style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


思わぬ人が思わぬ負債を
抱えている事がある事は、
これまでも書いてきました。

今回もその場面に複数遭遇致しましたので、
書きます。

その1
ある士業の「センセイ」。

税理士の様に顧問契約が取れる訳でもなく、
弁護士の様に債務整理が
出来る訳でもない、
士業は・・・・・
まさに現代はサバイバル。

webで事前に情報を
集められる現代社会においては、
「ダンピング合戦」が展開されるのも致し方なし、
といったところでしょうか?

仕事が獲れず、
数百万円の負債を抱え、
今月末には資金繰りがショートする・・・・
といった具合のご相談です。

士業の先生方は、
破産をしてしまいますと、
士業の免状がはく奪されてしまいます。

つまり「センセイ」ではなくなってしまう、
という事です。

だから、彼らは絶対に破産出来ないんです。

我々の仕事の世界を
ご存じない士業の先生方は、
だから一生懸命仕事を頑張るんです。

ですから、都内の異業種交流会では
士業の先生方で溢れています。

今回のご相談者のセンセイも、
そこで知り合いご相談頂きました。

開業をする際に
信用金庫から融資を受け順調に返済。

その後、その融資担当者から
数件の顧客の紹介を受け親密に。

「もういくらか融資を受けませんか?」
と言う話を受け、
融資を受け・・・・・
その後は、その信用金庫の言いなりに。

やがて業績が下降線をたどり・・・・・
負債が残ってしまった、という構図です。

リスケをしてしまっているので、
もはや追加の融資は受けられず、
個人でカード借金を重ね・・・・
にっちもさっちもいかなくなってしまったんです。

一昨年結婚され、奥様は妊娠中。
お目にかかった池袋の喫茶店で
涙を流しながらのご相談でした。

「あの・・・泣かれても困ります。
私が泣かしているみたいですから・・・・」
と言っても、ポロポロ・・・・。

幸い、信用金庫の融資は担保設定もなく、
こちらの返済状況を
「大幅に見直す」事で出る資金を使い、
運転資金を確保し、
一部をカード借金の返済に廻し・・・・・
ご本人が考える優先順位を
尊重しながら経過を見ていく事に致しました。

先ほどまで涙を流していたご本人は
大変喜びながらお帰りになりました。

今後本格的なコンサルテーションを展開して参ります。

ただ、士業としての業況は
決して楽観できるものではありません。

今後も本業を更に頑張っていただくか、
副業をご検討頂く必要は
今後出てこようかと思います。

もうすぐ生まれるお子さんの為に。

お子さんの為に、と考えるか、
信用金庫への返済の為に、
と考えるか・・・・・
ここでも「優先順位」を考えて頂き、
この先生はお子さんの為に、
を優先されたという事です。

これは当たり前の感覚だと思いますし、
そのために我々のコンサルテーションがある、
という事です。

その2
都内で、個人事業を行いながら、
収入の不足分をお勤めで補っている方。

お金をビジネスツールとしている方。

お目にかかって第一声、
「いやぁ・・・実は借金まみれでして・・・」と。

内容を伺ってみると、そうでもない。

ご実家を担保での融資がいくらかあり、
そのほかに数百万円の無担保での借入。

こちらでも、ご実家の返済を優先し、
無担保の借金の返済を大幅に抑え、
ご実家の返済を優先し、
そちらが終わってから、
必要に応じて無担保融資の返済を実行する。

こちらでも「優先順位」を考えて頂く、
という事です。

「そんな事、
銀行がOKするんでしょうか?」
という質問に対し、私はこう答えました。

「お金を借りてしまった以上、
法律上は”借りた側”が
絶対強いんですよ。

もう銀行はあなたに
お金を貸してくれないんでしょ?

だったら、返済の額を
抑えるしかないじゃないですか。

あなたの生活と銀行と
どっちを優先しますか?

国内法ではそれが出来るのは明らかなんですよ。

色々な業種で、
値引き交渉は日常的に行われているでしょ?

民間の世界では当たり前の事です。
銀行だって民間企業ですよ。
値引き交渉したらいいんですよ。
多少強引ではありますが。

その為の交渉ノウハウを
我々は持っていますし、
私もかつてそれを教えてもらったんです。

魔法なんか使いませんよ。
愚直なまでに国内法に基づいて
実行するだけなんです。

無論非弁行為もおこないません!」

こちらも今後コンサルテーションを
展開してまいります。

世の中で、「まさか!こんな人が!?」
と言う方が思わぬ負債を抱えている、
というケースはよくあります。

私も、
「新潟の資産家の元ボンボン社長」
でした。

それが数百社ある取引先の
たった一社の破綻から転落し、
それでも近隣では
金持ちと言われ続けました。

近しい友人でさえも、
その評価が変わる事はありませんでした。

お金の悩みが
だんだん大きくなってきたとき・・・・・
近しい友人ほど
当てにならないものはない、
と言うのは私の持論です。

こういうご相談は、
見ず知らずの人間に
依頼するのが一番良いと思います。

無論、情報の「精査」は必要だと思います。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ