style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-6087685519646468"
data-ad-slot="7388128577">


最近、当社ホームページや、
Facebookでのお問い合わせ、
セミナー聴講者のご紹介など、
本当に多くなって来ています。

来週の面談予定の方々の内、
6件はすでに弁護士先生の
「債務整理相談」にて
破産を勧められており、
その費用が捻出出来ないか、
何か他の方法が無いか
探している方ばかりです。

この方々には、第一声、
これから始まります。

「借金に時効があるのを
知っていますか?
そしてあなたが相談した
弁護士の先生方は、
借金に時効があるのを
あなたに教えましたか?」

です。

9割以上の方が驚愕の表情で、
ワタシの情報を受け入れます。

ここからワタシの面談が始まります。

読者にも、法律家の先生方が
いらっしゃると思いますので、
申し上げます。

我々のコンサルテーションは、
「借金の時効」も狙いません。

ご安心ください。

じゃなぜ、
時効の話をしたかと言うと・・・・・
面談希望者に
我々の知識や情報量が正確であり、
債務者のニーズに適った
コンサルを実践できる
知識量を誇る為の
デモンストレーションである、
という事です。

借金の仕方なんか、
100人いれば100通り。

1000人いれば1000通り。

こんなの当たり前。

先生方は、
様々な形の
借金・負債を抱えた当事者を、
一つのやり方に
はめ込もうとします。

ですから、
得られるメリットが少なく、
得てしまうデメリットが
多くなってしまうのです。

我々は、
当事者のお困りの度合いを見ながら、
縦横無尽にこちら側から、
はまり込もうとします。

「はめ込み方式」と
「はめ込まれ方式」の
違いですかね・・・・。

ちょっとわかりにくいかな^^;。

破産で得られるメリットは、ただ一つ。

「返せ・返せと言われなくなる事。」
これだけです。

得てしまう多くのデメリットは・・・・・
各自で、webでお調べ下さい。

得てしまう多くのデメリットの中で、
ワタシが最も避けるべき事は
何かと言うと、
それは家族や周辺に
被害を巻き散らかす事だと思います。

ワタシは、債権者よりも
家族を守りたい方の相談相手です。

その為に、
「資金繰り支援コンサルテーション
・自己破産させない屋」
をやっています。

「国内法は、
借りるまでは貸す側、
借りてからは借りた側が
絶対的に強い。」

愚直なまでに
これを実践していくのみです。

平成21年に破産を検討し、
弁護士に相談までし、
費用の捻出が出来ず
破産すらできなかったワタシ。

そんなワタシは、
破産という手段を強く否定します。

これは、
ワタシのアイデンティティであり、
ワタシの「志(こころざし)」です。

先日、ワタシのセミナーを
聴講下さったとある女性事業主の方から、
こんな感想を頂きました。

「たちばなさんのセミナーで、
法律の”ウラ情報”を聞く事が出来て、
本当に面白くてためになりました。
本当の”ウラ情報”ですものね。」

ワタシはこう答えました。

「ワタシの話した内容に
”ウラ情報”は一つもありません。

全て国内法に基づいて、
仕事をしています。

債務者に有利な法律がいっぱいあるのに、
それが世の中に広く
広まっていないからと言って、
それが”ウラ情報”である、
と考えるのは間違いです。

ワタシに言わせれば、
あなたが持っている情報や、
広く世間が認知している情報が
”ウラ情報”と考えるべきだと思います。」

地動説が主流だった当時、
天動説を唱えたガリレオの話に
だれも耳を傾けず、
当時の政権下で囚われの身になりました。

情報がマイノリティであったがゆえに。

また、慶応大学附属病院の医師、
近藤誠氏は、
「余命三カ月のウソ」という本の著者。

同著は、
ベストセラーになっていますが、
彼の様に、
現代のガン治療を根底から否定すれば、
たちまち迫害や誹謗中傷を浴びる。

彼は、60を超えてもなお、肩書は講師。

彼の診察を望む患者は
毎日行列を作るのに、
言っている事が
医学界の常識から外れている、
との事で、
彼は准教授にも教授にもなれずに
未だに講師のまま。

情報がマイノリティであるがゆえに。

ワタシはただの
「元・多重債務者」でしかありませんが、
志だけはガリレオさんや
近藤さんの様な志を持っているからこそ、
誹謗や迫害を受けても、
持論を曲げずにこの仕事を続けて参ります。

ワタシはクライアントに対して
「強要」します。

債権者よりも
家族を守る事を優先して頂く事を!
強く強要します。

現在、ワタシの家族は・・・・
母・妻・長女・次女・三女。

6億円の負債があったって、
ワタシの家族は今日も
ニコニコ笑っています。

その根源は、ワタシが
「破産しなくて済んだから。」
なんです。

長くなるのでここでは説明できません。

皆さんに家族を守る経営を
実践して頂きたい、
この一点のみで今後仕事を続けて参ります。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

追伸・

先日、弁護士を名乗る匿名の方から、
こんなメールを頂きました。

「あなたの行っている事は、
非弁行為ではありませんか?
非弁行為は弁護士法によって・・・・・・・」

などと。

弁護士は名乗るのに、匿名なんです。
お名前は名乗らない時点で、
この方が本当に弁護士なのかどうなのか
わからないので、
メールの返信は致しませんでしたので、
ここで返信致します。

ワタシはこれまで、
非弁行為などおこなった事は
一度もありません。

ただ、仕事上で、
どうしても代理人行為を
しなければならなくなった時は、
弁護士にそれを依頼していますし、
ワタシがクライアントとして
救済を受けていた時は、
代理人行為が必要だったので
都内のF弁護士に代理人を依頼した、
という事実があります。

よって、ワタシはなんら法に
触れるような事はしていない、
という事です。

それにしても・・・・
なんで匿名なのかね・・・・^^;。

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ