style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


練馬区在住の30代経営者との面談でした。

Mさん。

「たちばなさんのホームページを
見て電話したんですが・・・」

との事。

私のホームページには確かに
私の電話番号が記されていますが、
これまでホームページを通じて
お問い合わせ下さる方の全てが、
ホームページ上の
「お問い合わせフォーム」からのアプローチでした。

正直言って、
いきなりお電話下さった方は初めてでした。

豪雪吹きすさぶ新潟県から
池袋に向かう高速バスの車中で、
その電話を受け取りました。

あまりの吹雪にバスの乗客は3人。

私以外の2人の乗客はバスの前の席。

私は最後部の席を陣取った都合上、
比較的電話で話しやすい環境だったわけです。

今回は、地元から池袋に到着するのに
7時間を要しました。

Mさんからの電話以外は・・・
ただただひたすら大好きな
高杉良の小説を読み続けていました。

Mさんが、
いきなり電話を下さった理由は
・・・・本メルマガに
幾度か登場している仕事上の同志、
サギシマンのK君の
取り計らいがあったからでした。

”サギシマン”を名乗るK君は、
都内で金融関連のコンサルティングを
個人事業として営んでいる男。

私と類似業種ではありますが、
同業者ではなく、
各々の得手不得手を補い合っている関係・・・・。

私に出来なくて、
彼に出来る事があり、
彼に出来なくて私に出来る分野があり、
債務者救済の為に
お互いの不足部分を補う為に、
お互いのクライアントを融通し合っているのです。

今回の練馬区のMさんは、
サギシマンの得意分野ではなく、
また彼らの手法での救済は
Mさんの経済力とサギシマン側の
コストバランスが折り合わず、
サギシマンがMさんに

「”たちばなはじめ”さんという方が
きっとMさんの救済が出来るはずだから
ホームページを辿ってみて。」と
勧めてくれた事からのご縁でした。

高速バスの池袋到着時間に合わせて、
Mさんが私の指定した場所に
おいでくださいました。

銀行・ノンバンク・クレジットの
10社近くの合計で約700万円の負債。

全て無担保融資。

会社を営んでいましたが、
会社経営上の行き詰まりから
”うつ状態”になり、
仕事を継続する事が出来なくなり休眠状態。

収入の道が絶たれ生活保護へ。

債務を負い、
生活保護を受けている状況下で、
無料弁護士相談で
自己破産を勧められたそうです。

費用は30万円の提示。

相場的に考えると、
700万円の負債で30万円の費用は
・・・まあまあ良心的、
というのが私の感覚ではありますが・・・・
Mさんは生活保護を受けている方です。

なーんも持っていない状態で
弁護士の提示した30万円というのは、
Mさんにとっては
途方も無い金額ではあると思います。

また、Mさんは”うつ”を克服した後は、
また会社を続けたい希望を持っており、
自己破産してしまえば会社は無くなり、
再建しようとすれば
また会社の登記に
30万円近くの費用を必要としてしまいます。

私から、いつもの様に・・・・

「借金には時効があるのを知っていましたか?
または、弁護士がそれを
アナタに教えましたか?」と訪ねると、
Mさんは一瞬”キョトン”とし、
しばらくして「初めて聞きました。」と・・・・・。

幸い、Mさんの”うつ”は、
快方状態に向かっており、
年内で生活保護受給を止め、
仕事を再開予定です。

我々は仕事をさせていただく事になりました。

時効を目がけて債務問題を
解決していく手法には
批判が多い事は知っています。

でも、ニーズが高く、
債務に苦しんでいる人がいる以上、
我々は仕事をします。

また、多くは書けませんが、
時効を目がけて債務の問題を
解決するケースは少数派。

まだまだ色んな解決方法があります。

それは債権者との交渉の過程に於いて
随時クライアントと話し合いながら
決めていくのです。

借りた金を返すな、と言う事ではなく、
優先順位を考える、
という概念が世の中に浸透していけば、
年間3万人の自殺者を
少しでも減らす事が出来ます。

先週も私の地元の商店街で
小売業を営む店主が自ら命を絶ちました。

伝え聞いた噂によると、
多額の債務があった様です。

亡くなった私の父親の高校の後輩で、
私の実家にも何度か遊びに来た事もあり、
無論私も顔見知りでした。

母親が弔問に出かけましたが、
残された奥さんのパニックぶりは
大変に痛々しかったそうです。

その店主も、
我々の様な知識があれば
自ら命を絶つことなどなかったはず・・・・・・。

強くそう思います。

どんな形の負債でも、
どんな金額の負債でも、
どんな経緯で負った負債でも・・・・
我々は言い続けます。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ