style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


某所発生した
殺人事件のニュースを見ながら書いています。

経済的に困窮しており、
生活保護を受給していたんだそうです。
そんな中の撲殺。

本当に、本当に胸が痛みます。

知識が無いばかりに、
凶行に打って出てしまう・・・・。

加害者を庇うつもりはありませんが、
被害者が出ている以上、
貧困がキーワードになっている事件に
胸は痛むばかりです。

私の存在を”知っていれば”、
事件は防げたかもしれない

私の仕事の内容を”知っていれば”、
事件は防げたかもしれない

お金のホントの事を”知っていれば
”事件は防げたかもしれない

私のセミナーを聴いていれば、
事件は防げたかもしれない

おこがましいとは思いますが、
私は、私の知識や経験をお話しする事で、
数多くの命が救えると思っています。

情報の拡散が
私の仕事のキモであると思っています。

最も早く、最も効率的な
情報の拡散手段を模索しながら、
webとセミナーの二本立てで
現在は仕事をしているわけです。

年間三万人前後の自殺者がいて、
自殺未遂者を加えると
その数は9.7倍に膨れ上がる数の中で、
その内の約35%が”お金がらみ”。

これだけの数の方々に
私のセミナーを聴いて頂ければ、
その方々全員が死ななくて済む、
死のうとしなくて済むという事です。

これまでも何度も書いていますが・・・・

残念ながら、
”正直者がバカを見る世の中”
になってしまいました。

いつだってそのしわ寄せは
社会的弱者にやって来ます。

「借金」というキーワードを
起点に考えますと・・・・
本メルマガ読者は、
貸した側が強者であり
借りた側が弱者である印象を持ちませんか?

多くの事業主が取引銀行を
「銀行さん」と呼称する事からも
そんな様子が伺えます。

”借りた金は返すもの”という、
日本独特の固有概念。

これを否定するつもりはありませんが、
欧米のスタンダードは、
”貸した側にだって責任はある”
という概念が一般的である事から考えると、
少し思考が変化するのではないでしょうか??

日本の法律は、
絶対的に借りた側が強い様に
出来ています。

貸し手側の回収行為は
法律で厳しく取り締まられている事は
これまでも書いてきました。

ですから、実は国内法は、
強者が債務者であり、
弱者は債権者である、
という事に気がついて頂きたい、
と毎日毎日切望しながら、
お話しさせて頂ける環境づくりに
日々腐心をしているのです。

病気も資金繰りも
「早期発見・早期治療」です。

会社の再構築も早期に治療すれば
経済効果は高いです。

そこに気が付いて頂きたい!

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ