style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


JR浜松町駅北口付近のファミレスにて、
埼玉県のとある経営者と面談しました。
M子さんです。

M子さんは、40代の女性経営者です。

2週間ほど前に当社ホームページに、
「セミナー聴講希望」として
お問い合わせを頂きまして、
セミナー聴講の後、
我々の仕事の知識を理解した上で、
改めてご連絡を頂き、
この度の面談となりました。

総額約1000万円。
一部担保設定があり、弟さんが保証人。

ご商売の月商が300万円台の規模で
月額の元利返済が20万円を超えている状態。

なかなか厳しい経営状態。

元金や利息の返済をグッ・・・と押さえても、
抜本的に経営が改善できるか微妙な状態。

営業利益の段階で儲けが出ていなければ、
会社を仕事を存続していく意味が
ありませんからね。

また、こんな経営状態でありながら、
顧問税理士さんへの報酬が
年間で50万円以上。

あんまり協力体制が出来ていない、
と思いました。

こんな顧問は即刻解任すべきだと思いました。

ご商売の継続を今後どうするか・・・・
という事も視野に入れつつ、
どんな形になるにせよ破産はさせない、
というコンサルテーションを
展開していく事で合意を得ました。

M子さんはバツイチ。

思春期を迎えた3人の子供を抱え、
千葉県内と埼玉県内の2店舗を
保有している経営者で、
100キロ近い道のりを毎度毎度
行ったり来たりしているんだとか。

微妙な時期を迎えた、
お子さんたちは母親が見ている状態。

子供とのコミュニケーションについても
苦労している様子が
言葉の端々から感じられました。

だからこそ私も、
「そんなにしてまで、赤字出してまで、
やらなければいけませんか?
給料も十分取れていないみたいだし・・・。

お勤めに切り替えた方が
損得勘定だけから言えば、
その方がいいでしょう。
お子さんたちとの時間も取れますし。」
と何度も申し上げたんです。

M子さんには、
離婚後にお付き合いをしている、
パートナーさんがいらっしゃいます。

30代前半の男性です。

元プロ格闘家でしたが、
現在は引退され、
M子さんのお店を手伝っています。

「こんな事を申し上げるのは、
なかなか口幅ったいんですけど、
パートナーと二人で会社やって、
十分給料貰えずに
100キロ超える通勤を月に何度も重ねて、
子供の養育は母親任せ。

誰も幸せになっていないですよね。

我々は”自己破産させない屋”ですから、
商売を続けるにせよ、
続けないにせよ、
破産させないでコンサルテーションを
展開する事は出来ますが、
我々のコンサルテーションを受けても、
更なる企業努力を続けて頂く事には
並々ならぬ努力が必要ですよ。

損得勘定だけで言えば、
会社を辞めてしまってお勤めに出れば、
今よりも所得水準は上がり、
子供との時間も多く取れる、
という事ですよ。

会社の存続をどのように考えるかは、
我々では決められません。

それを決められるのは、
我々でもなければ
パートナーさんでもありません。

M子さんだけです。
良くお考えください。」

なかなか、ヘビィな面談になりましたが
幸いだったのは、M子さん自身が
大変に快活で明るい方であった事です。

自分が大切に続けてきたご商売を、
最近知り合った人間が、
存続だとか廃業だとか、
勝手な事を言っている中でも、
彼女は笑顔を絶やさず、
我々の考えを吸収して下さった事でした。

パートナーさんは、
これまで若い頃から
格闘技に時間を割いてきた為、
M子さん曰く、
「社会経験がまだ少ない」との事。

M子さんの会社で仕事を手伝いながら、
社会経験を積んでいるんだとか。

case124で書いた
クライアントさんの状況と、
逆の展開だなぁ・・・
なんて思いながらの約2時間半でした。

国内の中小零細企業の約90%が、
単年度キャッシュフロー上の
赤字である事が統計上出ている
日本経済社会に於いて・・・・・
もはや、我々の知識を持たずに
会社を経営する事は、
「罪」であると思うようになりました。

知っていれば、破産しなくて済む。
知っていれば、死ななくて良い。
知っていれば、家族が不幸にならない。

面談していて、
「破産したって、べつに良い。」
なんて言う経営者も稀にいますが、
自分の事だけを考えれば、
破産もいいでしょう。

でもその周辺で巻き込まれる方は
たまったもんじゃありません。

国内中小企業に於いて、
その「周辺」とは、家族です。

家族を巻き込む事がわかっていて、
「別に良い」なんて言っている経営者は、
会社など経営すべきではない!
と強く思います。

今後も我々は、
困窮者との面談を続けますが、

破産で得られるメリット。
破産で得てしまうデメリット。

優先順位をよく理解した上で、
我々との面談に臨んでいただきたい。

そう思います。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ