融資を申し込む為に連絡をすると・・・
業者はAさんに対して、
弁護士に面会する事を勧め、
Aさんに弁護士の知り合いが
居ないとわかると、
業者指定の弁護士を紹介し、
その弁護士はAさんに対して、
個人再生を勧めたんだそうです。

貸金業者と弁護士が結託をした上で、
各々の客を融通しあっている様に
思えて仕方がありません。

弁護士はAさんに対して、
1500万円ほどの借入金を
200万円程度に圧縮する
仕事を提案されて、
その費用は毎月65000円を
10か月に渡って支払ってくれ、
というのだそうです。

200万円の借入金を支払って、
それに加えて、
弁護士費用が65万円で
合計265万円です。

お金に困っている人間にとって
265万円は途方もない金額です。

1500万円程度の負債で
自己破産しようとしたって、
265万円なんかかからないはずです。

現在の相場を踏まえますと、
弁護士費用で265万円かかるとしたら・・・・

それは暴利であると
いわざるを得ないでしょう。

借金に時効がある旨を
話さなかった事を付け加えます。

さらに加えて・・・・・
単純な一般論として、
自己破産や、任意整理、
個人再生も含めて、
債務者の債務圧縮に
協力する立場の弁護士が、
金融業者によって紹介されるという
提携も非常に不可解です。

私の理解不足かもしれませんが、
現時点での私の頭脳ではまともに解釈出来ません。

貸金業者が本当に善意で
弁護士を紹介したのかもしれませんし、
この弁護士もたまたま
その貸金業者とつながりが
あっただけかもしれません。

一概には言えませんが、
現時点で私が申し上げられる事は・・・

貸金業者と弁護士の選定は
慎重にされます様に・・・
と言うより他ありません。

また、最近は士業の先生みずからが
債務に悩むケースが増えて来ました。

私には弁護士・税理士・司法書士
以外の士業のクライアントが
数人いらっしゃいますが、
すべて救済出来ています。

と同時にこれも一つの
時代の流れを感じます。

一昔前は、

「士業の資格を取得すれば
”食いっパぐれ”ナシ!」

という時代でした。

でも現代社会はそれを許しません。
士業で債務に苦しんでいる方の
多い事多い事・・・。

尤も、我々の認識も通常では、

「資格は取得するよりも、
世の中に数多いる有資格者を
安く使う方がはるかに効率的である。」

という認識ですからね・・・・。

当社の顧問税理士を
してくださっている、
日暮里の税理士であるT先生、
日頃から親しくコミュニケーションを取りながら、
様々なアドバイスを下さいますが、
T先生の周辺にもいわゆる
「食えない税理士」や
その予備軍が少なからず
いらっしゃるそうです。

確かに、いろんな異業種交流会でも
税理士さんって・・・結構多いです。

事業意欲に旺盛で
参加しているのか・・・・・
または、顧客が獲得できず、
参加しているのか・・・・・

イチイチ確認など
出来るはずありませんが・・・・・。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ