style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


都内で占術をおこなっている
「I」さんのお知り合いを
ご紹介頂きました。

静岡県のとある街で、
建築業に関わる20代の女性から
面談の依頼を頂きました。

M子さんです。

父親が社長、母親が財務会計、
本人は昨年末からその会社に入り、
いずれ自分が後を継ぐ意思を
持っていた様です。

入社後まだ数か月しか
経過していない中で、
あっという間に会社の内情を理解し、
「のっぴきならない状況」
である事を理解し、
Iさんに相談したところ、
Iさんが一週間ほど前に銀座で行った
私のセミナーを聴講され、
M子さんと私を繋いでくださった、
という事です。

借入総額2000万円超。
全て無担保。
大半が信用保証協会付の融資。

我々のクライアントとしては、
救済については
それほど難しくない案件。

すべてはM子さんのご両親の腹一つ。

このご時世、担保も取らずに
2000万円も融資するのは
賢い人間のする事ではありません。

こんなものは貸した側が悪い、
という事で我々は粛々と
M子さんの会社救済の為に
仕事をさせて頂くだけなのです。

信用保証協会融資の実態
(カネの流れ)については、
本メルマガの「case25」に記載しております。
ぜひ一読頂きたい。

このカネの流れがわかると、
キチンと優先順位を考えて
返済する事が出来ますし、
返済に日夜悩み続ける事も無くなります。

まして、借金なんかで
自殺しようなんて気にはならないはずです。

M子さんにも、
上記の保証協会のお金の流れや、
借金・税金に時効がある事。
自己破産する事の無意味さ等々・・・・・・
約1時間40分ほどの時間をかけ、
じっくりご説明させて頂きました。

さすがに20代。
どちらかと言うと、幼な顔。

私の説明に時に喜喜とし、
時に涙を浮かべ、
表情豊かに話を聞いて頂きました。

M子さんは、
自分の会社の置かれた状況は、
まだまだカワイイ方で、
救済されるのはそれほど難しくない事を
よくご理解頂いた様子でした。

その上で・・・・

彼女にはもう一つ
乗り越えなければならない
壁があります。

それは、M子さんが事前に
ご両親に相談せずに、
私と面談された事です。

彼女は会社内での扱いは、
「一人の従業員」に過ぎません。

ワタシの仕事は、
最終決裁権者でなければ
決済できない内容の仕事です。

M子さんが如何に会社を慮ろうと、
一従業員である彼女は決済出来ません。

決済できるのはご両親です。

M子さんのご両親は、
自分の娘が、都内で
「自己破産させない屋」などと称して
商売を行っている、
「太ったハゲ頭」と都内で
面会している事など
知る由もありません。

多くの人間が、
債務の問題を片付けられるのは、
弁護士のみと思っている社会状況下で、
彼女が私から100分ほど
聞きかじった知識を両親に話し、
静岡から上京させるのは至難の業です。

ワタシが、静岡に行くことになれば、
面談料とかかる交通費は
頂かなければなりません。

大きな金額ではない、とはいえ、
資金がタイトな企業を運営するご両親が、
半信半疑な「業者」をお金を払ってまで
招き入れる事は・・・・・
M子さんが思っているほど簡単な事ではないでしょう。

M子さんは、私から救済の知識を得て、
喜喜として帰っていきましたし、

「父親はともかく、
財務管理している母親を
説得して見せます!」

と言い残しました。

私は
「特に契約を急ぐつもりはありませんが、
いたずらに時間をかけてしまうと、
M子さんの会社の資金が
ショートしてしまいます。
バランスをよく考えて行動してください。」
と申し上げました。

M子さん・・・・
もうすぐ「華燭の典」を迎えるんだとか。

その時までに、
何とか仕事をさせて頂いて、
財務内容が好転した後に
おめでたい席を迎えて欲しいなぁ・・・・・・。

まぁ・・・・
とりあえず本人が喜んで帰ったから、
今日のところはヨシとするか・・・・・
などと考えつつ、
次の予定の場所へ移動しました。

M子さんを紹介して下さった
占術師のIさんから、

「たちばなさーーーーーん!
M子さんから連絡あり、
大満足の様子でしたよ!」

とメッセージを頂きました。

そこまで喜んで頂けたのなら、
きっとご両親への説得も
上手く行く事でしょう・・・・・。

次のご連絡を待つ事に致します。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ