中小企業の資金繰り改善・自己破産させない屋
はじめちゃん通信
  • HOME »
  • はじめちゃん通信 »
  • メールマガジン

メールマガジン

case37「資金繰り圧迫要因は返済元金や利息だけではない」の件

今日は失敗例を書きます。 テーマは 「距離」。 地球規模で申しますと、 日本は面積的には「極東の小国」 という事になりますが、 「自己破産させない屋」として 国内各地で仕事をさせて頂く私にとって、 日本はとても広い国です …

case 36「資金や資産に執着する嗅覚は人それぞれ」の件

こんにちは。たちばなです。 先日関東地方で商売を営む、 とある方から「二度目」の 面談要請を頂きました。 その方とお知り合いになったのは、 一年半ほど前。 とある異業種交流会でした。 その時、私の仕事に 興味深々な素振り …

case35「”借金は債務者の方が強い”って・・・どのくらい強い!?」の件。

これまでにも 幾度か申し上げています。 「国内法は、絶対的に 債務者の方が強い様に出来ている。」 とか、 「絶対に債権を回収する方法などない。」 とか、 「借りるまでは貸す側が、 借りてからは借りた側が、 法律上は絶対的 …

case34「私と、仲間と、面談希望者とそれぞれの人間模様」の件。

東京で仕事をしていると、 私にも気の置けない仲間が出来てきました。 その中の一人。 都内でIT企業を営む 29歳の若年経営者。 彼は高卒でエンジニアを経て、 22歳で独立。 経営は上手くいっている様子で、 私の仕事になど …

case33「”無知”につけ込み、やりたい放題のエリートの”バカさ加減”をののしる!」の件。

また今回も、 弱者を食いものにしようとしていた 悪しき実例に遭遇しました。 実名で公表してやりたいです! 本当に腹が立ちます!! とある地方都市の68歳の オバチャンからのご相談でした。 最初は、 その娘さんからの電話で …

case32「”債権者”としての銀行の本音を探ってみた。」の件

先日、とある交流会で、 ある組織の職員の方と お話しする機会がありました。 その組織とは、 「国内のほとんどの銀行が 正会員・準会員となり 作られた教会組織」の方です。 組織名を「Z」とでも致しましょう。 本人から、組織 …

case31「事前にクライアントにご用意頂く3つのもの」の件。

先日、個別面談した方、 「B」さんからメールを頂きました。 「たちばなさんの 資金繰り改善法はよく理解しました。 自分自身、借入金返済により 資金繰りがキツく、 弁護士に自己破産を 勧められていた中で、 たちばなさんの話 …

case30「理想をかざして仕事をしたら、理想的な人間と接触した」の件

さて・・・先日、 興味深い人物に出会いました。 「T」さん。 先月開催した、 白金台のセミナーの 聴講者の一人だった方で、 後日面談依頼を頂いて、 秋葉原で面談しました。 東北地方出身の29歳。 男性経営者。 会社も順調 …

case29私が乗り越えなければならない「日本人の”弁護士盲信”という壁」の件。

先日の秋葉原での定例の交流会。 いつもの通りに 30秒間の自社アピールタイム。 30秒で私の仕事を 説明するのなんか土台無理。 要点だけ掻い摘んで パパっと説明・・・・・ はい30秒。 終わり・・・です。 30秒で十分な …

case28「銀行が、不良化した債権を損金計上した後の”深い闇”を暴く」の件

以前にも何度か申し上げています。 会計法上、 「債権者が債務者から 担保物件を取り上げ、 売却し換金した後の残債権は、 期中に損金計上しなければならない。」 と・・・・。 つまり、債務者は 担保物件を手放せば、 全ての人 …

« 1 39 40 41 43 »

カテゴリー

  • facebook

たちばなはじめメールマガジン「はじめちゃん通信」

「自己破産させない屋」たちばなはじめのノウハウがメールマガジン「はじめちゃん通信」にて届きます。登録は無料ですので、お気軽にご登録下さい!!
登録はこちらから出来ます!
PAGETOP
Copyright © 株式会社MEPたちばな総研 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.