さて今日は・・・・・
先週の話をします。

先週、当社の事務所に
二人の弁護士さんがお訪ね下さいました。
Y先生とT先生。

日頃からワタシの仕事を理解し、
何かにつけて協力体制を
取ってくれる方、
Hさんからのご紹介。

お二人とも30代の若き獅子たち。
パートナーシップで
2人で事務所を開業されたんだとか。

お一人は、
ご紹介者の大学時代のご後輩。
ラガーメン。

スポーツマンらしい快活な若者、
と言った感じ。

もうお一人は、ワタシと同郷。
ワタシの自宅の隣町のご出身。

出身高校を見たら、
ワタシの亡父の後輩でした(笑)

紹介者のHさんも交えて4人で面談しました。

「いやぁ・・・・ワタシの様な者の所に
お訪ねくださいましてありがとうございます。」

こんなワタシの言葉から面談開始。
ワタシね・・・・
正直ドキドキしていたんです。

今までワタシのセミナーや
仕事内容を理解された方で、
ワタシに好印象を持って下さる
センセイがいらっしゃらなかったから。

ワタシと弁護士先生の利害関係は一致しません。

ワタシは債務を抱えた方を
センセイにご紹介頂けば、
破産させませんし、
仕事は基本的には続けて頂きますし、
資産条件次第で残して頂きます。

ワタシは仕事になりますし、
依頼人も債務整理より費用が少なく、
デメリットも少ない。

弁護士先生は、
ワタシに依頼人を紹介しても、
ワタシから紹介料を受けると業法違反。

ワタシに紹介するメリットって・・・・
無いんです。

あるとすればそれは・・・・・
「依頼人が喜んでくれて良かった」
っていう気分だけ。

ワタシの仕事の中には、
一部弁護士さんにとって
耳障りな事も少なくありません。

それだけに最後まで聴いて下さる方って
・・・・・あんまり多くない。

だから、
ワタシと弁護士先生の利害は
一致しないんです。

ワタシや依頼人だけが良い思いをして、
センセイには何らメリットが無いんです。

だから提携は今まで出来なかったんです。

要は「志」の問題なんです。

約80分お話ししたんですけど、
Y先生もT先生も
ガマンをしている風な様子を見せず
ワタシの話を最後までお聞きくださいました。

また、あれは出来ないか?
これは出来ないか?と
思案を重ねて下さいました。

でもやはり・・・・・具体的に、
提携するという話にはなりませんでした。

でもね・・・・・
このセンセイ方、
志は高い事が理解出来ました。

当方の仕事を理解し、
依頼人の利益が大きい事が理解頂けたし、
その上でなんとか
自分のビジネスにならないかを
模索出来ているから。

今後、当方の業務の中で、
弁護士先生のお力添えが
必要な環境になったら、
真っ先にこのお二人の先生を
ご紹介するようにします。

「紹介者のHさんとは
チョイチョイ食事に出かけます。

今度良かったら食事しながら
話しませんか?

Y先生はスポーツマン。
ワタシも嘗てはスポーツマンでしたし、
T先生はワタシと同郷。
地元のマイナートークでもしましょうよ!」

なんて提案をしましたらお二人は快諾。
いずれHさんが
セッティングして下さるでしょう(笑)

それから先週末に、
新潟市北区の豊栄商工会さんの
お招きを頂きまして、
90分の講演の機会を頂きました。

商工会工業部会の
新春記念講演だったそうです。

新潟市北区でお話しするのは
今回で5回目。

商工会の事務局の方が
ワタシの話を大変喜んで下さっており、
「自分の地域に必要な情報」と判断し、
機会あるごとにお招きをくださるんです。

今回、
オモシロい聴講者がいらっしゃいました。

地元の銀行の地元支店の支店長代理の方。
おそらく融資担当の方でしょう。

講演開始30分ほど前に会場においでになり、
ワタシの仕度中に名刺交換させて頂きました。

ワタシがかつて小売業を商っていた頃に
お付き合いしていた銀行の方。

名刺を拝見し懐かしさを感じました。

その方はその工業部会の
役員の方のおススメを受けて
聴講においでになった様子。

ワタシの素性を知った上で
おいでになった様子ではありませんでした。

ワタシは聴講者に合わせて
発言を変えるようなことはしません。
いつもの通りに話しました。

・借金や税金に時効がある事

・国内法は借りた側が圧倒的に強い事

・担保物件手放せば全ての人間が
無借金になれる法体系である事

・貸し手側の責任が問える法体系になっている事

・保証協会と銀行だけが知っている
融資先企業への秘密などなど・・・・・

この支店長代理さん、
60分ほど話をお聴きになったのちに、
退席されました。

おそらく相当に耳障りだったんでしょう。
仕事がしづらくなるって思ったんでしょう。

せめてあと30分我慢して
聴いていけばいいのに・・・・・(笑)

「融資先の為に!」って思えば、
ワタシの情報は有益。

「自分の銀行家としての為に!」って思えば、
ワタシの情報は耳障り。

全ては「志」の問題なんですよ。

冒頭の二人の弁護士は、志が高い。
自分の懐具合を後回しに出来たから。

文末の銀行の支店長代理は、志が低い。
自分の懐具合を後回しに出来なかったから。

と言う評価を勝手にさせて頂きました。

まぁ彼らにとって、
ワタシの評価なんか
どうでもいいでしょうが・・・(笑)

ワタシは、
自分で「志」が高いって思っています。

評価するのは周辺であって
自分ではない事は百も承知ですが。

自己破産しちゃいけない!
自殺はもっとしちゃいけない!!

<たちばなはじめセミナー音声>
たちばなはじめのセミナー
「法律家が絶対に話さない借金の真実」
が音声ファイルとして販売を
開始しました。

日程が合わない、開催場所へ行けないなど
セミナーに参加出来ない方は
ぜひこの音声を聞いて、
借金の真実を知ってください!

この事実を知っているだけで
救われる人はかなり多いはずです!
法律家が絶対に話さない借金の真実

<メルマガをご紹介下さい!>
本メルマガ「はじめちゃん通信」を
一人でも多くの方々に届けたいので
読者をご紹介下さい!

登録はコチラのページで出来ます!
https://goo.gl/0R5ryn

<たちばなはじめのセミナー情報>

たちばなはじめが講演をします
セミナー情報はコチラに
随時アップしております!

http://www.stop-jikohasan.com/seminar/index.html

<たちばなはじめへのご相談>
借金問題の相談、
セミナー講師依頼など
たちばなはじめへの相談は
こちらよりお願いします!

http://goo.gl/N1Sa3m

※全件たちばなはじめが読みますが、
内容によっては返信をしないことも
ありますのでご容赦下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
発行者:株式会社MEPたちばな総研
筆者:たちばなはじめ