style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


とある方からのご紹介で
お目にかかりました。

五反田のイタリア料理店にて。

30歳の男性。
保険業を営む「Kさん」です。

ご本人は横浜市にて賃貸物件に住み、
母親と親族が同じ横浜市にて持ち家に住み、
Kさんは神奈川県内に
投資物件用のマンションを
第三者に賃貸中。

実家を担保に千万単位に近い
数百万円の借金。

こちらは現在利息のみ支払中。
その他、無担保融資の
カードローンやら何やら・・・
で、数百万円。

そのほか賃貸用マンションも
儲けが出るような状況ではなく・・・・
ご自身も保険業の
個人事業主ではあるものの・・・・
収入状況が不安定で、
底上げに至らず・・・・
という状況下でご相談を頂きました。

やはり30歳。若い!

理想論は話すものの、
そのための対応策について問いただすと、
あっという間に論理破綻。

彼の持っているプランには大変
「危なっかしい」思いを禁じえませんでした。

そんな中私が、
「絶対Kさんを自己破産させたくない!」
と思ったのは・・・・・
彼自身が弁護士に一度相談して、
「自己破産しかない、」
という診断を受けた事によるものでした

実際、
しばらくお話しを伺っていると・・・・
彼には破産を避けられる
”抜け道”がありました。

それはここでは書けません。
スミマセン。

私が、その”抜け道”に関して
ご提案を差し上げると・・・・・
Kさんは嬉しさと困惑した思いの
両方の表現を交えた表情に。

彼の話はこうです。

「いや・・・・たちばなさん。
私はこの案に乗ってみたい
気はするんですが、担保物件に
母親が住んでいるところである以上、
母親の合意を貰わなければいけない。
母親は”借りたカネは絶対返す!”
というタイプの人間ですので、
母親を説得するのは難しい。」と。

ここで、Kさんのお母さんが
思っていらっしゃる”絶対”という思いに、
私は”この程度の絶対など、
絶対と呼ばない!”
って思ったんです。

もし、このお母さんと
お目にかかる事が出来たら、
私は10分以内でこのお母さんが思ってる
”絶対”を”絶対でない”様に
する事が出来るって思ったんです。

このお母さんにとって、
Kさんはお腹を痛めて生んだ、
かけがえのない息子である事は
間違いありません。

そして、日頃私は、
借金の返済については、
「優先順位を考えましょう」
と申し上げています。

自分のカワイイ子供が、
破産という憂き目に遭っても、
絶対借りた金を返しますか?
それがたとえ息子が破産を
余儀なくされるという事であっても??
法律上はそれが
許されるように出来ていますよ。

と申し上げると、
このお母さんの”絶対”は
必ず崩れ去るのではないか?
という事です。

まして、”借りた金を絶対返す”
などという概念は、
世界的に見て絶対的少数にある、
という事を踏まえれば、
私のご説明をお聞きいただいて、
「息子が路頭に迷っても、絶対返す」
などと言う人はむしろ少数である、
という事です。

Kさんは、税金の滞納もあります。

破産はしても、
納税義務は消えません。

この時点で、破産はKさんにとって
有効な手段ではなくなってしまっています。

この時がまさに
「絶対が絶対でなくなった時」です。

Kさんは、
「破産しなくて済むかも・・・・」
という嬉しさと、その為には
「母親を説得しなければ・・・・」
という切なさの
ないまぜになった気持ちを表情に湛え、
お帰りになりました。

私は彼からの次の連絡を待ち続けます。

何度も何度も申し上げますが、
”借りた金は返す”という概念を
否定しているのではありません。

でも、その通りにばかり
人生は行くのではないし、
もし自分の人生がその様になってしまった時に、
自分と自分の家族を優先しましょう!
と申し上げているのです。

あとは、Kさんが
自分が破産をしなくても
良い環境にある事を理解した上で、
いかにお母様を説得され、
私との面談に
時間を割くように説得をするか、
にかかっています。

Kさんにしても、
自分の人生を左右する問題である以上、
必死でお母様を説得される事でしょう。

次のKさんからの連絡を待つことに致します。

私から契約を迫る事など出来ないのですから・・・・・。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ