style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


池袋でかつて日本一の高さを誇った
高層ビルの上層階で、
「不動産コンサルティング」を名乗る、
関西圏出身の兄弟経営者に
お目にかかりました。

「F兄弟」です。

兄31歳。弟25歳。

共通の知人である、
都内の税理士先生に連れられて
数ヶ月前に私のセミナーを
聴講されてからのご縁で、
その後お兄さんとは何度か食事をしました。

その兄弟からの声をかけて頂き、
高層ビル4階の喫茶店で面談。

F兄弟は資金繰りに困っている
経営者ではありません。

業績が順調そうである事は、
彼らの口調から窺えました。

彼らの面談内容は「提携の模索」でした。

「自己破産させない屋」と
「不動産コンサルティング」の提携・・・・。

私には、
すぐに互いのメリットを
見出すには至らず、
真意をはかりかねました。

F兄弟の会社で求めているお客さんは、
不動産投資をしたい
一般の個人事業主及び中小企業。

私の求めているお客さんは、
資金難で資金困窮している
一般の個人事業主及び中小企業。

「互いのニーズが相反している。」
と私は思ったんです。

だからこそ「F兄弟」の話を
聞いてみようと思ったんです。

私は、不動産の事に関しての知識は
殆どありませんが、
一般論として・・・・
人口減少や、長期不況により
不動産取引が一時期より
収益の上げにくい業種である昨今、
30歳そこそこで
池袋の高層ビルに事務所を構え、
従業員を雇い仕事をしているんですから、
F兄弟の不動産コンサルテーションは
当然否定出来るものではありません。

コンサルテーションの
精度が高いからこそ
会社を維持出来ているのでしょうから。

兄弟の人柄も大変誠実で、
お兄さんの人格もさることながら、
一生懸命社長を支えようとしている
6歳下の弟さんが印象的なんです。

そんな彼等の提案。

一言で言うと、
「互いの仕事の”関西圏”進出」
でありました。

私、現在都内で仕事をしていますが、
中京地区より西のクライアントに関しては、
全くルートを持っておらず、
既存のクライアントのご紹介のみで
仕事を行っております。

そんなネットワークの希薄さを、
関西圏出身の彼等が補わせてくれる、
というのです。

一方で、「F兄弟」側の狙いは
・・・・ここからは想像の域を出ません。

あくまでも想像ですが・・・・。

不動産投資に興味がある方が
メインターゲットなんですから、
投資意欲旺盛な人を探している。

ただ「投資」と名前がついている以上、
100%の投資成功は無い。

数少ない、投資失敗事例を
私を使って救済しよう、
という思惑があるのではないか、
と想像したのです。

本当にただの想像ですが。

私からは、
F兄弟側に新規の債務者を
ご紹介頂く度に、
こちらから提供出来る「メリット」を提示し、
それを受け入れて頂きました。

今後は関西圏でも講演やセミナーを
させていただく機会がさらに増えそうです。

言う事はどんな方でもあまり変わりません。

「自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!」

です^^。

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ