style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


先日、都内で仲良くして下さる、
とある経営者に言われました。

彼はとある異業種交流会で知り合い、
友達付き合いをしています。

資金難な経営者ではありません。

「たちばなさん、
見ず知らずのたちばなさんに、
いきなりシビアな
資金繰り相談って・・・
そんなに件数あるの?」と。

私も、都内で仕事をさせて
頂く様になった当初は、
毎日の様に異業種交流会や
名刺交換会を廻り、
困っている人を探し回って
歩く日々を続けていましたが、
最近はあまり異業種交流会に
出かける事は少なくなりました。

なぜかというと、いろんな方と
名刺交換をしているうちに、
その方々のお知り合いやご友人、
お取引先をご紹介頂ける様に
なったからです。

おかげさまで提携先も数多く頂き、
基本的には「連絡待ち」で
いられる体制ができつつあります。

尤も、現在も時間が空いている時は
参加する様にはしていますが。

資金繰りに困っている方を
紹介してくださった方の中で、
事前にお約束した方には
「提携先」として、
契約に至った際に
「紹介手数料」をお支払しています。

「そんなのいいよ!
助けてくれればいいんだ。」
っていう方も多いですけど。

そういった「提携先」は
都内でも両手では足りないくらいの
件数になりました。

そんな中、
とある都内の経営者
「Sさん」からのご提案。

Sさんは我々との提携を
目的として接触をして下さいました。

彼から・・・・

「現在、私の知る限り、
たちばなさんの仕事は
オンリーワンだと判断している。

たちばなさんがクライアントから得る
報酬は安すぎるので、
手数料を増額して、
増額分の半分を”山分け”しないか?

それだったら、
当社のノウハウを駆使して
たちばなさんにお繋しますよ。」

というご提案。

私は即座にお断りしました。

通常、提携先に私から
提示する手数料は件数に応じて、
1万円から数万円。

「S」さんからの提案は
一件につき数十万円。

Sさんの提案を受け入れると、
私やSさんの手に入る報酬は
今の5倍から10倍くらいに
跳ね上がります。

これをもし実行して
客数は減っても客単価は上がるので
仕事は成立するでしょうし、
私の懐も更に温かくなる事でしょう。

でもね、自分が三年前に
自分の師匠から救済を受けた時に、
わずか数万円の資金で契約を行い、
救済してくれた、
「震える様な」経験をした私にとって、
それをお受けする事はすべきでない、
と思いました。

そして、
なるべく数多くの方々に
この経験をして頂きたいと思いました。

私だって、仕事ですし商人ですし、
家族がいますから、
お金は頂きますので、
きれいごとを申し上げるつもりはありませんがね。

明日も明後日も、
面談の依頼を頂いています。

百数十万円の負債の方から、
億単位の負債の方までいらっしゃいます。

それぞれの人間模様を伺いながら、
頑張りたいと思います。

追伸・

7歳の長女にこんな事を言われました。

「パパの仕事でのお名前って・・・
”たちばなはじめ”だっけ?
なんで嘘ついて仕事するの?
パパは助けるのが仕事なんでしょ?」と。

返答に困る私を見て、妻は長女に・・・

「もう少し大きくなるとわかると思うよ。
でもパパは困っている人を助ける
立派なお仕事なんだよ。」と。

長女は「ふーん・・・・」とだけ答え、
鳥の唐揚げを食べるうちに
話題が変わりました。

妻の長女に対する、
この説明が適切だったのかどうかはわかりません。

でも、少なくとも私は
家族からの支援を受けて
仕事が出来ている事が確認出来ました。

ただ・・・・
本質的に長女が
私の仕事を理解するのは
まだまだ先になりそうです。

理解出来た時に私はすでに
この世からいなくなってるかもしれませんね^^;。

娘が理解できた時に
もし私が生きていたら、
娘にも言います。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ