style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


以前に五反田にて
面談させて頂いた方から
久しぶりのメール。

「久しぶりにお話ししたいので、
時間を取って欲しい」との事。

池袋駅付近のいつもの喫茶店で
お目にかかりました。
40代男性のSさんです。

一年ぶりにお目にっかかって・・・
正直ビックリしました。
一年前との変貌ぶりに。

一年前のご相談では、
確か1000万円超の負債があったが、
その負債がすでに銀行から
債権回収会社(以下:サービサー)に廻り、
執拗な督促に困っていた・・・・
と言うようなご相談であった、
と記憶しています。

既に債権者側に
返済をしていない状況だったので、
我々のコンサルテーションを受ける事で
Sさんには新たな支出が
生まれてしまう状況だったので、
我々との契約をお勧めせずに、
その時にワタシが実行したアドバイスは・・・・

「基本的には、
そのまま放っておかれては?」

というものだった、と思います。

当時は、
サービサーの執拗な督促に
疲労の色がアリアリ。

精神的に追い詰められている
状況ではありながらも、
その他のいろいろなお話しの中で、
「自ら乗り切る」選択をし、
お帰りになったんです。

それがこの度、
池袋で再会したSさんは表情も明るく、
身なりもオシャレに。

「お久しぶりです!
その節はお世話になりました!」と、
ハツラツとした表情と声で
私の目前に座られました。

その後のサービサーとの交渉を
どうにか乗り切り、
時効等を狙わずに、
わずかな示談金を幾らかお支払して、
借金苦を解決されたんだそうです。

その後別のビジネスを始め、
一定の所得を得られるようになり、
それについて私に
提携を求めてこられたのです。

その提携案に
私は乗る事は出来ませんでしたが、
一年前に土気色した表情で
救済を求めていたSさんが、
その後時を経て、
どんな形にせよ、
「前向きな話」として私に再会を求めて
来て下さったという事実は、
私に例えようのない充足感を与えてくれました。

こういう時に、
世の中の一部の方々とは言え、
ワタシの存在は必要とされているんだ、
と感じるんです。

「また、頑張ろう!」って思いながら
その後に予定されていた、
セミナー会場に向かいました。

執拗な督促や請求も、
「請求や督促が来てしまう。」と考えるよりも、
「請求や督促しか来ない。」と考える事で、
気持ちの面で随分気持ちが
ラクになる事を我々は経験上知っています。

国内法上、
如何なる債権に関する債権者の請求行為に、
暴力や脅迫は認められておらず
その行為は厳しく制限されています。

一番わかりやすいのは
その請求行為を行う時間帯。

「朝8時以前と夜8時以降」
の請求や督促行為は
法律で禁止されていますから、
「夜討ち朝駆け」なんていう言葉は今は死後。

また日中の請求行為であっても、
債務者宅に押し掛け、
債務者側が”お金が無いから帰って欲しい”
と言って帰らなければ、不法占拠。

債権者が激高して
胸倉をつかもうものなら傷害。

お巡りさんを呼ばれれば、
困るのは債権者側。

更には、その請求行為の執拗さが
マスコミなどに漏れてしまえば・・・・
「ペンによる弾圧」を受けてしまいます。

ですから、
「督促が来てしまう。」ではなく、
「督促しか来ない。」と考える事は、
的外れな事ではありません。

全ては気持ち次第、という事です。

ワタシが日頃、

「国内法は、借りるまでは貸す側。
借りてからは借りた側が絶対的に強い。」

と言うのはこんなところからも明らかです。

だから優先順位を考えながら
返済を実行する事で、
破産しない解決策を選択出来るのです。

自らの生活や
家族の幸せな生活を
後回しにしなくても良いように、
また、高いカネを支払って
破産の相談などしなくても良いように、
家族のなけなしの収入を取り上げて
会社に入れてワザワザ返済を
実行しなくても良いように、
国内法は出来ているんです。

「優先順位を考えて頂きたい」というのは、
こういう事です。

俗な言い方をすれば・・・・
債権者側だって、基本的には勤務員。

そこで妙な回収行為を行って
警察沙汰になれば、
自分の立場が危うくなる。

これらの事を踏まえれば、
サービサー含めた債権者側の請求や督促も、
その書類が送られてくるだけ。
という事になります。

そして、時を経て債権者側は
限られた許される請求行為の中で、
優先順位を考え・・・・
一部のカネを頂く事で、
和解を求めます。

Sさんは、
自分でそこまで交渉を重ね、
持ち込み、
自ら借金問題を解決したんです。

無担保融資のみだった
Sさんのcaseとしては
この対応でまずまず、
良かったのではないかと思っています^^。

一番大切なのは、
ご自身が大変に満足されている事。

ハツラツとした表情で
お目にかかれて何よりでした。

「資金繰り改善の第一歩は知る事から」です。

このSさんのcaseの様に、
自分で乗り切るcaseもありますし、
自分で乗り切りたいご意向の方々は
私はそれを支持します。

その為のアドバイスなんかもさせて頂きます。

”一人で悩んでいてはいけない!”
というアドバイスだけは、
弁護士先生方のアドバイスと同じ、
という事です。

家族や従業員を優先した
返済を行いましょう。

国内法はそれが出来るように出来ています。

貸し手側にだって
「貸した責任」はあるんです。

全てが借り手側に責任がある、
と考えるのは明らかな間違いです!

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ